<   2012年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

2012年 05月 27日
2012 J2: 第16節 vs 松本山雅FC
b0004675_12432321.gifザスパ草津 0-0 松本山雅FC
b0004675_2305447.jpg
b0004675_17465329.jpgb0004675_17465585.jpgb0004675_17465844.jpg
b0004675_1747372.jpgb0004675_17475687.jpgb0004675_17465931.jpg
松本山雅サポ・敷島をジャック!
群馬で献血!もちろん桐生でも!/今日はダンクのジャンバラヤ/松本サポすげぇんね!
メインも皆立ってチャント歌ってる!敵ながら天晴!/ドロー・・・8連敗は免れる/久々の勝点・・・だけんど

 有名な松本山雅との初対決。2007年松本で試合したときに、みんなして山雅のJリーグ準加盟に向けての署名をしたんで、そん時のお礼として勝点3置いてってくんねぇかと思ったら・・・1点しかもらえなかったぃ(笑)・・・サッカーはたとえ1点も取れなくっても、勝ち点が増えてぐんでよかったぃね!とゆうような決定力不足な試合だったぃね orz まぁとりあえず連敗が止まったんでよかったんなーと、前向きに捉えっきゃねぇか。

 松本山雅サポのバックとメイン両スタンドが一体になった応援すんばらしかった。メインもみな立って応援してんだ。敵ながら天晴れ!ウチもメインとバックが一体になれる、まっとポップなチャントがでぎねぇもんかな。今日を見る限りじゃ、故・松田が昨年ウチじゃなくって松本を選んだんもしょーがねぇかって感じだぃね。

 現在20位 (3勝4分9敗;勝点13、得失点差-11)

 【J2:第16節 草津 vs 松本】レポート:J2新加入の松本が教えてくれたことは、スアタジムでサッカーを楽しむという「原点」だった。(12.05.28) (J'sGOAL) ←伊藤さん、全く同意!
[PR]

by dr_suzuki | 2012-05-27 17:59 | ザスパ | Trackback | Comments(4)
2012年 05月 26日
妙参寺沼親水公園 ~ いずれ菖蒲か杜若 (太田市新田大根町) 【杜若】
b0004675_1250815.jpg
妙参寺沼親水公園 (太田市新田大根町)
水辺に杜若(カキツバタ)咲く

b0004675_12501777.jpg 雨が降った金曜午後・・・雨に似合う花はなんかねぇっかってことで、仕事帰ぇりに妙参寺沼に寄ってみたで。妙参寺沼は平成22年に農水省の定めた「日本ため池100選」に群馬県で唯一選ばれたんだと。(入り口に看板あり。最近のお役所ってポップ体フォントがまぁず好きだぃね) 日本人は「日本◯◯百選」が好きだけど(あとは3大◯◯かな)、「ため池」にも百選があるとは初めて知ったで(笑)

 春には桜の名所にもなってるで。



 入口の看板には一番北の水辺にアヤメの絵が描いてあったで。行ってみっと水辺に青紫の花が咲いてらぃね。・・・まっと咲いてるんかと思いきや意外に少ねぇやぃ。
 花弁に白い線が入ってるんで杜若(カキツバタ)と推定。アヤメ科(ハナショウブ、カキツバタ、アヤメとか)の花の見分け方はむずかしいやぃねぇ。どっちもキレイだしね。「いずれ菖蒲か杜若」とはよくゆったもんだぃね。

 雨が結構強く降ってて、傘差しながらなんで巧く撮れなかったぃ orz

 妙参寺沼親水公園 (Yahoo!ロコ)

b0004675_12501921.jpgb0004675_1493475.jpgb0004675_1250245.jpg
b0004675_12503089.jpgb0004675_12502875.jpgb0004675_1250266.jpg

b0004675_12501243.jpg
b0004675_14941.jpg

[PR]

by dr_suzuki | 2012-05-26 13:00 | 東毛(+両毛)漫遊 | Trackback | Comments(10)
2012年 05月 23日
袈裟丸山系の放射性物質による汚染状況について
※無断引用・転載を禁ず

