<   2011年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧

2011年 09月 28日
久々の東京
b0004675_22353044.jpg
東大本郷キャンパス前の「山手らーめん 安庵」(文京区本郷5) の「みどりラーメン」(700円)
約6億匹のミドリムシ配合

b0004675_22355917.jpgb0004675_22372423.jpgb0004675_22373745.jpg
b0004675_22384638.jpgb0004675_22392184.jpgb0004675_22394944.jpg
b0004675_2240754.jpgb0004675_22401658.jpgb0004675_22402471.jpg
東毛人は東京はやっぱ「りょうもう」/旧友との再会を祝して/久々のキリンシティ
走るで!芝公園!/新橋駅前/2夜連続芝公園周回ラン!
浅草・スカイツリーでっけぇ/舟和の芋ようかんどら焼き/さらば東京

 某研修会に参加するんで、東京に出張してきたで。

 連日の昼間の研修はひたすら座学でおーかつれぇんだけんど・・・夜には旧友と再会。東京駅地下で酒を酌み交わし、話も弾んだぃね。楽しい時間をありがとう!・・・東京駅地下ってしばらく行ってねぇうちに、まっさか変わっちまったぃなぁ。

 せっかくの東京なんでネタを用意・・・

・こないだ読売新聞でも取上げられてたみどりラーメン」を本郷三丁目まで食べに行ぐ。東大のベンチャー企業・ユーグレナ社が製造したミドリムシ約6億(笑)匹配合の「みどりラーメン」、バジルテイストで、ラーメンとゆうよりイタリアンな雰囲気。これ、ミドリムシが入ぇってるなんて、ゆわれなくっちゃ絶対わかんねぇな(笑)
・もうひとつ新橋の「上州らーめん桐生」という店にも行ってみんだけんど・・・すでにつぶれちゃってたorz
・出張記念に、2夜連続で芝公園周辺をランニング!ライトアップされた東京タワーはなっからキレイだし・・・東京の夜道ってまっさか明りぃなぁ。人が結構歩ってるんで、人の目を気にして、ついついペースが上がっちゃうだぃねぇ。そういやおねぇちゃんランナーは見かけなかったぃなぁ。これで今月も月間100km走破達成。東京で達成できてまぁず感慨深けぇやぃ。

 久々の東京、疲れたけんど、まぁず今回はいろいろと印象深かったぃやなぁ。
[PR]

by dr_suzuki | 2011-09-28 22:50 | 群馬を離れて | Trackback | Comments(2)
2011年 09月 28日
J2 第5節 vs ガイナーレ鳥取
b0004675_1232697.gifガイナーレ鳥取 1-1 ザスパ草津

 前回のホーム戦で0-5でフルボッコにされた鳥取のアウェイ戦。
 平日夜だし、今日まで東京に出張だったんで当然不可。
 
 今度は勝ってくれるかと思いきや、追いついての1-1のドロー。
 まぁ結果しかみてぇねぇから何ともいえねぇな。相変わらず選手をあんま交代させねんだねぇ。

 上位と差がだいぶ離れたんねぇ・・・栃木もここにきて勝てねぇなぁ。まぁそんなに急いでJ1にいぐこたぁねぇから、もうちっと一緒にJ2でダービーやるんべぇや。

 現在13位 (10勝5分12敗;勝点35、得失点差-9)

※後半、PK外してるとは・・・・(ショック)

 【J2:第5節 鳥取 vs 草津】レポート:鳥取は立ち上がりの先制も実らず、またもホームで勝利を逃す。草津も後半のチャンスを逃し、勝点1を分け合うドローに(11.09.29) (J'sGOAL)
[PR]

by dr_suzuki | 2011-09-28 21:13 | ザスパ | Trackback | Comments(0)
2011年 09月 25日
長円寺古墳 (太田市薮塚町滝の入)
b0004675_2320975.jpg
長円寺古墳・長円寺本堂西の前方後円墳(藪塚本町25号墳)遠景

