「ほっ」と。キャンペーン
<   2010年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

2010年 12月 31日
【Nike+】 2010年12月の記録
 昨日のランで今年も納めとすっか。12月も目標の100km超/月達成。これで16ヶ月連続~!12月下旬となると、さすがになっから寒くなってきたんさね。

Nike+ ■2010年12月TOTAL■
b0004675_13342651.gif


2010年走行距離合計 1327.18km
b0004675_13345523.gif
 2010年は目標の1200km/年を大きく上回れたで。おまけに故障もなく、健康を大きく損なうこともなく1年の約2/3の日に欠かさずランニングした自分の愚直さをまぁずほめようじゃねーきゃ。来年は今年の記録を少しでも上回れるように精進すんべ。

 来年はいよいよハーフマラソンに挑戦!「いつかはフルマラソン」の目標に更に近づこうじゃねーきゃ!

 それでは皆さん、良いお年を!

ランニングマガジン courir (クリール) 2011年 02月号 [雑誌]

ベースボール・マガジン社


[PR]

by dr_suzuki | 2010-12-31 13:42 | Nike+ | Trackback | Comments(0)
2010年 12月 25日
冬の冠稲荷神社 (太田市細谷町) 【山茶花】
b0004675_132235.jpg
冠稲荷神社参道に山茶花咲く

 色に乏しい冬に花が咲く、「山茶花(さざんか)」。生垣とか民家の軒先でも良くみかけっけど、意外に「山茶花の名所」ってあんま聞かねぇやぃなぁ。

 太田方面に行ぐ機会があったんで、「太田 山茶花」でググってみたで。そしたら新田の「山茶花」っつー名の喫茶店さんがずっと上位に(笑)そんな中、「冠稲荷神社の山茶花」が検索されたんで冠稲荷神社に寄ってみることにしたで。冠稲荷神社は、春の木瓜秋の金木犀が有名だけんど、冬は山茶花なんかね。

b0004675_1334619.jpgb0004675_13421.jpgb0004675_1341837.jpg
b0004675_1344044.jpgb0004675_1345296.jpgb0004675_135062.jpg
b0004675_1353511.jpgb0004675_1354383.jpgb0004675_1355161.jpg


 参道には紅の山茶花が咲いてる。ただ(思ったより)花が密集してるっつーわけじゃなくって、境内の所々に咲いてるって感じかな。神社には山茶花は良く似合わぃね。せっかくなんで境内を散策。百狐社の小さな狐の置物、まぁずいっぺぇでびっくらこいた。

 ・・・帰ぇりに太田高校の脇を通ったら、東の生垣に山茶花が密集して咲いてたで。密集度としちゃ学校の生垣とかのほうが立派なんかもしんねぇね。

 東毛のどっかに山茶花の名所でもつくりゃいんにねぇ。

b0004675_136356.jpg
b0004675_1365289.jpg


 安らぎの宮の森::冠稲荷神社 (公式)
 宮の森 花暦ブログ
[PR]

by dr_suzuki | 2010-12-25 13:15 | 東毛(+両毛)漫遊 | Trackback | Comments(0)
2010年 12月 13日
第28回 たてばやし駅伝大会 【4km】
 昨年、たてばやし駅伝大会に参加。これが意外や意外おもしろかったんで、今年は太田の職場内で、もっと盛り上げようと2チーム作ってチーム対抗戦をやることにした。(各人4km x チーム5人=20km)そして「駅伝後の打ち上げで負けたチームは勝ったチームにおごらなくてはいけない」というルールを設定。チームは若手主体のTeam RTとオレも属する不惑越え主体のTeam MD。それぞれのメンツは以下のとおり。(すべて男性;区間は館林・城沼陸上競技場発着の4kmの周回コース)