【はじめに】
 2011年3月11日の福島県の東京電力福島第一原子力発電所の事故で飛散した放射性物質は東毛北部の山岳地帯に降り注ぎ、広く山野を汚染した。とりわけ袈裟丸山系は高濃度に汚染されている結果が示されている。 1,2) 
 2012年5月20日、東毛北部の袈裟丸山中腹の「寝釈迦」まで登攀する機会があり、登山道途中で、空間放射線量を測定したので、その結果を報告する。

【方法】
 みどり市東町袈裟丸山塔ノ沢登山口より、中腹の「寝釈迦」まで往復し(片道約2km)、その道すがら、家庭用放射線量測定器・エアカウンターS(エステー、東京)で地表より約1mの高さで空間放射線量を測定した。エアカウンターSは事前に(某施設で)シンチレーションサーベイメータ・TCS-171(日立アロカメディカル、東京)と表示される測定値を比較検討したが、概ね遜色ない数値が得られた。
 測定場所は道標前など、目印になるものの付近で行い、途中、目印のない地点の測定にあってはハンディGPS計測器・Foretrex101(GARMIN、米国)で緯度経度を計測し記録した。

【結果】
 2011日5月20日、天候は晴れ。午前8時から11時の間に塔ノ沢登山口から「寝釈迦」周辺まで計9ヶ所で空間放射線量を測定した。結果は以下の通りであった。空間放射線量は測定時に多少の変動があるため±を加えた。デジタルカメラで撮影した画像も提示する。(光の反射や手ぶれがあったりして、うまく撮影できてないものもあり、それぞれの地点で良く撮れた画像例を提示する) 単位はμSv/h(1時間あたりマイクロシーベルト)である。

地点1. 塔ノ沢登山口 : 0.38μSv/h±
地点2. 木橋の標識前 : 0.28μSv/h±
地点3. 登山道途中(N36°35'59.54" E139°22'02.92"地点) : 0.24μSv/h±

地点4. 寝釈迦中間地点道標 : 0.21μSv/h±
地点5. 登山道途中(N36° 36'13.82" E139°21'59.78"地点) : 0.34μSv/h±
地点6. 寝釈迦横 : 0.30μSv/h±

地点7. 寝釈迦北「ゴミは持ち帰りましょう」標識前 : 0.31μSv/h±
地点8. 寝釈迦北ベンチ前 : 0.32μSv/h±
地点9. 寝釈迦道標前 : 0.33μSv/h±

b0004675_13491485.jpg


 同日、小生の家(東毛某所)の庭での測定では0.05μSv/h±であった。

 なお「放射線物質汚染対処特措法」による土壌等の除染等の措置は、1mの高さでの空間放射線量が「一時間あたり0.23μSv以上」と規定されている。3)

【考察】
 高濃度の放射性物質による汚染が危惧されていた袈裟丸山系であったが、測定の結果、簡易測定器の計測値であるものの、平野部から比べると概ね5~7倍という、除染レベルに相当する高い空間放射線量が、事故後1年経過した時点でも依然存在し、その数値も国や市で発表された数値と概ね同程度であることが確認された。登山口の放射線量がやや高いのは、登山者の靴等に付着した高所の汚染された土砂が登山口に運ばれたことが一因ではないかと推察した。
 昨年初夏にも測定を計画したが、当時は安価な簡易測定器が発売されてなかったこと、加えてこの山系に不案内で単独行ではいささかの危惧があり実行できなかった。近頃入手容易な家庭用放射線量測定器が安価で発売され、今回は「寝釈迦」までの道に明るい同行者にも恵まれたため、懸案の計画を実行できた。機会があれば、より精密な機器にて別の山系も含め測定をしたいと考えている。