 今日の目的地は、滝の入の藤光山長円寺、ここには青面金剛があるって『薮塚本町誌・上』に書いてあったんで、ついでに上毛古墳総覧に藪塚本町25号墳として載ってるっつー長円寺古墳を見物に行ぐことにした。また自転車行脚しようと思ったけんど、根性無く車を選択。

b0004675_23202842.jpg 長円寺に到着。
 本堂は彫刻も、その彩色も立派だぃなぁ。

b0004675_23204911.jpg 古墳の周りには石仏多数。
 江戸時代には古墳をぐるっと庚申塔が囲んだ百庚申塚だったんだかね。


b0004675_23213038.jpg そん中にあっけなく目的の青面金剛発見!
 なんだか阿左美南光寺のヤツに似てらぃなぁ。同じ石工が作ったんかな?
 天明8年(1788)って彫ってあるんで、東毛じゃ比較的新しいもんだぃね。


 古墳をぐるっと、一回りして見物。前方部墳丘上にも六角の石祠があるで。古墳には取りあえず上ってみるのがポリシー(笑)なんで上ってみっと・・・

b0004675_23215263.jpg
・・・万延元庚申年(1860)きゃ・・・

b0004675_23221869.jpg
正面に回ると・・・これ・・何なん!?まさか青面金剛!?

b0004675_23223532.jpg
拡大・・・(畏れ多くて触れてみなかったけんど)これ木製じゃねんきゃ!
一鬼踏んでるし!


 万延元年は庚申の年で庚申塔がいっぺぇ作られたってゆうけんど・・・まさか墳丘部にこんなものがあるなんて・・・驚きの発見さね。

 あわてて帰ぇりがけに図書館に寄って『薮塚本町誌・上』を調べてみたんだけんど、古墳の西にあった天明8年の青面金剛は記載があったんだけんど、これについての記載はめっかんなかった(見落としてるかもしんねぇけんど・・・)

 いやはやまっさかびっくらこいたぃね。青面金剛探しもホント奥が深けぇやぃねぇ・・・・

長円寺古墳 (ちず丸リンク;ぐるっと環状になってるんが古墳さね)

【参考文献】
 『薮塚本町誌・上』 
[PR]

by dr_suzuki | 2011-09-25 23:33 | 東毛(+両毛)漫遊 | Trackback | Comments(6)
2011年 09月 24日
里見の郷を歩く ~ 里見山光明寺 (高崎市中里見町)
b0004675_1617185.jpg
里見山光明寺 (高崎市中里見町)・参道に彼岸花咲く

b0004675_16181818.jpg 鎌倉時代の里見義俊(?~1170)の供養のために建てられたとされる里見氏の菩提寺。義俊が館を構えたところともゆわれているんだと。ここには「新田義貞公旧里碑」が建てられてるって聞いたんで寄ってみたんさ。(見物するんで家族を車中に置き去り(笑))

 立派な参道。これまでに見たことねぇような立派な像容の青面金剛(右)や数々の石仏もあるで。この地域の名刹であることがよくわからぃな。


 山門をくぐって、左手に・・・
b0004675_16173921.jpg
「新田義貞公旧里碑」の案内・・・飛び石を右に折れて

b0004675_16175149.jpg
「新田義貞公旧里碑」
伝承を元に明治23年8月、里見水戸之介氏が全国から浄財をつのり建立したんだと。
でもちっとかすれてるし、漢文だし・・・orz とても読みきれねぇ!

 里見の地では、前の記事にもあったように「里見氏五世忠義の子として生れ、幼名を里見小五郎といったが宗家新田朝氏に子がなかったので、その養子となり小太郎義貞と改名した 」とゆわれているみてぇだね。

 『太平記』で記述されてる義貞公の生品神社の旗揚げの時にも里見五郎義胤の名がみえるんさ。新田氏の始祖・義重の長男義俊の子孫・義胤が他の東毛の新田一族と共に旗揚げしてるんは興味深けぇやぃな。(東毛の新田一族以外の他の武者は桃井次郎尚義っきゃいねぇし) 養子云々は別にして、里見一族は、分家の後にも新田宗家と深けぇ関係を維持してたんじゃねんかと思うで。

小説『新田義貞・上』の中で、著者・新田次郎氏は以下のように解説してらぃね。(町名は当時)

