人気ブログランキング |
2005年 03月 27日
2005 JFL: 前期第1節 FCホリコシ vs 横河武蔵野FC @ 高崎市浜川陸上競技場
b0004675_926283.jpg
JFL前期第1節 FCホリコシ vs 横河武蔵野FC @高崎浜川
携帯なんで画質悪りぃやぃね

 セガレといっしょに日曜に開催のJFL開幕戦(FCホリコシvs横河武蔵野FC)を高崎市の浜川陸上競技場まで見にいってきたで。

b0004675_92881.jpg ザスパサポなんに今回の観戦は以下のような理由。
週間JFL NEWSのトップの注目のカードに上げられてたんで、管理人のあつしさんも来るんかなー、昨年はいろいろ世話になってたんで行ってきちんと挨拶もしなくちゃなーと思ってたら、初の女性主審の登場となった味スタに行ったとの話。お会いできず残念。(まぁHPを盛り上げるにはエポックメーキングなそっちのほーがよかったんべ。)②オレは毎週土曜は仕事なもんで、ザスパ戦を見にいげねぇもんだから、生サッカー観戦禁断症状(笑)が出ちまってたぃね。③FCホリコシは、ゆーまでもなく群馬のザスパの宿命のライバルチーム。昨年のJFL群馬ダービーは1敗1引分だったぃね。しかも負けた敷島サッカー場の8月の試合は、突然の雷雨の豪雨による浸水でオレのケータイも「御臨終」となった因縁の一戦だったぃね。こん時の躍動する(風貌もインパクトある)奈良の姿は目にしっかと焼きついてるで。セガレも同じみてぇで、奈良のプレーを楽しみにしてたんさね。ちなみに6月の引き分けの一戦は群馬テレビでしか見てねんだけど、こんときも古巣ザスパ相手に奈良の独壇場だったぃね。(右上の画像は、今年1月のなっから!の新年会で高崎へ電車で行った時、高崎駅のラジオ高崎のブースに奈良がいるんを偶然発見。) ザスパを退団したいきさつはよくはしらねぇけんど、親子共々注目している選手なんだぃね。その他にもアマラオ他、今シーズンなっからすげぇ補強しているんで、Jを目指すっつーライバルがどんな状況なんか、ぜひ見ときたかったんさね。もしかすっと近い将来、また合間見えるかもしんねーしな。

 しかし浜川競技場は初めてだし、なっから久しぶりに車で高崎行ったんで、道に完全に迷っちまったんさ。おまけに目的地の浜川陸上は高崎経済大付属高校のそばなのに、すっかり聞き間違えちまって、何を勘違いしたんか、オレはこともあろーに高崎経済大学のほうに行っちまって(笑)右往左往しちまったぃね。酔一@高崎さんに携帯で泣きを入れて、道を教えてもらって、すげぇ遠回りして、やっとこさ浜川陸上に到着。家を少し早めに出てきてよかったぃね。で、着くと、駐車場出てすぐに三束雨@藤岡さんとバッタリ。一緒に競技場に向かうと、いるわいるわ、知った顔(笑)みな、ホリコシのこと気になってるんだぃねぇ(笑) ホリコシもスタッフいっぺぇ出してやる気だしてんね。あとは食べ物の売店出してくれるとよかったぃな。横河の応援に来てた羽ヶ丘データスタジアム管理人の新右衛門さんにも挨拶できたぃね。ホリコシ側はいっぺぇだし、オレみてぇなザスパサポが座ってもわりぃんで、横河側のメインスタンドの上のほうに三束雨@藤岡さんといっしょに座って、久しぶりの「地蔵モード」で、まったり観戦をすることにしたぃね。後方には榛名山が良く見えるけんど、東毛や前橋から見る形となっから違ってたぃねぇ・・・浜川陸上は陸上トラックのラバーがブルー。初めて見たぃね。すぐ西の高架には長野新幹線が走ってらぃね。東方には、上越新幹線もみえらぃね。さすが高崎。