Team RT (平均年齢約31歳)
第1区:精鋭が集まり誰もやりたがらない第1区を買って出たK君(2回目出場)「嫌なことは早く終わらせる主義なんで・・・その後に皆さんの苦しむ姿をじっくり眺めさせてもらいます」と。そして去年同様、練習は全くせずに望むと宣言。「だって練習したら疲れるじゃないですか!?」・・・チーム最年少なのに・・・あいかわらず。
第2区:昨年の引退宣言を撤回し、この1戦限りの復活を宣言した監督兼任のT君(2回目出場)。今年は任天堂DSも現地に持ち込まず、走りに集中する!・・・らしい。
第3区:旧富士見村から参戦した「つの」君(初出場)。駅伝初参加ということで家の周りでの練習に余念がないが、赤城の裾野では必然的にいつもアップダウンが激しいクロスカントリー状態に。「館林のような平地を走ったことがないので、どんなペースで走ったらよいかわかりません」というのが唯一の懸念材料(笑)
第4区:去年のレースで第1区も務めたチームのエース・N君(2回目出場)「忙しくて全然練習していないので、プレッシャーのかかる1区ではなく4区で気楽に走らせて下さい」とのことだが・・・TeamRTはここで勝負を仕掛ける気か?
第5区:唯一の館林市民のため今年もエントリーやらなんやら雑務を一気に引き受けてくれたS君(2回目出場)、あんがとー!Team RTの中では群を抜く夏場の練習量を誇り、先の太田スバルマラソン5kmにも参戦。駅伝に向け事前調整は万全?地元にいいとこ見せられるか!?

Team MD (平均年齢約41歳)
第1区:人数不足をいいことに、助っ人として元陸上部、高崎のY先生を補強(初出場)。若い頃は100m11秒の俊足を誇ったそうだが・・・最近は全く走ってないとのこと。果たして不惑を超えた今、その実力や如何に?
第2区:Y先生が走るのならオレも!と参戦してくれたY先生の同級生、O先生(初出場)。「・・・せっかく走るのなら、何か仮装とかしたほうがいいんですよね?」って力入れるところが違うだんべ!
第3区:若く、かつ昨年まで館林で働いてたというだけでパワハラまがいでチームに強制参加させられたチーム最年少、唯一の20代のS先生(3回目出場)。しかし、実は前の職場でも2年連続で出場させられており、職場が変わっても駅伝に悪縁のある不憫な男。しかしこれで3回連続出場と、たてばやし駅伝では抜群の経験値を誇る。コースを熟知した駆け引きに期待。
第4走:オレ(2回目出場)。普段の練習量だけなら両チーム通じて間違いなく一番だが・・・相手チームのエースを4区にぶつけられ、始まる前からビビり気味。なんとか逃げ切って次の最終5区につなぎたいところだが・・・
第5区:皆の参戦要求に、重い腰を上げた初出場の監督兼任のH先生(初出場)「よし!明日から自転車通勤するぞ!」と宣言・・・しかし宣言通り自転車で来たものの、それが「電動アシスト付き自転車」だったことは皆を唖然とさせた。

 今年はたてばやし駅伝に何チーム参戦するかは知らないが、今回は他の参加チームよりも相手のチームに勝つことのみが互いの目標である。なにせ「打ち上げの飯と酒がかかっている」のだ。

 12日朝、快晴。東武桐生線→伊勢崎線で館林駅に向かう。途中S君から受付を済ませたとのメールが来る。本日は82チームの参加だそうだ。昨年より10チーム余り少ないが、昨年のヘタレチームが敬遠したのか、はたまた参加料の値上げ(1000円アップ)が効いたのか・・・いずれにせよネタチームのオレたちより遅いチームがいくつかエントリーしてくれているのを祈るばかりである。

b0004675_12461514.jpgb0004675_12462462.jpgb0004675_12464213.jpg
館林駅/駅の前の狸/釜玉うどんの屋台登場

