タグ:男の修行~マラソン大会参戦 ( 47 ) タグの人気記事

2010年 01月 10日
第35回 太田市新田新春健康マラソン大会 【4.12km】
b0004675_1450376.jpg
晴天の新田陸上競技場

 昨年に続き、今年も「太田市新田新春健康マラソン大会」にエントリー。無料な上に、参加賞はタオルだし。(ちょっと着られないタンスの肥やしにしかなんねぇようなデザインのTシャツを配るマラソン大会が多いが、タオル系ならいろんなことに使えていいのにね。) その分、今年はタイム計測はやらないとのこと。無料なんだし、無理する必要もねぇよね。

b0004675_1451758.jpgb0004675_14511752.jpgb0004675_14512692.jpg

 冷え込みもそれほどでもなく、空っ風も弱いとゆう絶好のマラソン日和。

 本日の実測距離は今年も4.12km。ならば昨年の記録19分36秒をぜひとも更新したい。そして今年は力尽きて最後に小学生たちに次々に抜かれないようにしなくっちゃね(笑)
 
 老若男女混合で9時スタート。小学生の子供たちは元気一杯だ。あっという間に集団の中ほどに。前半飛ばしすぎて昨年は膝の痛みが出たので、最初から自重することにする。

 コースを周回し、北上ルートに。雪を抱いた赤城山がすごくキレイなのは去年と同じだ。昨年から比べると膝も痛くならないし、何より淡々と走れた。年間1200kmの走り込みが効いているのかもしれない。

 ・・・そうは言っても最後の西への直線はちょっと疲れてしまった。陸上競技場に入って、去年はバンバン小学生に抜かれたけど、さあ来い!今年は抜かせないぞ!(→志低すぎ(笑)) あ、最後の直線で、ゴール横に時計の掲示がみえる。よし、このまま走れば自己ベストだ!

 ゴール!記録19分13秒(目視で) 自己ベスト
 昨年より23秒縮められたで。単純にウレシイ!
 ・・・でも己が精進を重ねても、加齢性変化に太刀打ちできなくなるのはいつのことなんだろう??
 
 スポンサーのDydoのペットボトルを頂戴する。参加賞は大会名と干支のトラのデザインされたピンクのタオル1本(下の画像)。運営に携わる新田の皆様、どうもありがとう&お疲れ様でした。来年もぜひエントリーしたいですな。
b0004675_14505211.jpg

 自己ベスト&膝痛なしに気分を良くしたオレは、そのまま今シーズン初の八王子丘陵の探検に出発するのであった・・・!自分でいうのもなんだが、体力ついたなー(笑)

第35回太田市新田新春健康マラソン大会
4.12km
記録19分13秒(自己ベスト)
順位 不明
[PR]

by dr_suzuki | 2010-01-10 15:03 | 東毛(+両毛)漫遊 | Trackback | Comments(0)
2010年 01月 01日
第41回 薮塚元旦マラソン大会 【5km】
b0004675_23163782.jpg
元旦9時 第41回薮塚元旦マラソン大会ファミリーコース2kmスタート!

 一年の計は元旦にあり・・・とはいえ、元旦からマラソン大会に出ちゃったよ!

 昨年末、太田市の「おおたんネット」を見ていると、元旦に第41回薮塚元旦マラソン大会が開催されるとの記事をみた。なんとこの大会は、当日申し込みができて、しかも無料、そして記念品もいただけるという誠に「豪儀」な大会らしい。となると、薮塚は近いし、午前中の予定はないし、こりゃ出てみるしかねぇな。

 冷え込んだ2010年元旦の朝、会場の薮塚中央運動公園へと車を走らせる。赤城山は雪雲で覆われている。西高東低の気圧配置のためか風もちょっと強く、そして冷たい。マラソン大会は、ファミリーコース2km、そして健脚コース5kmがあるらしいが、せっかくなので5kmに申し込んでみた。5kmは薮塚中央運動公園発着の周回2周のコースらしい。ファミリー2kmは地元の小学生・中学生がいっぱい。5kmの申し込みは百人超といったところか。まぁ元旦から故障してもなんだし、この後初詣にも行かないといけないので、無理しないでゆっくり走るんべと心に決める。