 (前略)
 新田氏研究家たちの歴史学的一般論としては、義貞の生年月日とその母の名は不詳ということになっている。しかし、私はこの羽田系図になる義貞の母を創作の中で生かし、小説全体を光彩あるものにしようと考えた。
 義貞の誕生の地については、
 宝泉村由良の台源氏館(現在太田市)
 生品村反町館(世良田館) (現在新田郡新田町)
 碓氷郡里見郷(現在榛名町)
の三説がある。各れも伝説であって、史料の裏付けがない。
 このうち、第三の里見郷出生説は、『新田正伝記』及び里見氏系譜に、里見義秀の長男忠義の子義貞が宗家の新田朝氏の養子になったと記されているのに端を発している。
 この義貞養子説は以外なほど広く流布されていて、藤島神社の新田氏系図にもそのように記されている。だが、この養子説は疑義を抱く学者が多く、群馬県教育会発行『群馬県史』においては取るに足らずと否定されている。『新田氏根本史料』には新田氏関係の八つの系図が入っているのに、この里見系図だけは入れていない。養子説は多くの学者によって否定されたが、誕生地については未だに明らかでない。里見郷はまさに桃源郷そのままのようなところである。いたるところに、義貞誕生にちなむ多くの遺跡や伝説が残っていた。烏川の清流で産湯を使った義貞が、長じた後もしばしばこの土地に来て武芸にはげんだという伝説も、雄大なる榛名の山を背景にした美しい風土と、厚い人情に思いあわせて考えると、いかにも真実らしく思われた。
 太田市の由良で、畑地に盛り土をし、その上に立てられた「新田義貞公誕生之地」という碑を見た時と、里見の郷に立った時ではなはなだしい感懐の相違があった。台源氏由良館跡には堀跡らしいものがあっただけで、館跡を証明するものはなにもなかった。
 反町の新田館の跡はそのまま残され、義貞がここで生まれたとしても、おかしくはないが、小説の上の義貞誕生の舞台とするにはなにか私に躊躇させるものがあった。私は義貞養子説は取らなかった。そのかわり、義貞の母が里見義秀の女(むすめ)であるという説を取り、里見郷の義秀別邸(義秀は当時新田庄竹林にいた)に於て出生したという新説を創り上げた。
 新田次郎氏の「ロマンあふれる里見の地」とゆう絶賛から比べっと、新田は見事に「小説の舞台にはそぐわない地」とバッサリ切って捨てられた感じ・・・子供の頃『新田義貞』を読んだ時に、少年時代が(当時は全く知らねぇ)里見周辺のことべぇで、当時から新田氏に耽溺してたオレは「義貞公の幼少時代も新田周辺じゃねんきゃ!?なんだかなぁ・・・」と少なからず不満に思った記憶があったぃな。

 義貞公養子説・・・果たしてその真相や如何に?

(おまけ)
境内には先日群馬県名誉県民に推挙された大勲位・中曽根康弘翁の句碑もあったで。
b0004675_16185536.jpg
くれてなお 命の限り 蝉しぐれ


 この後は家族の罪滅ぼし?に高崎駅のイーサイトを見物、「群馬いろは」に寄って帰ったぃね。

 秋の里見周遊編、これにて了。

 里見山光明寺 (ちず丸リンク)

 さとみ物語 (館山市ホームページ) 
 
【参考文献】
 『新田義貞・上』 新田次郎 p29-31 新潮文庫 1976
[PR]

by dr_suzuki | 2011-09-24 16:27 | ぐんま | Trackback | Comments(2)
2011年 09月 24日
里見の郷を歩く ~ 郷見神社 (高崎市下里見町)
 『新田正伝記』、『新田族譜』、『里見系図』などの史料によると、新田の雄・義貞公が里見氏からの養子であることを示唆してるらしいんだぃね。(十分な確実性はねぇんだけんど)東毛びいきのオレとしちゃぁ義貞公は、ぜひ新田出身であってほしいんだけんどなぁ。

b0004675_15535942.jpg 秋の彼岸、23日。天気もおーかいいんで家族サービスで榛名の里見に梨狩りに行ぐことにしたんさ。・・・せっかく里見まで行ぐんだし、そんな義貞公伝説に関連した神社仏閣に寄ってくることにすんべぇか。(・・・梨と引き換えにオレの道楽に巻き添え食った家族(笑))

 まずは里見の梨園で梨狩り!瑞々しい梨を十分堪能。いやぁうんまぃ!梨で腹が満たされ、下里見へ。国道406号のセブンイレブンの後方の丘上に郷見(さとみ)神社があるんさ。(家族はセブンイレブンに置き去り(笑))