b0004675_18442355.jpg ポカポカ陽気の中、13時キックオフ。観戦には最高の天気だけんど、スギ花粉も飛びまくり、花粉症のオレは鼻はつまるは、涙でるわ(泣)。皆さん期待のアマラオはサブかぁ。どっちも3バック(たぶん)の布陣。バックスタンド側にはあまり多くはねぇがホリコシのサポが陣取り、太鼓たたいて声出してたんさね。(メインスタンドに去年有名だったマントラを奏でるような和太鼓もあったらしいが、今日は出る幕なかったぃね。)チームコール、「タカサキ!ホリコシ!」って言ってらぃね。オレはお目当ての奈良をチェックしつつ観戦。奈良はあいかわらず、精力的に動きながらサイドチェンジを繰り返し、いー動き。でもホリコシは奈良の動きべぇ目立つ感じだったぃね。最初はよかったんだけどホリコシはだんだん横河にパスを巧妙に絶たれることが多くって、パスがつながんねぇな。その一方で横河は、ホリコシの攻撃を我慢しつつ、丁寧にパスをつないでサイド攻撃で反撃。前半15分には横河が波状攻撃。GKのはじいたボールが右のポストをたたく不運もあり、得点でぎなかったけど流れは徐々に横河だったぃね。
 前半35分には、横河の選手にホリコシのDFチュウミが激しくチャージ。遠くに座る俺のところにも交錯時の鈍い音が聞こえてきて、チュウミは歩行不能で担架で退場。主審がイエロー出すタイミングを逸したんだか、担架で退場するチュウミに向かってイエローを出すという奇妙な光景。チュウミは右足首か膝を痛めたんみて。いー選手なんで大事にならねぇことを祈るばかりだぃね。その後も横河は何度か得点チャンスをつぶして、前半終了。
 後半開始。スタンドからも「アマラオまだー?」と声がかかってたぃね。どっちも何度かチャンスはあるんだけど互いに決定力に欠け、点入ぃんねぇ。ホリコシは何度か大胆なミドルも放つも枠にいがねんさね。かたや横河は、FW9村山にボールを集め、何度か好機があったけどやっぱツメを欠いて得点でぎねぇ。ホリコシもだいぶ焦ってきたんだか、ラフなプレーが多くなって、主審もカード好きだった(加えてFKの位置も細かく指示してたぃね)こともあり、イエローが何枚も出たんさ。(レッドも出たけど、出したイエローの数間違えたらしく取り消す場面もあったぃね。) このままスコアレスなんかなーと思った後半35分、ホリコシ6山田がぺナルティーエリアの中で横河の村山を覆いかぶさるように倒しちまって、PK! これを村山が落ち着いて決め、ホリコシ0-1横河。 その後もホリコシの選手のミドルシュートが、クロスバーをカーンと直撃など、ホリコシは攻め上がるだけんど、肝心なところでミスを犯しちまったり、ちっと連携が欠けたりして攻め倦んでいたぃね。観衆2108人と発表があり、ちょっとどよめき。このままアマラオも見られねぇで、0-1でおわっちまうんかなと思っていたところ・・・
b0004675_2124928.jpg で、待ってたで!後半40分、アマラオ投入! しかし残りの時間短くって殆ど見せ場なかったぃね。(ただヘッディングの高さにはビックリしたぃね。) ロスタイムは3分だったけんど、そのまま、ホリコシ0-1横河 で試合終了。
 大規模な補強してタレント揃いのホリコシの圧勝かと思いきや、傑出した選手はいねぇものの組織力で挑んだ横河が結果的には勝っちまう。サッカーは奥が深ぇやぃね。今日に限っては横河の方がおもしれぇサッカーをしていたようにオレは思わぃね。ホリコシはまだまだチームとしてかみあってねぇ感じがしたぃね。ホリコシにとっちゃぁ痛ぇスタートになったけんど、個々の選手のタレントはあるんでJFL各チームの脅威になるんは間違いねぇやぃね。奈良はあいかわらず運動量豊富だったぃねぇ。

 で、オレは今日は17時から仕事なんで、試合終了後、セガレとダッシュで車に乗り込み、あわてて駐車場を脱出、贅沢にも北関東道使って伊勢崎IC経由で速攻で帰宅。今度は仕事のねぇ日曜の午後にのんびりとサッカーを見にいぎてぇな。ホリコシ、東毛でもやってくれれば見にいぐんだけんど、今年は試合がねんだぃねぇ。

b0004675_14314954.gifFCホリコシ 0-1 横河武蔵野FC

 ・・・でもなんか、「なっから!」のザスパの試合の観戦記よりも、長くなっちまったな(笑)

by dr_suzuki | 2005-03-27 18:55 | ぐんま | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://mukidouan.exblog.jp/tb/2368346
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 2005 J2: 第5節 vs...      J2 第4節 vs 横浜FC >>