<   2009年 08月 ( 20 )   > この月の画像一覧

2009年 08月 31日
「サッポロ一番 B級グルメ団 上州太田焼そば」
b0004675_14443061.jpg
「サッポロ一番 B級グルメ団 上州太田焼そば」

 太田市SNSでカップめん焼そば「サッポロ一番 B級グルメ団 上州太田焼そば」が話題になってたぃね。

 太田市内のスーパーやコンビニで売ってるって話だったんで、今度太田に行ったときに買ってみっかと思ったら・・・土曜、たまたま行った大間々の○イシア様で山積み(笑)で売られてたで。他のカップ焼そばより、ちっとんべ高かったけんどね。

 サッポロ一番の発売元、サンヨー食品のサイトで調べたら、これこの辺りの地域限定じゃなくって全国発売なんだねー。まぁずすげぇじゃねぇか。

b0004675_14452842.jpg
 早速、食ってみたけんど太麺がなかなかいんじゃねんかね。具に(両毛地区辺りでは多い)ポテトが入ってるんもローカルさが出てていーや。

 それにしても、「太田の焼そば」、ベビースターといい、今回のカップめんといい、商品化企画の持ち込み、まっさか上手いんねー。桐生や館林のうどんあたりも、どっかの企業にカップめん化してもらって、まっと知名度上げりゃいんにねぇ。

 サンヨー食品 (公式)

 ※ いちよー「東毛のローカルフーズ」タグに分類しとくかね。
[PR]

by dr_suzuki | 2009-08-31 14:50 | 東毛(+両毛)漫遊 | Trackback | Comments(10)
2009年 08月 30日
2009 J2: 第36節 vs コンサドーレ札幌
b0004675_2313346.gifザスパ草津 2-5 コンサドーレ札幌

b0004675_22245399.jpg
b0004675_2225226.jpgb0004675_22251367.jpgb0004675_22252348.jpg
b0004675_22254146.jpgb0004675_22255249.jpgb0004675_222617.jpg
雨の中で
マッチデーびしょ濡れ/雨で霞む/試合開始
心が折れてハーフタイムに弁当食っちゃった/聡太郎のゴールで2点目・・・/2-5、歴史的惨敗・・・

 台風11号の接近で試合開始とともに強まった雨、そしてあまりにトホホなゲームにもかかわらず、最後まで声援を送った連中は全員、ザスパバカに認定。

 今日は今年の見た中でのワーストゲームだぃなー。
 前半、ほんとつまんなかったぃね。みんな全然走ってねんだもん。

 聡太郎のビューティフルなロングシュートを見れたんが、今日の唯一の救いだね。

 こんなんじゃ、ザスパバカもつれぇよ。

 現在12位 (11勝9分16敗;勝点42、得失点差-5)

【J2:第36節 草津 vs 札幌】レポート:スタンドにはブーイングすら起こらなかった。草津は札幌の勢いを止めきれずに今季最多の5失点で歴史的大敗。(09.08.31) (J'sGOAL)
[PR]

by dr_suzuki | 2009-08-30 22:37 | ザスパ | Trackback | Comments(2)
2009年 08月 28日
反町館跡 (太田市新田反町町)
b0004675_226836.jpg
新田義貞居住伝説地・反町館跡・照明寺本堂(太田市新田反町町)・・・改修工事中orz

 以前、藤の花の頃、ここには来たことはあるんだけんど、改めて新田義貞の居館跡とゆう「反町館跡」見物に仕事訪問してみたで。

 国指定史跡・新田荘遺跡の一つの14世紀初頭に築城されたっつー反町館。現在の正式名称は瑠璃山妙光院照明寺。毎年1月4日には厄除けの縁日で賑わうんさね。

 館跡に入ぇる東側には、広い堀。
 今回改めて周囲を回ってみると、見事に四方に堀が巡らされてたぃね。(水は濁ってるけんど)
b0004675_2212263.jpg
東の堀