 古くは里見氏の祖、里見義俊が、源氏の氏神として八幡神を祀ったのがはじまりとされ、場所武田信玄が西上州を支配した時より諏訪神社であったが、明治時代に下里見地区内の各社を合祀合具し、社格も村社となり郷見神社に。 新田一族の里見義成が築いたとゆう里見城が南の小高い山に隣接してたんだと。

b0004675_15434646.jpgb0004675_15435348.jpgb0004675_15441833.jpg
村社郷見神社/石段を上って/鳥居は享保年間建立
b0004675_1548192.jpg
 石段を上ってぐと真っ赤な前宮合祀社殿。そん中には合併した神社の立派な社殿(八幡宮・月読宮・諏訪大明神・天満宮)が収められてたで。中でも八幡宮は「里見義俊、源家の氏神、岩清水八幡宮を勧請」と伝わっているらしい。

b0004675_1546369.jpg
ここで前宮の石祠を何気に見っと・・・

b0004675_15464018.jpg
!? 
石祠の屋根の所に顔が彫られてるで!こんなん東毛じゃみたことねんねぇ!

b0004675_15465833.jpg
更にたまげたことに、正面には・・・これ三猿なんきゃ!?

 とゆーことは・・・これ庚申塔なんきゃ?すると屋根に彫られてるんは猿田彦神?(仏教系では青面金剛を主尊とするが、神道系では猿田彦神を主尊とする)
 うーん、東毛にはみかけねぇ文化だ・・・!庚申思想は奥がまっさか深けぇやぃなぁ・・・!

さて更に上ってって
b0004675_15483318.jpg
郷見神社

b0004675_15501538.jpg
神社の由来
その中に「新田義貞公は里見に生まれる」

 うーん、やっぱ養子伝説が里見にはあるんだねぇ。

b0004675_15504213.jpgb0004675_15505863.jpgb0004675_15505198.jpg
神社社殿の裏には青面金剛をはじめ石仏多数/青面金剛/里見城址から城山稲荷神社

b0004675_1552129.jpg
境内の「里見城址」説明板

 説明板には
 南北朝時代に南朝の雄として活躍した新田義貞は幼少の頃、里見の地で育ち、長じて新田宗家の養子となったという説が里見地区では定着している。義貞は幼名を里見小五郎と称していたといい、その幼名にちなんだ小五郎谷戸、小五郎橋、医者が清水、安養寺などという呼称が称されている。
 とあるで。
 その幼名にちなんだ小五郎谷戸、小五郎橋、医者が清水、安養寺ってゆうんも見てみたかったけんど、地元の人じゃねぇとわかんねんべなぁ。誰か知ってる人がいたらおしえてくんない。(来年梨狩りにでも来たときに寄ってみんべ)

 社殿の裏の小山に古墳があって、地元では「伝豊城入彦命」の古墳と伝わってるんだそうだぃね。古墳と聞けば取り敢えず(笑)上ってみた。墳頂には平成4年に建てれた八幡宮もあるで。(また分祀しちゃったん?)
b0004675_15523694.jpg
古墳墳丘


 それにしてもここは三猿の石祠が思わぬ収穫だったぃなぁ。

 さて次は義貞公の養子説の碑が建ってるとゆう中里見の光明寺に行ってみんべぇか。

 郷見神社 (ちず丸リンク)

(つづく)
[PR]

by dr_suzuki | 2011-09-24 16:05 | ぐんま | Trackback | Comments(0)
2011年 09月 24日
愛宕山/庚申山 (みどり市笠懸町阿左美)
b0004675_11525763.jpg
愛宕山/庚申山 (みどり市笠懸町阿左美)
自称「山」だけんど、完全に「岩」(笑)