 館林駅に到着。駅前の道を東へ約1km歩くと、そこが会場の城沼陸上競技場だ。風も強くなく、思ったほど寒くもなく絶好の駅伝日和。もうすでに小学生の部が始まっており、応援の父兄もたくさん集まり、周辺はかなり賑わっている。新たな館林の名物・釜玉うどんの屋台も出ていた。食べてみたかったのだが、これで満腹になって腹が痛くて走れなくなってしまうとチームに迷惑をかけてしまうので自重する。(→駅伝が終わった時には閉店してたorz)

b0004675_1250710.jpg RT、MD両チーム計10名が決戦の地、館林に結集。互いに健闘を誓いあう。・・・各人てんでバラバラに思いのままにウォームアップ。輪になってウォームアップしてるチームもあるのにこの体たらく(笑)。間もなくレース開始。先頭走者の招集がかけられる。元陸上部の魂、寒いのに気合いの入ったランパンスタイルのMD/Y先生。駅伝なのにタスキを忘れてスタートラインに並んじゃったよー!(オイオイ!一同大爆笑)
 
 10時スタート。第1区は各チームの精鋭ぞろい。速いのなんの!(1区だけ最初にトラック半周200mがプラスされる)1区のY先生、いいペースで戻ってきた。さすが助っ人に呼んだだけはある。なんだかんだで「昔取った杵柄」は生きてるなー。最初の「タスキ忘れ事件」がなかったら本当にカッコ良かったのに(笑) RT/K君も今年も当日まで温存した力を発揮。「(2区以降の)みなさんと違って最初の陸上競技場半周の200mの分、余計に走ったせいかすごくバテました・・・残り200mがもう遠くて遠くて。本当はもう終わってるはずなのに・・・1区になったことを本当に後悔しましたよ」との談。それでもY先生との差をわずか3分半にとどめ、2区へと託す。(下馬評では5分差がつくのではと思われていた)
b0004675_12493173.jpg 第2区、MD/O先生は宣言どおり「カエルのカブリモノ」を持ってきた(笑)「いやー、カブリモノしてると沿道から声援がすごくもらえるんですよー!こりゃいいですねぇ!」って、何か違う楽しみを開眼しちゃったのか? 監督兼任のRT/T君は「昨年ブログに書かれちゃったんで、もうさすがにDSもって来られなかったんで・・・今年はPSP持ってきて待ち時間にモンハンやろうと思ってたんですが・・・」なんて暢気な事前のコメントだったが、実は普段から運動をしているので、なんだかんだいってるけど速いのである!今年は走った後に「引退宣言」をしなかったので、そのことを問うと「今は試合が終わったばかりで何も考えられませんが、引退する際はキチンと記者会見の場を開きたいと思います(笑)」とコメント・・・今年は満足した走りだったんだな。ここでRTチームが大きく差を詰め、MDチームがわずかにリードして3区へ。
 第3区、MD/チーム最年少の期待のS先生スタート!続いて平地を初めて走るというRT/つの君スタート!つの君はさすがに富士見の高地で鍛えているせいか速い!レース後、本人いわく「後追いだったし、初めてのレース参加でペース配分もわからず、周りの人のペースにも引きずられ・・・後半バテバテで。平地の駅伝を走るってこんなに難しいと思わなかった」だそうな。S先生を追い抜き、4区のエース、RT/N君へ。さすがに余裕の走り。第4区のオレはS先生(MD)の到着を待ったが、なかなか来ない。S先生予想外の大失速!・・・タスキを受けたが、すでにN君とは2分余の差をつけられている。先行するN君に少しでも追いつこうと、前半は身の程を知らぬ実力以上のハイペースで走ってしまい、完全にペース配分を誤り後半ヘロヘロ。結局N君の姿は一度も視界に捉えることもできず、タイムも昨年より30秒ほど遅くなってしまった。これが老化ということなのか?N君は何度か後ろを振り返ってオレが追ってこないことを確認する余裕があったそうだ。(くそー!)
 RTは第5区アンカーのS君へ。MDもアンカーのH先生が「必ずここへ帰ってくると~手を振る人に笑顔で応え~」と、まるで宇宙戦艦ヤマトの主題歌のごとく特攻出撃。既に3分余差がついてしまい、敗戦濃厚だが・・・勝負は下駄を履くまでわからん!そんな中、S君は練習の成果か、単に地元・館林でいいとこ見せたかったのか(笑)、昨年よりも1分近くタイムを縮めゴールイン!RTチームの勝利決定!