b0004675_22121636.jpg
北の堀

 南側には土塁がよく残ってらぃね。門の所に「新田義貞公古城跡」と碑が建ってらぃね。
b0004675_2213342.jpg
南側の土塁

b0004675_22132172.jpg 現在は館跡とゆわれるところに照明寺が建立。本堂には大中黒の幕・・・だけんど本堂は現在改修工事中だったぃね。あいかわらず頭がテカテカの洗心童子がいた。


b0004675_22135664.jpg 西の堂の脇から(塀越しにっきゃ見えねぇけんど)本堂の裏手には義貞が鎌倉攻めを思案中、池の蛙の鳴き声がおーかうるせぇんで、一喝したら蛙が鳴きやんじまったつー言い伝えがある「鳴かずの池」と呼ばれている池があるんだけんど・・・水が干上がってて?水らしぃもんは見えず。

b0004675_221442100.jpg
「鳴かずの池」?


 北の土塁の上には祠(祭神不明)があるんさね。しかしここは薮っ蚊がいっぺぇorz
b0004675_22153821.jpg
北の土塁の上の石祠

 こっから北に1kmほど行った生品神社で鎌倉幕府倒幕の挙兵をした義貞は、再びこの居城に戻ってくることはなかったんだぃねぇ。
 説明板によると、後に大舘氏や新田義興、矢内氏の居城となったりっつーいい伝えもあるみてぇだぃね。詳しくは案内板の画像でどうぞ!
b0004675_22165212.jpg

 境内散策中、無人だった鐘つき堂から「ゴ~ン!」りぃ鐘が鳴ったんさ。毎時00分には機械じかけで無人で鐘がつかれるだそうだぃね・・・

b0004675_23314267.gif 反町薬師 (ちず丸リンク)

 本堂改修の作業中で、境内全景は「絵」にならねんで撮影しなかったぃね。いつか撮り直しに行ぐんべぇ。





b0004675_22225631.gif▼追記
「おおたんの史跡探検スタンプラリー」(2010)のスタンプ



[PR]

by dr_suzuki | 2009-08-28 22:20 | 東毛(+両毛)漫遊 | Trackback | Comments(0)
2009年 08月 24日
群馬県立館林美術館へ
b0004675_2013118.jpg
b0004675_14534010.jpgb0004675_1453526.jpgb0004675_1454129.jpg
群馬県立館林美術館(館林市日向町)
美術館全景/別館・彫刻家のアトリエ/キツネノカミソリ

 日曜日、「県立博物館5館夏休み企画展」事業のスタンプラリー(歴史博物館+他2館を巡る)で限定品の「ぐんまちゃんエコボトル」がもらえるってゆーんで、こないだ行った高崎の歴史博物館+近代美術館に加えて、もう1カ所、最寄り?ってことで館林の群馬県立館林美術館に行ってみたで。 館林美術館って、これまで行ったことなかったしね。

 122号線を東に。いつの間にか入口の所に「ビ○ホーム」ができてたぃね。
 おーか整備された芝生とキレイな建物。ここには数年前、コカコーラの「からだ巡り茶」のCF撮影で広末涼子がロケに来たっつー話だぃね。

b0004675_14541710.jpg まずは美術館を見物。美術館は撮影禁止なんで画像はねぇやぃね。まっと所蔵品があるんかと思ってたけんど、意外に少なかったぃね。展示室で行われてた来館者も参加OKだった日比野克彦ワークショップ DNA PLAIN(ディーエヌエー・プレーン)で制作中の巨大な貼り絵(右)の片隅に、ちょこっと家族で貼り絵してみた。(ここは撮影OKだったぃね。)


 そしてスタンプラリーの賞品の
b0004675_14542961.jpg
「ぐんまちゃんエコボトル」をゲット(セガレの分) オレンジ色(娘の分)ももらった

 美術館、冷房効いてて、涼しくってよかったんだけんど・・・庭といい、まぁず維持費かかってるんだんべなぁって感じ。オレは、無教養で芸術ってよくわかんねぇんでなんなんだけんども、魅力的なスタンプラリー(笑)とか、よっぽどのことがねぇと、たぶんはぁ行ぐことはねぇだんべなぁ。館林の人は美術好きなんかな?