 9時20分、健脚コース5kmスタート。

 
おいおい! み ん な 速 す ぎ だ ろ ! ! (笑)


 さすがは元旦から走るんべぇやってゆうランニングバカ(笑)たち。(オレもか?(笑)) トップ集団はあっけなく視界から消えた。というか、みんな速いんでゆっくり走っていると、ビリになってしまうんじゃないかという危惧さえ感じる。ビリにはなりたくねぇ一心で、ゆっくり走るっていう当初の目的はすっかり忘れ、自分なりにピッチを上げた。

 元旦のためか、公園から離れるとギャラリーはほとんどいない。そんな中、同じコース2周はやっぱり心が折れる。しかもすごく風が冷たくて寒いのなんの。薮塚名物の砂嵐(笑)がないのが、せめてもの救いだ。

 後半へばってしまいゴール。着順92位の完走証をもらう。タイムの計測はなかったが、27分ぐらいだったと思う。(実測5.4kmあるとのことだ。)・・・92位?あれ?もらったゼッケンも92じゃねぇか?すんげぇ偶然。こんなの狙ったとしても絶対できねぇぞ(笑)こりゃ春から縁起がいいんかな・・・と一人で納得してみた。しかし自分としても決して遅いペースでもないのに、後ろにたった十数人しかいないとは・・・・恐るべし。
 豚汁を頂戴した。冷えた体に浸みてうまかった。

b0004675_23162084.jpg

 賞品は、シューズも入る立派な巾着袋、そしてミカン1個。元旦から薮塚のスタッフの皆様、ありがとうございました&ご苦労様でした。こんな大会が無料なんてすばらしい!・・・ただ来年以降は2kmにしとくかな。(笑)

 ・・・一昔前なら、大晦日から呑んだくれてたっけな。人間、変われば変われるもんだぃな(笑)

 今年もがんばって走るか!

第41回薮塚元旦マラソン大会
 健脚コース5km 92位 (たぶん27分前後;実測5.4km)
[PR]

by dr_suzuki | 2010-01-01 23:31 | 東毛(+両毛)漫遊 | Trackback | Comments(4)
2009年 12月 13日
第27回 たてばやし駅伝大会 【4km】
b0004675_18563582.jpg
第27回 たてばやし駅伝大会 男子一般の部(20km;4kmx5;女子混合可)スタート!

 館林には12月に駅伝大会があるらしい。太田の職場でワケーシたちに「館林で駅伝があるんだけど、親睦と忘年会かねて出てみねぇ?」って聞いたら、最初難色を示されるも部長が「賞品を出す」といったら一転「やってみましょう!」という返事。

 駅伝は当たり前のことだがチームで参加する。ランニングは自分との戦いだけだが、駅伝は辛くなっても途中でチームの手前やめるわけにもいかず、タスキを後の人につないでいかねばならない。・・・これは新しい挑戦である。

 たてばやし駅伝の男子一般の部(20km;4kmx5人;女子混成可)にエントリーすることにした。ウチのチーム5名(全員男)は以下の通り。

第1走:「最初の500mをダッシュして来年のたてばやし駅伝のホームページの表紙を飾ります!」というチームのエース・N君
第2走:気合だけは人一倍だが、体が思うようについてこない不惑のランナー・チーム最年長のオレ
第3走:チーム最年少なのに「練習すると筋肉痛で走れなくなっちゃうので、本番しか走りませんので・・・」と豪語する、まるで3年前の自分のようなコメントのK君
第4走:「館林で駅伝デビューしますが、走り終わったら即、引退します。最初で最後のレースです!あ、それとDSのドラクエ持って行きますので、会場でどれくらい『すれちがい通信』できるか楽しみです」というT君。駅伝会場にそんなヤツいるかよ!(笑)
第5走:「ボクがスタートするとき、速いチームはもうゴールしてますよね?そんな時に走リ始めるって心折れますよねぇ。役員の人とかみんな帰らないで待っててくれるのかなぁ・・・」という唯一の館林市民のS君

 オレ以外は、20~30代のメンバー。館林市民のS君にエントリーを頼む。S君の話ではエントリー時に「遅いチームなんですけど、大丈夫でしょうか?」と聞いたら、役員の人に「例年数チーム遅いチームがいますけどね。でもそんなこと聞いてくるチームに限って速いんですよねー、ご謙遜でしょ?」と言われたとのこと。
 
こ ん な ネ タ チ ー ム が 速 い わ け な い で し ょ !