b0004675_12504036.jpg その頃、H先生は「もし苦しくなったら、すぐに歩いちゃうからな」と宣言していたため、鶴生田川沿いの直線に様子をうかがいに行ってみると・・・もう見事に歩いてるし(笑)オレたちを見つけると、また走り始めた(笑)のだが・・・そこからゴールまではあと1.5kmほどなので、H先生を皆で鼓舞。陸上競技場のゴール地点で待つことにする。


 ゴール地点に行ってみると・・・
b0004675_124915100.jpg
もうすでにスタッフが撤収始めちゃってるし(笑)!

b0004675_1251527.jpg あのー、まだうちのチームがフィニッシュしてないんですけど・・・そうこうするうちにやっとH先生が無事に生還、ゴール!結局TeamRTと10分以上水をあけられ、惨敗!ということはまさか・・・ウチのチームがビリなん??と思ったら最後から4番目でした。ビリじゃなくって一安心。


 陸上競技場を後にして、去年の同じく、みんなで仲町の「天ぷら栄」に行ってみたが激混み!なんで、朝日町の「鼎」に行って反省会&打ち上げ。今年も駅伝をネタに大きく盛り上がりました。オレは館林ということで、またも名物の川魚を食べることに。カロリー補給も兼ねて「うな重」を選択。うまかった!・・・打ち上げ代金は約束通りTeamMDのメンツで全額支払い・・・

b0004675_12473461.jpgb0004675_12475424.jpgb0004675_12481641.jpg
「鼎」のうな重/東武佐野線へ/葛生行き

 帰りは館林駅から東武佐野線に乗り鉄。佐野駅で両毛線に乗り換え家路に。両毛線の車掌が女性だったのはびっくりしたなぁ。両毛線は冬季はドアを手で開けなきゃならないことをすっかり忘れてた(笑)


 またまた盛り上がった「たてばやし駅伝」。チーム対抗戦は個人戦と違う辛さや楽しさがありますなぁ。来年はどうなる(どうする)だんべか?

b0004675_12485330.jpg
賞品は館林のゆるキャラ「ポンちゃん」をデザインしたエコバッグ


オレの記録
第4区(4km):19分33秒 (区間45位)

男子一般の部20km(4kmx5人)
TeamRT 1時間39分05秒 順位 56位/82チーム
TeamMD 1時間52分36秒 順位 79位/82チーム
[PR]

by dr_suzuki | 2010-12-13 13:23 | 東毛(+両毛)漫遊 | Trackback | Comments(4)
2010年 12月 08日
オレの2010年ザスパ草津観戦記録
b0004675_22585955.gif 今年もオレの観戦記録をまとめてみたぃね。

 まぁいっつものことながら土曜は仕事で最終戦に行ぐことがでぎなかったんで、何となく自身の心の中でモヤモヤの決着は着かねぇまんまさね。

 観戦できたんは、以下の14試合。前年比+2さね。日曜の試合が多くて救われたぃね。今年観戦したJ2リーグ戦は、7勝2分5敗(PSM含む)。アウェイは2試合だぃね。行ごーと思ってた千葉フクアリに家事都合で行げなかったけんど、来年もチャンスがあらぃねー。

【オレの2010年ザスパ草津戦観戦記録】
第2節 ● 0-1 愛媛FC 03/13 正田醤油スタジアム群馬(H) 
第3節 ● 0-3 横浜FC 03/21 正田醤油スタジアム群馬(H)
第6節 △ 0-0 栃木SC 04/11 栃木県グリーンスタジアム(A)
第9節 ○ 2-1 カターレ富山 04/29 正田醤油スタジアム群馬(H)
第11節 △ 1-1 ギラヴァンツ北九州 05/05 正田醤油スタジアム群馬(H)
第13節 ● 1-4 ヴァンフォーレ甲府 05/15 正田醤油スタジアム群馬(H)
第15節 ● 2-3 柏レイソル 05/30 日立柏サッカー場(A)
PSM ○ 3-1 浦和レッドダイヤモンズ 07/05 正田醤油スタジアム群馬(H)
第18節 ○ 2-1 アビスパ福岡 07/17 正田醤油スタジアム群馬(H)
第21節 ○ 2-1 栃木SC 08/08 正田醤油スタジアム群馬(H)
第24節 ● 1-4 徳島ヴォルティス 08/29正田醤油スタジアム群馬(H)
第26節 ○ 2-1 FC岐阜 09/19 正田醤油スタジアム群馬(H)
第34節 ○ 2-1 ファジアーノ岡山 11/14正田醤油スタジアム群馬(H)
第36節 ○ 2-0 ジェフユナイテッド千葉 11/23 正田醤油スタジアム群馬(H)

