カテゴリ:雑録( 34 )

2018年 09月 05日
「桐生・山の地誌」
b0004675_1823472.jpg
桐生・山の地誌
みやま文庫 第231巻 (2018)
著者:増田宏

やまの町 桐生」で知り合い、八王子丘陵の探索で
いろいろお世話になった桐生みどりさんこと、増田宏さんが
またまたみやま文庫から新刊「桐生・山の地誌」を出版されたんさね。
職場までわざわざプレゼントしに来て下さったで。あんがと~!

前著「山紫水明 ~桐生の山~」
更に、里山の習俗や民間信仰の記載も加えてヴァージョンアップ。
この本は桐生・みどり・太田(八王子丘陵)の山々の地誌の決定版!だんべ!

八王子丘陵の山々の記述もまぁず詳しくってうれしい限りさね。
オレも微力ながら協力できたかな。
まだこの本に載ってねぇ八王子丘陵のヒミツを探していぎてぇね(笑)


※「東毛漫遊山歩き」「八王子丘陵」タグにも分類しとくんべ。
[PR]

by dr_suzuki | 2018-09-05 18:04 | 雑録 | Trackback | Comments(0)
2018年 08月 15日
73年目の夏の日に
b0004675_17543666.jpg
『空はどこまでも青く、 僕らは底抜けに 明るかった』
―麗しの陸軍少年飛行兵― 
細田京香 著

 以前、旧陸軍新田飛行場跡桐生愛国飛行場跡の件で取材に協力した
鳥取県の細田さんの陸軍少年飛行兵の新刊
『空はどこまでも青く、 僕らは底抜けに 明るかった』が出版されたんさ。
ご丁寧に送ってもらったで。あんがと~。

 軽妙な感じだった前著『えっ。そうなの!?』 ~実録 ほくろからみた陸軍少年飛行兵~(2012) から比べっと、
当時の少年飛行兵の記した実際の日記がベースになってて、
よりドキュメント色が強ぇ内容になってるで。
戦争とゆう時代に翻弄されながらも
希望にあふれた若者の姿が描かれてるんさ。

2015年6月には現地調査で細田さんが
遠路はるばる東毛まで取材に来てくれたんで
旧陸軍新田飛行場の「鎮碇」や「陸鷲修練之地」の碑なんかを案内したんさね。
b0004675_22353082.jpg

今回の著書じゃ、96ページの「鎮碇」の件のとこで、
オレが「郷土史家」(笑!)として登場してらぃね。

今日は平成最後の終戦記念日。
日本を守るために散っていかれた
英霊の皆様に改めて深く感謝したい。

・・・これで「標語こけし研究家」に加え、
「郷土史家」もオレの肩書きに加わったぜ(笑)

[PR]

by dr_suzuki | 2018-08-15 18:00 | 雑録 | Trackback | Comments(4)
2016年 01月 01日
謹賀新年 2016
b0004675_1495128.jpg
新年あけましておめでとうございます!

画像は昨年みどり市の岩穴観音に行った時に
威嚇された野生のサルさね(笑)

オレも今年はワイルドに、ダメなオトナに、まっと磨きをかけるんべぇ。

今年もどうぞよろしくたのまぃ!

[PR]

by dr_suzuki | 2016-01-01 00:25 | 雑録 | Trackback | Comments(2)
2015年 01月 28日
「山紫水明 ~桐生の山~」
b0004675_1943157.jpg
 「山紫水明 ~桐生の山~
みやま文庫 第217巻 (2015)
著者:増田宏

やまの町 桐生」で知り合い、八王子丘陵の探索で
いろいろお世話になった桐生みどりさんこと、増田宏さんが
みやま文庫から 「山紫水明~桐生の山~」を出版されたんさね。
一冊プレゼントしてもらったぃ。あんがと~!

袈裟丸山を始め足尾山塊の第一人者の増田氏による
桐生の山々の詳細な記事の数々。

もちろん八王子丘陵の山々も紹介されてて、
一緒に行った神籠石根本山石祠根本山やその他の山々も紹介されてるんさ。
これまでオレが八王子丘陵を調べてきたことを採り上げてくれて
微力ながら協力できて、うれしい限りさね。

今後、これが桐生地域の山岳本のバイブルになることを期待するで。

・・・いつか増田氏ら山の仲間といっしょに
八王子丘陵のことを、詳しくきちんとまとめられたらいいやぃなぁ。


※「東毛漫遊山歩き」「八王子丘陵」タグにも分類しとくんべ。
[PR]

by dr_suzuki | 2015-01-28 19:55 | 雑録 | Trackback | Comments(0)
2015年 01月 01日
謹賀新年 2015
b0004675_2341938.jpg

人生の節目、そして決戦の2015年、来たれり!