 タスキの受け渡しにユニホームでもあったほうがわかりやすいんじゃないかという案が出たけど、ユニホームばっちり作ったのに遅いとカッコ悪いので、キモチだけでもと思いおそろいの同色でユニ○ロのヒートテックの半袖を買うことにした(笑)男はまず形から入るのが何より重要なのである。・・・終わったら使いまわせるし(笑)

 いよいよ駅伝の日。朝、S君が代表で受付をすると、一般の部は98チーム参加するとのことである。すごい!そんなに!以前、ネットで情報を集めた時は30チームぐらいじゃなかったっけ?ランニングブームなんだねぇ・・・タスキには電子チップ(!)が入っているそうなので、ぜひ最後までつないで計測してもらい、たてばやし駅伝の歴史の一角に我らがチームの名を残したいものである。

b0004675_1858196.jpgb0004675_18583392.jpgb0004675_18584711.jpg
 既に市役所南の駐車場は満杯。尾曳公園駐車場から徒歩で陸上競技場に。途中寒桜も咲いている。途中の鶴生田橋のブロンズ像のバンザイ少年にもうちらのサポータになってもらおう。今日は風も穏やかで暖かい。(昨年は雨だったそうだ)

 たてばやし駅伝は館林陸上競技場を発着にして、つつじが丘公園内や鶴生田川沿いを走る自動車を気にすることのない周回コースである。東日本中から集まるという陸上の精鋭な方たちに、一体どこで捕らえられ抜き去られ、無惨に周回遅れにされるのか・・・(笑)話し合いの結果、オレたちの他にもきっと数チームはネタチームがいるはずだろうから、目標は90位ぐらいで、何よりケガのないよう走ることにしましょうと決める。

b0004675_190837.jpg
 間もなくスタート時間・・・なのに先頭のN君がいない。トイレに行ってて遅れたとのこと。危うくここで失格になるところで、そうしたら走る前から最強のネタチームに決定だった(笑) しかも一番後ろの方に並ばざるを得なくなってN君のダッシュ計画の目論見は大きくハズレ。

 11時スタート。・・・・みんな速すぎ orz

b0004675_1903617.jpgb0004675_1904770.jpgb0004675_1905734.jpg
 うちのエースN君は17分台で帰ってきた。決して遅くもないが、どのチームも第1走は精鋭そろいなのか既に大きな差が。第2走のオレも前半飛ばしてランスカのおねぇちゃん他、何人か抜くことができたが、後半だんだんペースが落ちてしまった。何よりコースの下見などしてないのでペース配分を計算できないのと、一度ゴールの陸上競技場が見えてから、徐々にそこから離れていくコース設定には心が折れた。第3走のK君も宣言通り本番に取っておいた?体力を振り絞ったが、既に先頭には周回遅れにされてしまった。第4走のT君が予想外の力走。しかしゴール後、倒れながら約束通り引退宣言(笑)そしてアンカーのS君が気力を振り絞ってゴール!!でもゴール周辺の人数はだいぶ閑散としちゃったんねー(笑)参加人数が多かったためか、完走証などは後日郵送ということになって解散となった。せめて順位の速報だけでもしてもらいたかったなぁ。

 あとでS君に確認してもらったところ、速報で我らがチームは、66位/98チーム中完走は90チーム、オレは19分05秒でチーム内3位(区間(2区)では60位)だったとのこと。

 結局、誰もが「タスキを渡されてしまうと、どうしてもチームの手前、自分なりに頑張ってしまった」ようである。しかし所詮はネタチームなのに66位というネタにもなりきれない、かといって褒められもしないような中途半端な順位。・・・みんな小者ということなんでしょうな。