 今年の観た中で最も印象深ぇ試合は、ダービーとは名ばかり、プライドも捨てた屈辱のアウェイ栃木戦かな。本当にあん時は心が折れたもんなー。それだから8月のホーム栃木戦で逆転勝ちしたときはおーかうれしかったぃね。

 一気に半分近くのメンバーが戦力外や退団。毎年作っては壊してるような気もするしなー。ベテランをばっさり切ったんは経営がまぁずやべんかなぁと勘繰っちまわぃね。もし「泣いて馬謖を斬って」本当にJ1に昇格を狙ってるんなら、選手の補強も大事だけんど、スタジアムの問題とかクリアすべき問題がいっぺぇあるんじゃねぇかと思うんだけんどね。

 来年は昇格してきた鳥取、降格してきた京都(都合が合わなくって今までなぜか一度も観てねんだぃね)、FC東京のホーム戦、北関東道開通で行ぎやすくなった栃木、水戸のアウェイあたりを中心に観戦計画を練ってみんべぇかね。でもセガレの野球部の関係もあるし、今年より観戦数は減りそうな予感だぃね。(・・・新田の英雄・ハンカチ王子の応援にも行がねば!)

 そして・・・

 この5年間、ザスパのエースとして活躍してくれたヤス・・・。まだまだ活躍できるんに、貧乏クラブゆえ切らざるをえなくなったんは何とも断腸の思い。泥臭いプレー、若けぇヤツよりピッチを駆け回り粉骨砕身する姿・・・・オレの観た中でも思い出してみれば、ハットトリックを決めた2006年のサカラグの天皇杯3回戦岐阜戦、2007年決勝点を決め、ザスパのエンブレムにキスしながらゴール裏に駆け寄ってきた熊谷陸上の水戸戦、終了近くに大興奮の起死回生同点弾を決めた松本アルウィンでの東京V戦、忍者の様に背後から忍び寄りボールをかっさらった2008年の徳島戦 etc・・・興奮と歓喜の中心にはいつもヤスがいたで。草津サポを心底魅了したフットボールプレーヤー・ヤス、本当にありがとう&お疲れさま。「ザスパのエース・高田保則」をオレは絶対に忘れねぇで。
b0004675_1844726.jpg


・・・来年はどーなるんだんべ、ザスパ?
[PR]

by dr_suzuki | 2010-12-08 18:15 | ザスパ | Trackback | Comments(2)
2010年 12月 06日
オヤジの修行 ~近づくか解脱の日の巻~
b0004675_12594699.jpg
苦しいこともあるだろう
言いたいこともあるだろう
不満のこともあるだろう
腹のたつこともあるだろう
泣きたいこともあるだろう