【謝辞】
 快く同行していただいた、げきさかのぼる氏に感謝致します。

【参考文献】
1) 文部科学省及び群馬県による航空機モニタリングの測定結果について(平成23年9月27日) (PDF) 放射線モニタリング情報 文部科学省 2012年5月23日アクセス
2) みどり市放射線量マップ (PDF)  みどり市 2012年5月23日アクセス
3) 放射性物質による環境汚染情報サイト 環境省 2012年5月23日アクセス

せっかく袈裟丸山に行ぐんだし、空間放射線量調査をやってみたで・・・結果は、いつものブログのスタイルを変えて、昔取った杵柄?で、ちっと学術報告っぽくしてみたで(笑)
 
 ・・・まぁ家庭用放射線量測定器で測ったもんだし「参考程度」に見てくんなぃね! 追試も歓迎!(笑)
[PR]

by dr_suzuki | 2012-05-23 13:36 | 東毛(+両毛)漫遊 | Trackback | Comments(7)
2012年 05月 23日
沢入・塔ノ沢不動滝へ
 林道を下ってぐ・・・途中対向車が来ちゃったorz 上り優先なんで、バックで戻らねぇといけねんだけんど、腰が痛っくって大変(泣)

 げきさかさんが、林道途中のちょっと下ったところに大きな不動明王と立派な滝があると教えてくれたんで、その近くで林道の広くなってるところに車を停めて案内してもらったんさ。

b0004675_12423490.jpg 大山祇之命の石碑が目印。石碑は「明治25年」「炭焼有志連中」とあり、山仕事の安全を祈願したもんなんだんべね。


b0004675_12423730.jpg ちっと目を下にすっと、おおっ!!何やら巨大な石仏発見!


b0004675_12425388.jpg
不動明王
アッタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
丸彫立像・明和5年(1768) 1.5mぐれぇある!


 紅い腹掛も新しそうで、今でも立派な信仰の対象なんだんべねぇ。

b0004675_12424030.jpg そして更に急な斜面を下ると・・・見事な滝が目の前に!



b0004675_16282825.jpg
塔ノ沢不動滝
流量豊富!これは壮観!
しかもまっさか涼しい~!

 いやぁこれは見事な滝じゃねーきゃ・・・急斜面で上り下りはまぁず大変(脚の悪りぃ人はキビシイね)だけんど、まっと有名になってもいんじゃねんかねぇ。

 そばに立派な不動明王もあるし、ここは昔っから修験の場だったんだんべねぇ。

 ・・・惜しむらくはGPSを車の中に置いてきちゃって、場所を記録できなかったことだぃorz

 袈裟丸山を含め、足尾山塊のオーソリティ、オレもお会いしたことある増田宏氏の『袈裟丸山 自然と歴史・民俗』より謹んで引用すっと・・・ (『袈裟丸山』の一部は「やまの町 桐生」でも読むことがでぎるで、こっち

塔ノ沢不動滝

 塔ノ沢随一の滝で林道塔の沢線が小中西山線と分岐してまもなく林道右上の大山祇之命の石碑から急斜面を下ったところにある。花崗岩からなる二段のナメ滝で落差約15m。水量があるので見応えがある。車で林道を通ると見過ごしてしまうが傍らには不動尊の大きな立像があり一見の価値がある。
 たしかに一見の価値あり!

 国道122号へ。入口の看板が寝釈迦への目印ではあるけんど、これ・・・ちっと車で行ってみっかとしたもんの、不安になって途中で引き返ぇした人もいっぺぇいるんじゃねぇかなぁ。
 昼食は神戸駅の「レストラン清流」に行ってみたんだけんど、予想以上の激混みorz あきらめて最近評判の「やまと豚弁当」(手ぬぐい付き1000円)を買って、大間々で解散。げきさかさん、いろいろあんがと~!