 初めての駅伝、辛かったけどランニングとは違ったおもしろさがあった。来年は仲間内で2チーム作って競うともっとおもしろいかなぁ。T君の引退宣言も撤回させないと。館林の関係者の皆様、ご苦労様でした。参加者が増えても予選とか足切りは絶対にしないで下さい。お願いします。

 参加賞はバンダナターバンを頂戴しました。ちなみに「すれちがい通信」は1名いたそうです。(オイオイ笑)
b0004675_1913899.jpg


【余談の追記】
 駅伝はタスキの受け渡しのために係員が近づく選手のゼッケンの番号をマイクでコールしてくれるのだけど、第2走のオレがスタートしてから約12分後、なんと係員がオレたちのチームの番号をコールしたんだそうだ。あと7,8分は帰ってこないだろうとタカをくくっていた第3走のK君は、心の準備もないままに慌ててタスキ受け渡し場所に急ぐハメに。他のメンバーも想定外のアリエナイ展開に「そんなに速いなんて!」と騒然だったらしい・・・もちろんオレがその場に現れるはずはなく・・・真相はゼッケンをコールする人が単純に読み間違えたみたいだけど。そんなキロ3分で戻ってこられる走力がオレにあったら、陸上選手になってるって!(笑)

オレの記録 (2区)19分05秒 区間順位60位
チームの記録 1時間37分14秒 総合66位


(12月13日たてばやし駅伝の巻;つづく)
[PR]

by dr_suzuki | 2009-12-13 19:04 | 東毛(+両毛)漫遊 | Trackback | Comments(6)
2009年 09月 20日
第17回 太田市新田お花畑ふれあいマラソン大会 【5km】
b0004675_22131631.jpg
第17回太田市新田お花畑ふれあいマラソン大会
走られてるのは10kmの方々

 台風14号の北上で、天気が危ぶまれたが、秋らしく爽やかな快晴の青空。今季開幕戦?、自身初出場となる「太田市新田お花畑ふれあいマラソン大会」会場の新田陸上競技場へ。今日からにった花トピア2009も開催され、そのオープニング行事になってるらしい。(キバナコスモスは満開だけど、他のコスモスはまだちょっと早いかな)

b0004675_1035566.jpg 現地到着。チップ付きゼッケンを受け取る。びっくりしたのが番号がまたも「5213」。一番最初に走った2008年の桐生市堀マラソンと同じ番号。よほど「213」には縁があるようだ。

 台風の置き土産か、なっから風が強い。残暑で有名な?大会なので暑さは覚悟してたけど、まだ9月なのに予想外の強風・・・

 受付は7~8時なんだけど、5kmのスタートは9:50・・・orz 強い日差しの中、ウォームアップをしてるとザスパサポのてつごろうさんに遭遇。挨拶を交わすと同じ5kmに出るとのこと。太田まで遠征ご苦労様です。長すぎるスタートまでの時間をなんとか潰して、やっとスタート。

 今日は今季開幕戦だし、コスモス畑を眺めながらゆっくり行くかと思ったが・・・ついつい周りに引きずられペースアップしてしまう。いつまた左膝が痛くなるかとハラハラしていたら、反対の右膝が痛くなってきたorz ちなみに5kmコースは最初の1kmぐらいでコスモス畑が終わってしまうのが残念。

 予想以上に暑いし、風が強くてたいへん。後半は太田市新田新春健康マラソン大会と同じコース。違っていたことは5kmでも2.5km地点で給水があった。これはありがたい!3km地点で田んぼの中の北上コースにかわるが、向かい風がきつい。(Sportbandの計測を見ても、ペースががくっと落ちている。)右膝をかばいつつ北上。ラスト1kmでまた給水があった。ガールスカウトの皆さん、ありがとう。しかし走りながら飲むのって本当にむずかしいんだなぁ。

 やっと陸上競技場に戻ってきた。タイムは25分ジャスト。ペースは最後に若干上げらたものの、開幕戦を考慮してもちょっと不本意。冬場に向けて更に走り込みをしていくことにすっか。