群馬県立館林美術館 (公式)

群馬県立館林美術館 (ちず丸リンク)
[PR]

by dr_suzuki | 2009-08-24 15:11 | 東毛(+両毛)漫遊 | Trackback | Comments(2)
2009年 08月 23日
J2 第35節 vs 愛媛FC
b0004675_21494476.gif愛媛FC 2-1 ザスパ草津

 一度愛媛に行ってみてぇんだけんどねー。カエルの一平君もみてぇし(笑)
 スカパーのねぇオレは、J'sGOALの速報しかねぇわけだけんど・・・2-1で敗戦。

 シュートもCKもFKも相手に上回ってても、オウンゴールの1点のみ。 ・・・ orz

 まぁ前節のデキが良すぎたんかもしんねぇね。

 次のホーム戦はどうなるんだんべか?

 現在12位 (11勝9分15敗;勝点42、得失点差-2)

【J2:第35節 愛媛 vs 草津】レポート:90分間戦い抜き、進歩のあとを見せた愛媛が第3クール白星発進。粘る草津を振り切り、第1クール以来の連勝を達成。(09.08.24) (J'GOAL)
[PR]

by dr_suzuki | 2009-08-23 22:30 | ザスパ | Trackback | Comments(0)
2009年 08月 22日
「水くれ」
b0004675_10362761.gif
2009年8月20日『桐生タイムス』第12面より:赤傍線は小生挿入

 かつて上毛新聞の記事でも「水くれ」の表記があって「医療人のための群馬弁講座」の「めっけたん!?」のページに掲載したんだけんど、ザスパのメディアパートナーにもなってる桐生ローカルの夕刊紙『桐生タイムス』を読んでたら、そん中の記事にも堂々の「水くれ」をめっけたよ。

 やっぱ群馬では、水はくれるもんだんべ。 「水やり」なんてゆえねぇよな(笑)

 日常の言葉で記事を書くたぁ、さすが地元紙だぃね!すんばらしい!

【関連記事】
「水をくれないで下さい」 (拙ブログ:2005年02月04日記事)
[PR]

by dr_suzuki | 2009-08-22 10:41 | 「群馬弁」 | Trackback(1) | Comments(6)
2009年 08月 20日
岩宿の里・ハス池 (みどり市笠懸町) 【金蓮など】
b0004675_11241038.jpg
岩宿の里・ハス池:後方は岩宿博物館

 岩宿博物館と鹿の川沼の間に、ちっちゃいハス池があるんさね。
 (岩宿博物館の駐車場北に「岩宿の里・水生公園」の池が最近整備されて、古代ハスも咲いてるらしいけんど、暑ちぃし方向が逆なんでいってねぇやぃね。)


 案内板によると4種のハスがあるみてぇだけんど・・・ちっと盛りがすぎちまったかな。
おまけにコンパクトデジカメなんであんま寄れねぇし。

b0004675_15171723.jpg
b0004675_11272697.jpg
後ろの山は鹿田山


 岩宿の里・ハス池(←このあたり;Yahoo!ロコ)

【2012年8月再訪:画像を大きく入れ替え】
 いつか再撮しなくっちゃなーと思い、3年。やっと再訪でぎたんさね。今度ぁズームの効くデジカメで、おーかちっちぇぇ黄色の「金蓮」も撮影してみたで。(前回は寄れなかったんさ)・・・いやぁそれにしても暑ちかったぃなぁ。
b0004675_11285080.jpg
金蓮・平成4年に中国・無錫市から贈呈されたものだそうだぃね

b0004675_11292129.jpg

b0004675_1131728.jpgb0004675_11314198.jpgb0004675_11315564.jpg
白いハス/名称わかんね/金蓮をアップで

b0004675_11513731.jpg
中国花ハス・花弁がまっさか綺麗

b0004675_11305015.jpg
夏全開・鹿ノ川沼

[PR]

by dr_suzuki | 2009-08-20 15:18 | 東毛(+両毛)漫遊 | Trackback | Comments(0)
2009年 08月 20日
岩宿博物館 (みどり市笠懸町)
 話は、ちっと戻って15日の午前。(当日夜にアップしようと思ったんだけんど、体調不良で早寝しちゃってそのままになってた)

b0004675_11341065.jpg お盆休みで仕事は休みだったんだけんど、前日N先生の訃報があったんで、翌日曜日に計画してたことを土曜に前倒しで実施。子供たちの夏休みの宿題のレポート作成のネタにつきあい、みどり市笠懸町の岩宿博物館(旧・笠懸野岩宿文化資料館)に行ぐことにしたんさね。