 家に帰ぇっから弁当食うかなと思って、画像を撮って、そのままデジカメやGPSなどのデータをPCに取りこんでたりしてたら・・・子供に食われちまったorz 「うまかった」っつー話だぃね。

b0004675_1242438.jpgb0004675_12424672.jpgb0004675_12424811.jpg
国道122号の看板/神戸駅にて/やまと豚弁当


【参考文献】
増田宏 『袈裟丸山 自然と歴史・民俗』 七月堂 2002


  (袈裟丸山探索編、了・・・で、もひとつ記事あり)
[PR]

by dr_suzuki | 2012-05-23 12:58 | 東毛(+両毛)漫遊 | Trackback | Comments(0)
2012年 05月 22日
袈裟丸山中腹、「相輪塔」屹立す
 寝釈迦を後にして、向こう側の峰へ行ってみる。
 途中沢を越えると案内板がある。
b0004675_2333412.jpg


 そっからしばらく進むと、目の前に・・・屹立する「相輪塔」とゆわれる自然の岩

b0004675_22242126.jpg
岩が天に向かって屹立してる!
しかも実に奇妙な形!高さ13m!


b0004675_2224158.jpg
相輪塔を見つめるかのように、峰の斜面に石仏が数基置かれてる

b0004675_22234944.jpg


b0004675_22232480.jpgb0004675_22232967.jpgb0004675_2223355.jpg
天に向かって屹立/後方はたぶん二子山/これは不動明王だったんかな?

 いくつもの石仏・・・この深山が信仰の場であったんがわからぃね。

 高山彦九郎の『沢入道能記』(1782)にまた話を戻すと・・・

 彦九郎は太田での酒宴でこの岩(彦九郎は「自然塔」と書いている)を見物すんべぇやとゆうことになり、友人と二人で沢入までやってきた。沢入では「白蛇塔」ともゆわれてるらしく、宿の主人にその云われを聞き、翌日案内人を頼んで、宿の子も一緒に白蛇塔を目指す。(彦九郎一行はまず白蛇塔(今の「相輪塔」)を目指し、次に寝釈迦を訪れてるんで、今回のオレたちとは逆順になってるんさ)

 『沢入道能記』では、相輪塔をこう書いてるで。(一部旧仮名づかいを改めた)
 (前略)
 北へ転し行こと一里斗にして白蛇塔也十三重有といふ、山の中腹にあり実に深山幽谷の地なり、流れをわたる事十余度ミな一つなり石多く木立しげくよちて南のほり塔の半に当り北をミるに十一重也高十五丈と称す、即南の方北に向ふて見たる処をここに図し侍る
(相輪塔の絵図)
 此辺に白蛇住めりとて白蛇塔と号し又そう輪塔ともいひ又沢入に在りとて沢入塔共いふとなん、此沢を塔の沢といふ、近年石工石仏を造り塔の後ロ山に安置して多く在塔の中段大岩の上抔にもありミな近ころの作也、此塔人作にあらて天工のなす所世に珍しき事と覚ゆ
(後略)
 彦九郎の時代、今みてぇにGPSも正確な地図も満足な山靴もねんに、よくもこんな山深く、そして岩べぇのところを登れたもんだぃなぁ。昔の人はすんげぇ胆力、体力、そして智力があったんだねぇ。

 江戸時代後期に、こんな深山の岩が、既に太田界隈でもその存在が有名だったこともすげぇが、そして何より、先の大震災のあの激震にも耐え、きっと何万年も前から、この神秘的な姿でここに屹立してるなんて・・・まっさかすげぇじゃねーきゃ!群馬にはまだまだしらねぇフシギなもんがたくさんあるんだぃなぁ。

 古の昔、彦九郎もさぞかし興味深く、この岩を眺めたんだんべぇなぁ。

b0004675_993953.jpg 不動岩のそばに戻り、設置されたベンチで一休み。げきさかさんより熱いコーヒーをいただき、四方山話に花が咲く。すると朝4時に塔の沢登山口から袈裟丸山に登ったっつー方が下山されてきたんで、上のほうの話を伺ってみた。賽の河原はツツジがいっぺぇ咲いてるとのことだぃね。

 そうなると賽の河原まで行ってもみてぇんだけんど・・・なんせ今日はまだ腰痛もあるんで、げきさかさんに迷惑かけることになったらなんなんで、本日の最低限の目標は果たせたことだし、下山することにしたで。


b0004675_11554658.jpg 岩肌は、いかにも深山の趣で苔生してた。

 樹木の新緑が眩い。秋には紅葉がさぞ見事なんだんべなぁ。

 途中、所々で放射線量を測定しながら、下山する。
 ・・・登山口付近のほうが放射線量がちっと高ぇんはなぜなんだんべか?