 てつごうろうさんと互いの健闘を称えあい、午後のザスパの試合(甲府戦)での再会を約束して、右足をかばいながら(笑)帰路に。

 新田のスタッフの皆様ご苦労様でした。

 ・・・名称だけど「ふれあい」じゃなくて、足利の尊氏公マラソンに対抗して、ぜひ義貞公マラソンにしてくれたらいいのになぁ。

b0004675_22132738.jpg
賞品は婦人会の廃油せっけん


第17回太田市新田お花畑ふれあいマラソン大会 結果

 出場種目 5km一般男子40歳以上の部
 タイム(グロス) 00:25:00
 種目別順位 62/146 総合116/273
[PR]

by dr_suzuki | 2009-09-20 22:25 | 東毛(+両毛)漫遊 | Trackback | Comments(0)
2009年 02月 08日
第55回 桐生市堀マラソン大会 【5km】
 この1年間に走った距離、1200km超。新幹線の東京-博多間に匹敵する距離だそうだ。自分でも良くぞやったぞ、オレ。さぁ前回の堀マラソンより1年。果たして自分がこの1年でどれくらい精進できたのかどうかを確認する日がやってきた。自分の体は昨年より1年分年老いたのだが、この歳でまだ自分に新たな「伸びしろ」が残っているのかどうかを知りたいのだ。

 朝、風の音で眼が覚める。・・・・おいおい!この強風はなんなんだ!?

 既に家の周りは砂塵嵐の如し。去年は雪、今年は大風なんか・・・昨日はあんなに穏やかだったんに・・・orz まさに「風に向かって走ろう」ではないか。

b0004675_16572926.jpgb0004675_16574045.jpgb0004675_165750100.jpg
大風にはためく幟/大会会場/頼むぞ、CW-X

 桐生に到着。新川公園は強風、枯れ芝が舞う舞う。幟も引きちぎられるように大風にはためく。今日の風は呆れるほど強い。ふだんこんなに大風が吹いた日には、とっととランニングは諦めて休んでしまっている。体感温度もかなり低く感じる。おまけにこの風、山からいっぱいスギ花粉を持ってきやがったな。花粉症のオレはつらいぞ。
 痛めた左膝の調子は相変わらず。痛みださないことを祈るのみ。CW-Xに膝サポートを託す。

 スタート前も昨年から比べると実に平静な気分だった。この1年で1200km走った自信のようなものがあるからだろう。

 10時スタート。

 最初のコロンバス通りは追い風のはずだけど・・・人が一杯で風に乗って走れない orz

 本町通りに出ると、人がばらけたけど・・・・向かい風激しい。こりゃきついなー。
 ペースアップしながら北上。

 折り返し。追い風気味になったのは幸いしたが、3kmを過ぎたあたりで左膝が痛み始める。やっぱ始まったかぁ・・・と思ったら・・・予想外の展開発生。・・・これまで痛くなかった右膝の外側(腸脛靭帯)も痛くなってきたぞ(泣) ・・・マラソン大会だし、おまけに大風なんで変にいつもと違うチカラが入って走ってるせいなんだろうな・・・

 最後のコロンバス通りの直線。
 そこに待ち構えていたのは、ラストスパートへの気力を削ぐ強烈な向かい風 orz 

 膝痛をこらえつつ、ゴール。

 記録、24分51秒

 昨年の記録より1分半以上縮められたのだが、目標としていた24分30秒切りは果たせず。この風がなかったらもっと縮められたのにという思いと、1年で1200km走ってもこの程度しか縮まらなかったのかという悔しさも交錯する複雑な気分だった。去年のような達成感や高揚感は湧いてこなかった。

まだまだ精進が足らないのだ。



 また来年挑戦することにしよう。修行は、明日からthird stage。

  ・・・でもその前に膝痛をなんとかしないとね。

b0004675_1524447.jpg


 第55回桐生市堀マラソン大会 結果 (RUNNET)