明けましておめでとうございます
今年もよろしくたのまぃ!

画像は我が敬愛する新田義貞公像(太田駅北口)

[PR]

by dr_suzuki | 2015-01-01 00:00 | 雑録 | Trackback | Comments(2)
2014年 11月 05日
今宵は171年ぶりの「後の十三夜」
b0004675_2001131.jpg
雲の合間から
171年ぶりの「後の十三夜」の月

b0004675_19522458.jpg 今日は旧暦閏9月13日。前回閏9月があったんは天保14年(癸卯:1843)なんだと。石仏とか巡ってると「閏◇月」と彫られてるもんがあったんで、閏月ってなんだんべ?ってずっとフシギに思ってたんだけんど、この記事読んだら解決できたんさね。今年は十五夜、十三夜に加えて、後の十三夜と3回も名月があったってこときゃ。2052年には閏8月があるんで、十五夜が2回もあるんだそうだぃね。まぁオレはそん時は生きてねぇだんべけんど、その頃も日本人が名月を愛でてるといいやぃねぇ。

 それにしても天気が悪くって、まぁず月が暈かぶってたんで撮影でぎねぇかと思ったよ。雲の合間からそんな貴重な月が撮影でぎてよかったぃね。
 まぁ日本人が記号化してるだけで、いつもの十三夜の月にかわりはねんだけんどね(笑)

【参考】
 11月5日は今年2度目の十三夜? (アストロアーツ) (2014年11月5日アクセス)
[PR]

by dr_suzuki | 2014-11-05 20:08 | 雑録 | Trackback | Comments(0)
2014年 07月 29日
「上州東毛 無軌道庵」、おかげさんで開設10周年!
b0004675_2114220.jpg
おかげさんで「上州東毛 無軌道庵」、本日で開設10周年を迎えたぃね!

これからも浮世をふらふらと無軌道にやってぐんで、今後ともよろしくたのまぃ!

すずき@東毛

[PR]

by dr_suzuki | 2014-07-29 21:03 | 雑録 | Trackback | Comments(13)
2014年 07月 12日
国蝶・オオムラサキ
b0004675_12455440.jpg

国蝶・オオムラサキ (オス) by iPhone4S

猛暑の土曜日、桐生の職場の中庭に国蝶・オオムラサキが舞い降りたんさ。

はぁすっかり弱ってたぃね。
かわいそうなんで、捕まえて裏山に放してやったで。

b0004675_1245567.jpg


 虫嫌いな人、悪りぃんねぇ。

オオムラサキ (Wikipedia):準絶滅危惧種
[PR]

by dr_suzuki | 2014-07-12 12:56 | 雑録 | Trackback | Comments(2)
2014年 01月 01日
謹賀新年 2014
b0004675_084025.jpg
明けましておめでと〜!
今年もよろしくたのまぃ!

画像は敷島公園の謎の馬の像、「飛翔」
1983年に、あかぎ国体を記念してつくられたんだと。
すずきのことだから、どーせ「ぐんまちゃん」の画像だんべ?
とゆう大方の予想を裏切ってみた(笑)

[PR]

by dr_suzuki | 2014-01-01 00:11 | 雑録 | Trackback | Comments(4)
2013年 01月 01日
謹賀新年 2013
b0004675_2116874.gif
今年もいろんなことに挑戦してぐつもりさね!
今年もよろしくたのまぃ~!

※今年は巳年、っつーことで「蛇」の画像を載っけてみたで。
 旧新田郡近郊の青面金剛っつー石仏の額の所には「グルグル巻の蛇」が彫られてるんが多いんさね。この画像は世良田・普門寺にある元禄16年(1703)のもんだけんど、三百年余り前のもんとは思えねぇ見事な出来ばえだぃなぁ。(佐野や邑楽館林じゃ蛇がソフトクリームみてぇに青面金剛の頭に巻きついてる「蛇頭型」が多いんさ)
[PR]

by dr_suzuki | 2013-01-01 00:00 | 雑録 | Trackback | Comments(2)