 駐車場は他県ナンバーの車でいっぺぇだ。人気あるんだね、袈裟丸山。


 どっかでメシでも食いましょうかってことで、林道を下って行ぐ。

 (つづく)

【参考文献】
 高山彦九郎 『沢入道能記』(1782) : 「高山彦九郎全集」より
[PR]

by dr_suzuki | 2012-05-22 22:47 | 東毛(+両毛)漫遊 | Trackback | Comments(2)
2012年 05月 21日
「寝釈迦」に逢いに、袈裟丸山へ
 新緑の東毛漫遊山歩き、ホーム八王子丘陵を離れて、今回のターゲットは、みどり市最奥の袈裟丸山にしてみたで。この山系の沢入(そうり)の塔ノ沢筋の中腹の不動岩とゆう巨岩に釈迦涅槃像(全長約3.7m)が彫られてて「寝釈迦」とゆわれるそうだぃね。群馬県指定史跡にもなってるんさ。東毛の生んだ幕末の勤王思想家、高山彦九郎の天明2年(1782)の旅行記『沢入道能記』で、寝釈迦のことをこう記しているで。
 (前略)
 沢をこえ、北に高十丈斗の岩山あり壁を立てる如し、是も後ロより上り見るに頂上に寝釈迦をゑる近年の作也、此岩を不動岩と号す、頂上の体左に図す、
 
 (不動岩頂上の寝釈迦の絵;巾と長さを記している) 六七尺 一丈五尺斗

 (後略)
 彦九郎の時代に「近年の作」ってあるんだから、はぁ既に三百余年の星霜を経てるってことだぃね。

 数年前から東毛の石仏を巡ってるオレとしては、こりゃいつかはぜひ一度は見てみなくっちゃなんねぇな・・・と思ってたんだけんど、みどり市のホームページの寝釈迦のページには「寝釈迦に至るためには、時間に余裕をもち、登山靴など軽登山のできる装備を準備した方がよい。また、イノシシやクマと出遭う可能性があるので「クマ鈴」を準備するなど注意が必要。」って書いてあるしorz 一人で行ぐんはちっと不安だしなぁ・・・と思ってたんさ。げきさかのぼるさんに相談したところ、同行を快く引き受けてくれたぃね。あんがと~!

 せっかくこの地域に行ぐんなら、入手したエステーの家庭用放射線測定器「エアカウンターS」で東電福島第一原発事故で飛散した放射性物質を測定してみてぇな。(→この一連の記事の最後にまとめる予定)

 登山は5月20日(日)に決定!意気軒昂に準備を進めていたら5日前に持病の腰痛再発・・・orz 出発当日もまだ痛かったんだけんど、げきさかさんとのお約束を反故にするわけにはいかねんで根性で出発!天候も快晴。絶好の山日和。大間々で落ち合い、国道122号を北へ。沢入の塔ノ沢登山口へと急ぐ。(林道は舗装されてるけど一部荒れてるし、対向車が来たらアウトなほど狭めぇんさ)

 塔ノ沢登山道から寝釈迦までは約2km。その先は花の名所の「賽の河原」、そしてみどり市最高峰の袈裟丸山山頂・・・っつーコースになってるけんど、今日の目標は「寝釈迦」までとゆうことで、げきさかんにエスコートをお願いしたで。(腰痛なんでその先に進む自信もねぇし)