 出場種目 一般の部・5km男子49歳以下
 距離 5km
 タイム(グロス) 00:24:51
 種目別順位 62/196
[PR]

by dr_suzuki | 2009-02-08 17:20 | 東毛(+両毛)漫遊 | Trackback | Comments(8)
2009年 01月 11日
第34回 太田市新田新春健康マラソン大会 【4.12km】
 10日冬型の気圧配置が強まって、すごくからっ風が吹いた。冷え込んだ翌朝に、新田町へと車を飛ばす。今日は、旧新田町で開催される「第34回太田市新田新春健康マラソン大会」に出場する。今シーズン初のマラソン大会参戦。参加費が無料というのも豪儀である。(ザスパの新春ドリームマッチと残念ながら重なってしまったが、こっちの日程のほうが早く発表され、既に申し込み済みだったので、こっちを優先した次第。)

 しかし昨年末に左膝にランナーズニー(腸脛靭帯炎)を発症し、年末年始は走りこみ不足。しばらく安静にしていたが、まだ膝痛は完全に癒えていない。一体、どうなるだろうと不安がよぎる。

 今日は昨日から比べると風もないが、冷え込んでいて実に寒い。受付を済ませ、運動場でウォーミングアップしながら軽く走ってみる。最近おとなしくしてたせいか、左膝も痛みもなく、これならいけそうだ。渡された封筒には本日の実測距離、4.12kmとある。募集要項のフルマラソンの1/10、4.2195kmより短いそうだ。ちょっと残念である。今年の参加者は昨年を上回る600人超であるとのこと。

b0004675_18391978.jpgb0004675_18393022.jpgb0004675_18394191.jpg

 スタートは「記録をねらう人」「楽しんで走る人」に分けられてるが、控えめに「記録をねらう人」の最後尾に並ぶ。もう100m手前にスタートラインを設定して走れば4.2195kmになるのになぁと思いつつ9時スタート。老若男女混合の一斉スタートだ。前半の南下ルートは普段毎週金曜に通勤に使ってる道なので、それなりに道の状況もわかっているのがちょっとアドバンテージかな。しかし・・・先頭集団はあっという間に視界から消えた(笑) 自重を心がけていたつもりだが、Nike+のスポーツバンドのペース計測を見ると、やっぱり周囲に引きずられペースアップしてしまっているようだ。

 コースを周回し、北上ルートになる。新田の空は広い。北には雪を抱いた赤城山がすごくキレイだ。でも昨日のような風だったら気力が萎えてしまっただろう。今日は風がなくてよかった・・・

 まもなく中間点というところで・・・ビミョーに左膝の外側が痛くなってきた。やばい。目論見では少しペースを上げていくつもりだったが、ここで膝痛でリタイアという事態だけは避けたいので、スポーツバンドを見ながらキロ5分程度の一定のペースで走ることに決めた。

 新田陸上競技場に戻ってきて、コースを1周。ラストスパートをかけた小学生に次々に抜かれてしまってちょっと凹むorz(笑) 最後の直線だけスピードを上げてゴール。記録は19分36秒。何とか20分は切れたからよかった。来年は鍛え直して、膝痛も克服して18分台を狙いたい。でも去年の今頃から比べるとだいぶ進歩した気分。

 スポンサーのDydoのMIUのペットボトルを頂戴する。参加賞は大会名のタオル1本(下の画像)。参加費無料というこの大会、運営に携わる新田の人々のご厚誼に深く感謝したい。

b0004675_1522339.jpg


第34回太田市新田新春健康マラソン大会
4.12km
記録19分36秒(手計測)
順位:男子139位(推定)
[PR]

by dr_suzuki | 2009-01-11 20:37 | 東毛(+両毛)漫遊 | Trackback | Comments(0)
2008年 02月 10日
第54回 桐生市堀マラソン大会 【5km】
子供の頃から、マラソンが大嫌いだった。

マラソン大会の前の晩、「このまま目覚めたら明後日になってたらなぁ」と思っていつも寝てた。
当然、順位も人に誇れるものではなかった。

一昨年の秋、高血圧を指摘されてしまった。立派に「メタボ」の仲間入り。
内科の医師から、まず減塩と減量を薦められた。

晩酌もやめた。夜に3kmのウォーキングを日課とすることにした。
幸いにも昨年の冬は暖冬で、春も花粉が余り飛ばなかったので続けることができた。

春、桜の頃、ウォーキングでなく、思いつきでジョギングを始めてみた。
が・・・・たった500mで息が上がった。自分の衰えに愕然とした。
毎回電柱1本分、少しづつでも距離を延ばすことを目指して走ってみた。