18日の笠懸自転車行脚・・・最終目的地はここ。

 琴平山の東麓、現在は住宅地の合間にひっそりと聳える高さ10mかそこいらの岩山。(国道50号からも見える)入口には「愛宕山庚申山入口」の石碑が建ってる。鳥居には「愛宕山」。そして岩山の周囲にいくつかの石祠がまつられているんさね。愛宕信仰・庚申信仰の祭祀の場所だったんだとは思うんだけんど、庚申塔はあんま残ってねんだぃねぇ。今でも10月には岩の前の土俵で地元の子供達の奉納相撲があるって聞いてるで。
 
b0004675_1154757.jpgb0004675_11541435.jpgb0004675_11542251.jpg
b0004675_11544148.jpgb0004675_11545999.jpgb0004675_11591788.jpg
鳥居には「愛宕山」/岩の前の土俵/南から
入口の「愛宕山庚申山入口」の石碑/東端/南東側から

b0004675_11582944.jpg
石祠がいくつか祀られてる

b0004675_11534722.jpg
「危険 登るな」ってことなんで、はぁオレも分別ある大人なんで遠慮しといたで(笑)
岩上には愛宕の石祠があると聞いてるで


 高山彦九郎 『澤入道能記』 (天明2年;1782)にはこんな記述がある
天明二年四月七日
上鳥山人家を経石橋あり二郎右衛門橋と号す、雄橋雌橋をわたり成り塚を過ぎ西ノ村に出つ、藪塚浅美を経岩宿を過く、これまた浅美の内なり、左山上に大なる岩あり因て名とす
 「左山上に大なる岩」ってこの岩のことなんかな?・・・この辺の「岩宿」って地名も、この岩山から起こったんかね?(琴平山の大間々扇状地見晴し台のとこの岩もなっからでっけぇかんなぁ)

愛宕山/庚申山 (Yahoo!ロコ)

※自称「山」なんで、東毛漫遊山歩きタグに分類しとくか。未踏峰だけんど(笑)

【参考文献】
高山彦九郎 『澤入道能記』 (天明2年;1782)
[PR]

by dr_suzuki | 2011-09-24 12:04 | 東毛(+両毛)漫遊 | Trackback | Comments(0)
2011年 09月 23日
J2 第29節 vs 大分トリニータ
b0004675_9293018.gifザスパ草津 1-1 大分トリニータ

b0004675_23425427.jpg 今日は予告の通り家族サービスでホーム戦欠席さね。

 お昼過ぎに家を出て、榛名里見で梨狩り。梨もうんめぇし、黄桃もうんまぃ!
 里見を周遊して、ブログネタも仕入れて、今度ぁイーサイト見物に高崎駅へ。
 高崎駅に入ぇる直前に、突然の驟雨。敷島の同志の皆さんも、びしょ濡れだったんじゃねぇん?

 またも後半終了間際に、集中力が切れちゃって決められちゃったんだってね。
 お医者様でも草津の湯でも、これはずっと治んねぇんかねぇ。
 まぁ今日は観てねぇし、あれこれゆえる立場じゃねぇけんど。

 来年のプレーオフに備えて、せめて6位にはなりてんねぇ。

 現在13位 (10勝4分12敗;勝点34、得失点差-9)

 【J2:第29節 草津 vs 大分】レポート:草津、虎の子の1点を守れず。守る草津、攻める大分のバトルは痛み分け。 (J'sGOAL)
[PR]

by dr_suzuki | 2011-09-23 23:45 | ザスパ | Trackback | Comments(2)
2011年 09月 21日
長昌寺A号・B号古墳 (みどり市笠懸町西鹿田)
b0004675_19504417.jpg
長昌寺A号古墳 (みどり市笠懸町西鹿田):みどり市指定史跡

 (18日午後)家に帰ってきても何にもすることがなく・・・そのまんま無為に休日の午後を過ごすんはもったいねぇ気がしたんで、青面金剛と二十二夜塔を探しに、家のクロスバイク(限りなくママチャリ(笑))で炎天下の中繰り出すことにした。石仏探しは、自動車より自転車の方がいろんな意味でいーんだぃね。(石仏のある路傍には車を停められねぇことが多々あるし、車だと速すぎてよくわかんねぇんさね)

 笠懸町内で、目的のいくつか石仏の画像をデジカメに収め、今度ぁ炎天下の中、西鹿田(さいしかだ)の長昌寺へ行ってみた。ここには長昌寺A号・B号古墳ってゆうのがあって、庚申塚(庚申塔がいっぺぇある)になってるって噂だぃね。

 ちょっとヒルクライムっぽくなってるじゃねーきゃ、西鹿田。こりゃ体力がいるぜ。それにしても群馬の県道は本当に自動車のための道路で、自転車向きじゃねぇことがよくわかるな。・・・長昌寺に到着。汗びっしょり。おーっ!石仏多数!