 GPSや無線機で武装し、登山道を放射線測定をしながら上へ上へと進む。新緑がまぁずきれいなんだけんど、予想以上にヤマツツジは咲いてなかったぃねorz 特に厳しいところもねんで、オレみてぇな腰痛ヘタレでも登れるんね。脇を流れる清流、独特の形をした花崗岩?御影石?の岩々が壮観さね。

b0004675_21403728.jpgb0004675_2140476.jpgb0004675_2141232.jpg
b0004675_21412557.jpgb0004675_21413645.jpgb0004675_21414743.jpg
b0004675_21421129.jpgb0004675_21421971.jpgb0004675_21422788.jpg
塔ノ沢登山口/ヤマツツジ/木橋(やや傷んでいる)
滝/こんな感じの大岩がいっぺぇ屹立/寝釈迦方面案内
新緑萌える/ツツジ/ついに寝釈迦へ(約1時間で到着)
 
b0004675_21424132.jpg
案内板・・・傾いてるし(後ろの白い標識はほぼ垂直に立ってる)

b0004675_21425449.jpg
不動岩・・・この崖上に「寝釈迦」がある

階段がある(ちっと急)んで、そこを登ってぐと・・・
b0004675_2143994.jpg
「寝釈迦」 アッタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
Twitterで「寝釈迦なう」すっかと思ったら、
結構ここは開けてんのにdocomoですら圏外だったぃね・・・orz

b0004675_214322100.jpg
寝釈迦 横から・寝釈迦は西を向いて寝てる
いつ、誰が、どれほどの時間をかけ、そして何のために作ったんか?
謎は深まるべぇだぃね。


b0004675_2146764.jpg信仰の場になってたんか、寝釈迦の近くには
古りぃもんから、新しいもんまで数基の石仏もあったで。

b0004675_21433553.jpg
向かいの峰に「相輪塔」屹立


せっかくなんで向かいの峰の「相輪塔」にも行ってみっか。(つづく)

※GPS(Foreyrex101;GARMIN)による「寝釈迦」の位置(WGS84)
 N36°36'27.27" E139°21'54.70" (Hight) 1223.15m

【参考文献】
 高山彦九郎 『沢入道能記』(1782) : 「高山彦九郎全集」より
[PR]

by dr_suzuki | 2012-05-21 21:56 | 東毛(+両毛)漫遊 | Trackback | Comments(6)
2012年 05月 21日
Annular Solar Eclipse 2012.5.21

b0004675_20562714.jpg
金環日食の木漏れ陽 ~ Annular Solar Eclipse 2012.5.21
7時34分ごろ撮影

群馬の晴天率が高ぇとふんだんか
NHKニュースは朝っから前橋の太陽の様子をずっと映してたぃね。

この日のための日食グラスを手に
家族して庭で金環日食を見物。
始業時間を遅らせてくれた学校、あんがとね。

金環日食はわずか4分ほど。
金環日食って予想以上に暗くなんねんだね。
まっと暗くなるんかと思ったで。
皆既日食の時ってどんなもんなんかね?

太陽を撮影できる機器は持ってねんで
家の前の通りのアスファルトを撮影してみたで。

[PR]

by dr_suzuki | 2012-05-21 20:58 | 雑録 | Trackback | Comments(2)
2012年 05月 20日
Hello! iPhone !!
b0004675_20554938.jpg
念願のiPhone4Sをソフトバンクで契約!キタ━(゚∀゚)━!

17年の長きに渡り、docomoをずっと使ってて、
docomoからiPhoneが出ねぇかと心待ちにしてたんだけんど。

先日の社長の「iPhoneは難しい」との発言で、docomoを見限る決心がついたで。
多くのユーザーの希望に真摯に耳を傾けねぇ企業には、いつか天誅が下りますように!

あばよ!docomo! 
ソフトバンク、iPhone、よろしくたのまぃ!