 岩宿博物館、近くに住んでいながら実はこれまで行ったことがなかったんだぃね。(埴輪・古墳と新田氏モノには熱く反応すっけど、旧石器時代は守備範囲外なもんで・・・・)岩宿遺跡を発見した相沢忠洋さんの『岩宿の発見』は読んだことはあるんだけんどね。やっと夏が来たようで、なっから暑ちかったぃねー。

b0004675_113309.jpgb0004675_11331153.jpgb0004675_11333296.jpg
博物館/オリジン相沢忠洋特集号/岩宿人住居復元


 相沢忠洋さんが最初にめっけた「石槍」が9月30日まで展示されてるらしい。日本史を塗り替えた大発見のもんなんに、残念ながら未だに国宝に指定されてねんだってね。

 館内の撮影は1階と2階のマンモスゾウの全身骨格の周りだけっつーことで。
 んじゃ、お約束?のマンモスの画像を。

b0004675_11345688.jpg

b0004675_1135839.jpg
マンモスゾウの全身骨格


b0004675_11335573.jpg 岩宿博物館(公式)
 →アクセスとか開館時間とか見学料とか、まっとわかりやすくすりゃいんに・・・
  利用者のことを考えて作ってねぇよね。

 岩宿博物館(ちず丸リンク)


岩宿の発見―幻の旧石器を求めて

相沢 忠洋 / 講談社


[PR]

by dr_suzuki | 2009-08-20 11:40 | 東毛(+両毛)漫遊 | Trackback | Comments(2)
2009年 08月 19日
十寄神社 (東京都大田区)
b0004675_17234370.jpg
十寄神社 (東京都大田区)

 新田神社を後に、南へ歩く。
 次の目的地は義興公と共に討死された新田党十人(十騎)の従者を祀る「十寄神社」。案内板には徒歩5分とあるが、暑ちぃ中、しかも慣れねぇ葬儀帰ぇりの革靴(わぐつ:アクセント注意(笑))なんで、おーか長く感じらぃね。

 住宅街の中に十寄神社があった。社殿は近年再建されたみてぇで、まだその朱色が妙に周囲と馴染んでいねぇやぃね。願い事がある者は、初めに十寄神社を参詣してから新田神社へ行くと、その願い事が叶うという言い伝えなどもあるんだそうだけんど、まるっきり逆に参拝しちまった。 orz

 『太平記(巻第三十三)』では、その十人の中に世良田右馬助、大嶋周防守、由良兵庫助、由良新左衛門などの名がある。世良田も由良も大嶋も上州新田の地名を冠した姓だねぇ。上州から義興公とずっと行動を共にしてた新田一族だったんだんべなぁ。
b0004675_17235774.jpg
十寄神社・狛犬 ここにも大中黒

b0004675_1724196.jpg
鳥居左横に「十騎神社」の小社もあるんだけど?

b0004675_17243669.jpg
社殿裏の大木・複雑な幹

 次にこっから義興公が憤死されたっつー「矢口の渡」に行ってみた・・・が、ちっと道をロスト。散歩中のお年寄りに「あのー「矢口の渡」はどこでしょうか?」と伺ったら、説明が悪かったんだか、武蔵新田駅の次の「矢口渡」駅の場所を(丁寧に)教えてもらって更に道に迷っちゃった(笑)ここいら辺結構道が入りくんでる上に、全く道案内看板もねんさね。オレの携帯はGPS携帯じゃねんねで自分がどこにいるかわかんねぇし。歴史ヲタクのためにちゃんと作ってくれりゃいんに>大田区 