これらをじっとこらえてゆくのが「夢と魔法の王国」での「オヤジの修行」である

12月5日、千葉県浦安市にて

オヤジ道のステージを高めるため再び冬のネズミーシーに家族で行ぐ。

この時期は、その寒さに加え、
ネズミー教祖様はもちろん、新しく加わった手下のクマの攻撃にどう対処してぐかが問題さね。

そんな覚悟で行ったオヤジの修業・・・これまでで一番だったぃね。

12月とは思えねぇ暖っかさ。
ファストパスもはぁ子供たちが自分たちでガンガン取りに行ぐしなー。

まもなくここでのオヤジの修業の終了の日も近けぇんかな。

今回の最大の苦行は帰ぇりの首都高の小菅ジャンクションの工事だったぃなぁ。
首都高小菅~堀切あたりは、もう一度造り直したほうがいんじゃねぇか。


b0004675_130116.jpgb0004675_1301070.jpgb0004675_1302190.jpg
b0004675_131116.jpgb0004675_1312288.jpgb0004675_1313326.jpg
b0004675_1314869.jpgb0004675_1315722.jpgb0004675_132823.jpg
b0004675_1323422.jpgb0004675_1324484.jpgb0004675_133060.jpg
b0004675_1333354.jpgb0004675_1334763.jpgb0004675_1335883.jpg

[PR]

by dr_suzuki | 2010-12-06 13:14 | 群馬を離れて | Trackback | Comments(4)
2010年 12月 06日
【Nike+】 「両毛ダービー 群馬 vs 栃木 2010」 結果!
 2010年のJ2リーグも無事終わり、医療人のための群馬弁講座主催のNike+チャレンジ「両毛ダービー 群馬 vs 栃木 2010」も無事終了。結果は以下の通り、35名のチーム栃木を抑え、30名のチーム群馬が勝利!上位に群馬が多かったんが勝因だんべねぇ。
b0004675_12315917.gif

 個人別は以下の通り。(Nike+のサイトの画面をキャプチャしたものを編集)
b0004675_12311212.gif

 特別賞は2010 J2リーグでザスパ草津は12位、栃木SCは10位だったんで、その順位の人に・・・だけんど、10位はオレじゃねーきゃ!・・・12位のkobataka711さん、御希望だったらオレんところまでメールくんなぃ。

 来季も同じ条件で、また Nike+チャレンジ「両毛ダービー 群馬 vs 栃木 2011」を開催する予定なんで、Nike+をお持ちの方は、ぜひまた参加してくんなぃ!来年のJ2は鳥取の加盟で20チームになる予定さね。

 ・・・個人的には、期間内に1000kmに届かなかったんと、草津サポ仲間のウータンさんに負けたんがおーか悔しいやぃね・・・!
[PR]

by dr_suzuki | 2010-12-06 12:38 | Nike+ | Trackback | Comments(4)
2010年 12月 04日
J2 第38節 vs 柏レイソル
b0004675_22585955.gifザスパ草津 0-4 柏レイソル

 予告どおり仕事で行げず。NHK-FMを聴いてたで。
 最終戦とは本当に縁がねぇな。まぁ仕事が大事なんでしょうがねぇね。
 ヤスにねぎらいの言葉をかけたかったけんど。(しつっけぇようだが再契約してくんねぇかな)

 群テレの中継録画も中途半端でなんだかなぁ。

 またも柏にフルボッコにされ、5連勝も来季以降にお預け。
 そして12位に転落し、栃木の後塵を拝しちまったんが、なっから悔しいで!!

 チームはガラガラポンで、来季の姿が全くみえねんで、テンション下がりまくり。

 今季のことも、もう少したったらまとめてみっか。
 何はともあれ、選手、スタッフ、同志の皆さんお疲れさんでした。

  2010年 J2 12位 (14勝6分16敗;勝点48、得失点差-12)

【J2:第38節 草津 vs 柏】レポート:草津は、高田、廣山、崔成勇らのラストゲームを勝利で飾れず涙の別れ。柏はラインダンスでJ2卒業(10.12.05) (J'sGOAL)
[PR]

by dr_suzuki | 2010-12-04 22:01 | ザスパ | Trackback | Comments(2)
2010年 12月 02日
【20世紀の遺物】 旧サティ駐車場・ドライブインシアター跡 (太田市高林寿町)
b0004675_028243.jpg
屹立する壁・旧サティ駐車場・ドライブインシアター MOVIX OTA跡


 東毛の「20世紀の遺物」、第3弾。

 こないだ「勝つぞ!義貞弁当」を太田市高林寿町のショッピングセンター・ラブ(旧サティ)に買いに行ったとき、駐車場北側に高くそびえる大きな壁があることに気づいたぃね。・・・これは、あの!・・・

 この駐車場にはちっと前まで「ドライブインシアター」があったんを知ってるかぃ?