さっそくiPhoneでも「ぐんまのやぼう」だぃね!(笑)

[PR]

by dr_suzuki | 2012-05-20 21:01 | 雑録 | Trackback | Comments(4)
2012年 05月 13日
2012 J2: 第14節 vs 栃木SC
b0004675_12432321.gifザスパ草津 1-2 栃木SC
b0004675_16474913.jpg
「せいあつ」どころか・・・完敗・・・orz
オレは栃木に負けるんは他のチームに負けるより何倍も悔しいやぃ orz

b0004675_16475743.jpgb0004675_1648039.jpgb0004675_1648471.jpg
b0004675_16481315.jpgb0004675_16481013.jpgb0004675_1648729.jpg
今日は大村のソースかつ丼/基礎工事中/栃木サポ大挙襲来
栃木県民の歌の時、メインのサポも起立してるんが敵ながらアッパレ/1点返すが/不協和音


 宿敵栃木に点差以上の完敗を喫し、これで泥沼の6連敗

 はぁ今年はJFL降格を覚悟しとかなきゃいけねぇかな・・・orz

 現在18位 (3勝3分8敗;勝点12、得失点差-9)

 【J2:第14節 草津 vs 栃木】レポート:草津、悪夢の6連敗で18位へ転落。栃木はセットプレーから2点を奪い暫定12位へ浮上。(12.05.14) (J'sGOAL)
[PR]

by dr_suzuki | 2012-05-13 17:02 | ザスパ | Trackback | Comments(2)
2012年 05月 05日
みどりの日に東京見物
b0004675_9362349.jpg
10億匹のミドリムシ入りシェイク「ハンズシェイク(ユーグレナ)580円」
@東急ハンズ渋谷店7F「HANDS CAFE」

b0004675_1417288.jpgb0004675_14173174.jpgb0004675_14173336.jpg
b0004675_14174440.jpgb0004675_14174026.jpgb0004675_14173764.jpg
b0004675_1417477.jpgb0004675_14175128.jpgb0004675_1418540.jpg

りょうもう号で東京へ/車中より「とうきょうスカイツリー駅」/車中よりスカイツリー
東京ドームシティへ/ジャイアンツグッズ売場前に原監督の人形がいた/野球体育博物館
本日の主役・宮本!/りょうもう車中のハングル表示/おみやげにユーグレナ・バー

 GWっつーことで、久々に家族で東京へ。東武の駅に駅ナンバーがふられ、りょうもうの車内アナウンスや表示が韓国語や中国語も加えられててびっくらこいた。りょうもう号の車内アナウンスの「おおた」が地元と同じ発音だったことに安堵。(「あかぎ」は語頭型のまんまなんで相変わらずキモチわりぃ)業平橋駅が「とうきょうスカイツリー駅」になって、上りのりょうもうが停まるようになったんだね。

 5月4日は「みどりの日」だし、っつー訳?で、まずは渋谷の東急ハンズの7Fのcafeで、評判の「ミドリムシ入りのシェイク」を飲んできたで。
 シェイクはバナナミルク味でフツーにうんまい。上にのってる緑の粉末が10億匹の「ミドリムシ」。・・・ほとんど味はしねんだけんど、栄養はあるらしい・・・って昨年の9月には本郷で「ミドリムシラーメン」も食べたんだよなぁ(笑)おみやげにミドリムシの入った「ユーグレナ・バー」も買ってみた。(ユーグレナとはミドリムシのこと) この分野においてはオレは随分とチャレンジャー(笑)だぃな。

 その後、オレとセガレは神宮に行ったんだけんど、時間調整に東京ドームシティの野球体育博物館へ。館内は個人使用であれば撮影自由っつーなんたる豪儀!すんばらしい!往年の名選手のもんもいっぺぇ見れてよかったで。新田の英雄・斎藤王子のグローブが早くも展示されてたで。予想以上に良かったで、ここ!

 そして土砂降りの中、神宮球場に向かい、ヤクルト・宮本選手の偉業の瞬間を観たんは、別記事の通り。今回の東京見物は久々の野球三昧だったぃなぁ。
[PR]

by dr_suzuki | 2012-05-05 14:29 | 群馬を離れて | Trackback | Comments(4)