夏、40度の猛暑の夜も、突然の雷雨にも負けず。
夏の終わりには2~3kmは息が続くようになった。

秋、医局長から、せっかくジョギングするのなら桐生市堀マラソン大会の出場を薦められた。
人生の記念に、出場することにした。
でも長い距離を走る自信はないので、「5km男子49歳以下」にエントリーした。

不惑を越えての新たな挑戦。
でもマラソンから逃げてきた人生で、これは「コペルニクス的転換」だ。

目標ができた。

毎日夜に走る。これは自分に課した「修行」。

だんだん寒くなって、空っ風が吹くようになっても。
向かってくる軽自動車にジョガーに配慮のない幻惑ハイビーム攻撃を浴びせられても。
徐々に走る距離を増やした。
体重も約6kg落ち、腹囲も減り、メタボの基準から脱した。

冬、5kmを走る自信がついてきた。
体力をつけるため、八王子丘陵も巡った。

いよいよ第54回桐生市堀マラソン大会、前日。よりによって雪になっちまった。
せっかくこれまでがんばってきたのに、その舞台はなくなってしまうのか?

今日、朝起きたら、一面の銀世界。
6時に桐生市ホームページで大会が開催か否かを発表することになっていたのだが、
オレがみた6時20分にはサーバがアクセス過多なのか落ちていたorz。

医局長に電話して、開催することを確認。
両毛線のダイヤが乱れていたので、雪に強い上電で西桐生駅へ。

すでに会場の桐生市・新川公園はたくさんの人が。
新川公園は、大会にその名を冠されている堀氏が私財を投じて作った新川球場跡。

b0004675_14242461.jpgb0004675_14244698.jpgb0004675_14245654.jpg

靴にRCチップをつける。こんな装置をつけるマラソンは人生初めてだ。

今日のゼッケンは「5213」。
今でも覚えている。大学に合格したときの受験番号は「213」だったっけ。
「213」はオレの人生のターニングポイントの番号かもしれない。

スタート前、ガラにもなく緊張した。
ガキの時のスタート前は嫌の一言だったが、
今日はこの1年で自分はどこまで精進できたのかを確認したいという思いが強い。

10時、「5km男子49歳以下」スタート。

快調なペースで北の群大工学部まで走る。
折り返し点ではなんと10分台。すげぇぞオレ。

しかし・・・あと2kmの表示を見た辺りから、俄然体が重くなる。
前半周りに引きずられ、ちょっとハイペースで、飛ばしすぎたかもしれない。
足が重い。

苦しい。でも歩いてしまったら、負けだ。
この1年がんばったじゃねぇか、オレ。

根性で走る。
精神論は嫌いだが、やっぱマラソンは体力以上に精神の修行の場だ。
ザスパの選手が試合の後半でもあんなに走れるのは、精神の鍛錬の結果なのだろう。

最後、コロンバス通りに出たら、スパートをかける目論見だったが、
もはや体力は予想外に残ってなかった。
公園東側の直線は異常に長く感じられた。

なんとかゴール。やった、完走だ。

記録、26分28秒

人にとっては平凡な記録だろうが、オレにとっては人生の金字塔だ。

よくがんばった。よくやったぞ、オレ。

こみ上げる達成感、そして充実感。

走ってよかった。


でもこれで終わりじゃない。明日からはsecond stage。

精進を重ねて、そしてまた来年、今日の記録を越えよう。




b0004675_15241137.jpg

 第54回桐生市堀マラソン大会結果 (RUNNET)

出場種目 一般の部・5km男子49歳以下
距離 5km
タイム(グロス) 00:26:28
種目別順位 90/155
[PR]

by dr_suzuki | 2008-02-10 14:47 | 東毛(+両毛)漫遊 | Trackback | Comments(20)