b0004675_1951180.jpgb0004675_1951819.jpgb0004675_19511523.jpg
b0004675_19515738.jpgb0004675_19521193.jpgb0004675_19521857.jpg
長昌寺本堂/石仏多数~!/この辺りには珍しい道祖神
A号古墳の墳頂の五輪塔/巳待塔(珍しい)/こんな円柱の青面金剛文字塔もある


b0004675_19524063.jpg
長昌寺A号古墳 ・別名開山塚百庚申塚

b0004675_19525427.jpg
長昌寺B号古墳 ・歴代住職の墓所になってる


 で、石仏は、まぁずいっぺぇあったんだけんど・・・目的の青面金剛像の庚申塔も如意輪観音の二十二夜塔もねぇし・・・

b0004675_1954752.jpg 気力が残っているうちに次のポイントへ。次は鹿田山中腹の清泉寺(右)、完全ヒルクライム状態になって、はぁ疲れまくり。・・・下って阿左美地区の寺院・他を巡って、結局計2時半も自転車で石仏探索行脚。まぁデュアスロンの練習したと思えばいいか(笑) 史跡探検に使える、いい自転車がほしいやぃなぁ。


 まぁ、この日の石仏探検の成果は、ライフワークとなってるGoogleMapの東毛の「青面金剛」東毛の「二十二夜塔・如意輪観音」をみてくんなぃ!
[PR]

by dr_suzuki | 2011-09-21 19:56 | 東毛(+両毛)漫遊 | Trackback | Comments(0)
2011年 09月 21日
生粉打ちそば 狸庵 ほりこし (足利市大月町)
b0004675_1915451.jpg
生粉打ちそば 狸庵 ほりこし (足利市大月町)
夏季限定・わさびそば


 暑かった連休のことを書いてぐとすっか。

 午前中、佐野まで用事で出かけたで。北関東道が完成したんで、佐野はまぁず近くなったぃね。(30分で着くもんな)

b0004675_19155552.jpg 用事を済ませて、帰ぇりに国道293号沿いの、足利IC近くの「生粉打ちそば 狸庵 ほりこし」に寄ってみた。残暑厳しかったんで、夏季限定の「わさびそば」を注文。

 いやぁうんまかった!ソバはうんまぃし、店内キレイだし値段も安くって良心的!何より(田舎の)ソバ屋なんに完全禁煙なんもすんばらしい。

 クオリティ高けぇオススメの店だぃね!ぜひまた行きてぇやぃ!

生粉打ちそば 狸庵 ほりこし (完全禁煙)
0284-42-3091
足利市大月町831-5
[PR]

by dr_suzuki | 2011-09-21 19:18 | 東毛(+両毛)漫遊 | Trackback | Comments(0)
2011年 09月 18日
J2 第28節 vs 京都サンガF.C.
b0004675_1232697.gif京都サンガF.C. 3-1 ザスパ草津

 今日は午後の炎天下、2時間半もママチャリで石仏探してたぃね。(駐車場がねぇとこも多いんで、探索は車より自転車が便利なんだけんど、さすがにくたびれたで 笑) 成果もそれなりにあったし、東毛漫遊ネタもいくつか確保!

 家に帰ぇってきて、さっそく成果を画像整理。試合開始は19時と勘違いしてたんで、気づいてあわてて18時半頃J'sGOALを見っと・・・すでに3-0じゃねーきゃ・・・orz

 2005年の西京極での6-0のジェノサイドの再来?と思ってたけんど、3-1で終了。後半は何とか持ち直したんだんべけんど、今の状態じゃいきなしの3点ビハインドははぁおーか厳しいやぃなぁ。

 23日のホーム戦で、今後に期待を抱かせる試合内容と結果になることを期待。・・・オレは家族サービスの予定だけんどね・・・orz

 現在13位 (10勝3分12敗;勝点33、得失点差-9)

【J2:第28節 京都 vs 草津】レポート:前半は京都、後半は草津。互いにペースを握るも前半の3点が響き、京都が勝負をものにする。 (J'sGOAL)
[PR]

by dr_suzuki | 2011-09-18 22:27 | ザスパ | Trackback | Comments(0)