人気ブログランキング |
<   2018年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2018年 09月 26日
みみだれ地蔵(太田市安養寺町)
b0004675_1954147.jpg
みみだれ地蔵(太田市安養寺町)
なんとも奇妙な風情の地蔵様だぃなぁ

 この夏も太田市主催の「おおたんの史跡探検スタンプラリー」で安養寺の明王院に行ったときに、いつもと違って亀岡のほうの路地から行ってみたんだけんど、明王院東の路傍に屋根に覆われたなんだか妙な石仏を発見したで!

b0004675_19514485.jpg そばに「耳だれ地蔵」の札が立ってて、その裏(西側)には「はえぬき地蔵」と書いてあるで。(「はえぬき地蔵」側は撮影を失念)二つ名がある地蔵様ってことなんかな。結構風化が厳しくって、銘もなんも読めねぇし。


 家に帰ぇって「尾島町の石造遺物」(1978)を見てみたんだけんど、この地蔵様と思われるもん載ってねぇし。じゃあ「尾島町誌」には載ってっかなぁと思ってたんだけんど、図書館に行ぐ機会がなかなかなくって、9月の連休にやっと思い立って図書館に行って調べてみたで。

 「尾島町誌」通史編 上巻 (1993)を調べっと、信仰の項目にあったで!みみだれ地蔵!
 じゃあ773ページのみみだれ地蔵のとこを頑張って打ち込んでみんべぇか。

みみだれ地蔵
 安養寺字森東に祀る地蔵さまは「みみだれ地蔵」とか「生えぬき地蔵」と呼ばれている。軽石(石安山岩)に半肉彫りされ、錫杖を持った地蔵様で、耳が大きくかなりたれ下がっている、みみだれ地蔵の呼び名もここから生まれたものであろう。また、この地蔵様は、ある日突然に土中からはい出るように上半身を現したと伝えている。昔のこと、村の房五郎という人がこの地蔵様を掘ったところ、いくら掘っても足もとまで掘り切れない。そのうちに半身が痛み出し、動くことも口を聞くこともできなくなってしまったという。まさに生えぬき地蔵であったのである。この地蔵さまは摩滅がひどく、銘文が読みとれないが、中世の頃のものといわれている。
 縁日は四月二十三日と十月二十三日で、かつては幟も立って賑やかであった。耳の病気にご利益があるといわれる。東コウチで祀っているが、埼玉県の方からも参詣者がくるという。
 やっと札に2つの名が書いてある理由がわかったで。房五郎さんは、熱中症か脳卒中にでもなったんかねぇ。しかし石造遺物の本にはどうしてこの地蔵様は載ってねんだんべか?

 来年も「おおたんの史跡探検スタンプラリー」があったら、明王院行ったときにぜひ探してみてくんない!

 みみだれ地蔵 (Yahoo!ロコ)

【参考文献】
 尾島町誌 通史編 上巻 p773 尾島町誌専門委員会編 1993

by dr_suzuki | 2018-09-26 19:55 | 東毛(+両毛)漫遊 | Trackback | Comments(2)
2018年 09月 17日
Ingress - Mission Day Koriyama
b0004675_9353046.jpg
9月16日、Ingressのミッションデーが福島県郡山市で開催されたんで行ってみたで。
ミッションデーっつーんは、まぁデジタルスタンプラリーみてぇな企画さね。

午前10時に群馬を発ち、高速道路かっ飛んで郡山へ。
ドライブには近ぇんだか、遠いんだか、なんともビミョーな距離。

ingressやってねぇカミさんもいっしょだったんで
麓山公園周辺だけ散策して
最低限のミッションのノルマをこなし、
こおりやまグリーンカレーを食べ、
21世紀公園の茶室で抹茶をいただき、
おみやげはロミオ本店で、ご当地パンのクリームボックスを購入。

公園に放射線のモニタリングポストがあるんがなんとも痛々しいやぃ。

でもきっとingressやってなかったら、
郡山に観光に行ぐこたぁなかったんべなぁ。


by dr_suzuki | 2018-09-17 09:42 | 群馬を離れて | Trackback | Comments(0)
2018年 09月 10日
北関東道・太田強戸パーキングエリア ~ 強戸の新時代始まる!
b0004675_1719214.jpg
北関東道・太田強戸パーキングエリア ~ 強戸の新時代始まる!

7月末にオープンした八王子丘陵の成塚向山にできた
太田強戸(ごうど)パーキングエリア、遅まきながら行ってみたで。

パーキングエリアにしちゃぁなかなか立派じゃねーきゃ!
ガソリンスタンドもあるし、プチサービスエリアでもいいんじゃねぇかと。

ヨリミチカフェの東毛酪農のアイスクリームもうんめぇし、
売店にはスバルグッズも売ってる(笑)
隣県のお土産品もいっぺぇあるんだけんど
なぜか桐生のもんはほとんどねぇーじゃねぇーきゃ!
フードコートには、ひもかわとか、大和芋とろろとか郷土色溢れたもんもあるんで
次回は食ってみるんべ。

スマートインター(ETCのゲート)もついてるんだけんど、
ここで降りる人はパーキングエリアに入れねぇ構造がちっと残念だぃなぁ。
(スマートインター出てから下の臨時駐車場に停めて、登れば利用はできるんだけんど。
夜はゲート出ると不安なほど真っ暗(笑)だで!)

今後も太田市北部の活性化に、おーか利用されるんを期待するで。

いやぁオレの故郷の強戸の新時代が始まったぃな(笑)
強戸は「ごうど」って読むんだで。「つよいど」じゃねぇかんな!(笑)


by dr_suzuki | 2018-09-10 17:47 | 東毛(+両毛)漫遊 | Trackback | Comments(2)
2018年 09月 05日
「桐生・山の地誌」
b0004675_1823472.jpg
桐生・山の地誌
みやま文庫 第231巻 (2018)
著者:増田宏

やまの町 桐生」で知り合い、八王子丘陵の探索で
いろいろお世話になった桐生みどりさんこと、増田宏さんが
またまたみやま文庫から新刊「桐生・山の地誌」を出版されたんさね。
職場までわざわざプレゼントしに来て下さったで。あんがと~!

前著「山紫水明 ~桐生の山~」
更に、里山の習俗や民間信仰の記載も加えてヴァージョンアップ。
この本は桐生・みどり・太田(八王子丘陵)の山々の地誌の決定版!だんべ!

八王子丘陵の山々の記述もまぁず詳しくってうれしい限りさね。
オレも微力ながら協力できたかな。
まだこの本に載ってねぇ八王子丘陵のヒミツを探していぎてぇね(笑)


※「東毛漫遊山歩き」「八王子丘陵」タグにも分類しとくんべ。

by dr_suzuki | 2018-09-05 18:04 | 雑録 | Trackback | Comments(0)