 ドライブインシアターはWikipediaによると
 駐車場に巨大なスクリーンが設置されており、観客の乗った自動車は駐車場内の白線に停まりスクリーンに上映される映画を鑑賞する。音声は、自動車内にあるラジオで受信する方法の他、駐車場にあるポールから音声を引く場合もある。
 (中略)
 日本では、1981年(昭和56年)に千葉県船橋市に設置された物が最初である。その後、車社会の普及と共に全国に20か所以上存在していた。しかし、シネマコンプレックスの普及、夕方以降しか上映できないという物理的な制限、気象条件に左右される点やアイドリング・ストップの推進などから、衰退していった。2007年11月以降神奈川県大磯町の1か所のみとなっている状況であったが、2010年10月11日をもって営業を終了し、これによって国内のドライブシアターは全て閉鎖となった。
b0004675_0282049.jpg 「ドライブインシアター」・・・太田界隈で暮らしてた現在の40歳以上の人はきっとみんな知ってるんじゃねぇかと思うで。昔は映画っつーと東毛の人はみな桐生や足利に行ったもんだぃね。(当時桐生にはいくつも映画館があったんだぃねぇ。今は桐生にはひとつも映画館はねぇんだけんどね。)当時(これができた頃)の太田はとゆうと・・・駅の近くにピンク映画(これも十分「遺物」だねー(笑))をやってる小さな映画館があっただけだったんさね。そんな太田に、この「車で映画を観る」ってスタイルのシアターができたんは、当時はなっから斬新&画期的だったんだで。まぁ日本が豊かになって、ここいら辺の交通がおーか不便なこともあいまって、車がおーか普及したんで、それでこその業態だったと思うんだけんどね。もちろん映画なんで周りが暗くなんねぇとダメだったし、雨が降ってくりゃなんだかなぁだしね。映画の音声は、確かミニFM局があってカーステに送信して流してたように思うだけんど・・・はぁ忘却の彼方。まぁ当時車を持ってる東毛の若者のデートコースの定番だったぃねぇ。

 今は広告看板として使用されてるらしいけんど、往時を知ることがでぎるんは、屹立したスクリーンの下の表示のみさね。・・・今の若けぇヤツらはここが映画のスクリーンだったなんてこたぁ知らねんだんべなぁ。

b0004675_0274162.jpg
ラブ屋上駐車場から


 ショッピングセンター・ラブ (ちず丸リンク)
[PR]

by dr_suzuki | 2010-12-02 00:31 | 東毛(+両毛)漫遊 | Trackback | Comments(10)
2010年 12月 01日
【Nike+】 2010年11月の記録
 11月も目標の100km超/月達成。これで15ヶ月連続~!今年はあんま寒くねんねー。2月の「桐生市堀マラソン」は身の程知らず?か初の「ハーフ」にエントリーしちゃったよー。・・・どうなることやら。目標ができたんで、精進するっきゃねぇな。

Nike+ ■2010年11月TOTAL■
b0004675_1051634.gif2010年走行距離合計 1212.08km


■Challenge■
b0004675_2354774.gif両毛ダービー 群馬 vs 栃木 2010
ルールはこっち

b0004675_1054334.gif まもなく終了!有資格者は10月までにエントリーしてくれた65人(群馬30人/栃木35人)。オレは971.12kmで総合9位、チーム群馬内6位。賞品対象となるザスパ草津、栃木SCの順位は12月1日現在、草津は10位、栃木SCは11位・・・草津が4連勝で栃木を抜いたで!残りは最終節の1試合のみ!果たして最終順位はどーなるんかねー?

ランニングマガジン courir (クリール) 2011年 01月号 [雑誌]

ベースボール・マガジン社


[PR]

by dr_suzuki | 2010-12-01 10:09 | Nike+ | Trackback | Comments(0)