 やっとこすっとこ多摩川の堤防に辿り着いたはいんだけんど、すっかり革靴で両足踵に「靴ずれ」ができちまって痛てぇのなんの。そんなんで「矢口の渡し跡」や、行ごうと思ってた13名のうち岸に泳ぎ着いた後、包囲する敵の陣に襲いかかり奮戦討死した3名(土肥三郎左衛門・南瀬口六郎・市河五郎)を祀った「三体地蔵尊」の散策は断念して、泣く泣く引き返ぇすことにした。(東京の人は暑ちぃのに、せっせと堤防をランニングしてるんにはまっさか感心したで。)
 義興公の時代には多摩川はもっと新田神社側を流れていたとゆう言い伝えもあるんだそうだぃね。(矢口の渡については稲城市の矢野口とする言い伝えもある)
b0004675_17244967.jpg
多摩川・矢口の渡跡付近

 とぼとぼ歩いてぐと運良く武蔵新田の商店街に出られた。武蔵新田から渋谷に出て、湘南新宿ラインに乗って葬儀参列に乗じた東京見物も終了。東京にも新田一族の足跡はいっぺぇあるんだねぇ。東京の人たちに、大切にしてもらってることもわかってよかったよ。

 N先生、おかげさんで有意義な散策がでぎたよ。「やっぱセンセはヲタクですなぁ」と天国で笑ってくんなぃ。(了)

b0004675_0545276.gif 十寄神社 (ちず丸リンク)


【参考文献&サイト】
新田神社 (公式サイト)
現地案内板
『太平記』 (巻第三十三)
峰岸純夫 人物叢書239 『新田義貞』 p132-134 吉川弘文館 2005
久保田順一 『新田一族の盛衰』 p168-180 あかぎ出版 2003
奥富敬之 『新田諸族と戦国争乱』 p278-280 新人物往来社 1991

【追記8/23】
この件を記した『武蔵新田縁起 新田義興をめぐる時代背景』(松原武志 今日の話題社 2003)をネットで購入。新田義貞の件は、新田次郎の小説におーか影響されてる記述はあったけんど、多摩川周囲の歴史的背景がよくわかったぃね。
b0004675_17391561.jpg

[PR]

by dr_suzuki | 2009-08-19 17:48 | 群馬を離れて | Trackback | Comments(0)
2009年 08月 18日
新田神社 (東京都大田区)
b0004675_1935732.jpg
新田神社 (東京都大田区)


b0004675_1943485.jpg 南武線から東急に乗り換え、武蔵新田(むさしにった)駅で下車。
 「しんでん」じゃなくて「にった」だで。
 どうしてだかわかるかい?ここ東京都大田区に新田神社があるんだぃね。今回の目的地はここだぃね。

 義貞公には、義顕、義興、義宗の3子があったんさね。(みな異母兄弟)
 嫡男・義顕は越前・金ケ崎城で討死(1337)、義宗は新田義貞公の実弟・脇屋義助の子・脇屋義治と上州・越後各地を転戦したけんど、1368年ごろ沼田近辺で討死にしたとされてる。(詳細は不明)。
 この神社に祀られてるんは、次男の新田義興だぃね。

b0004675_1951832.jpg 義興は、越前藤島の義貞の討死(1338)後より北畠顕家軍に加わり、南朝方に参戦。観応の擾乱に乗じて、弟義宗とともに上野で挙兵。鎌倉方足利基氏を追って一時鎌倉を占領。(→足利軍の大軍勢により16日後に放棄)その後も転戦し、足利方を大いに悩ませたんさ。関東管領畠山国清は、竹沢右京亮・江戸遠江守らに命じ、義興謀殺の奸計を巡らす。竹沢の仕掛けた卑怯な罠にかかり、新田党十三人で鎌倉を目指していた義興は、多摩川の矢口の渡で移り乗った渡し舟の上で、舟を浸水させられ、矢の雨を降らせられる。「安らかぬ者かな。日本一の不道人にたばかられつることよ。七生までも汝等がために、恨みを報ずべきものを」と憤怒の中、自害。従者もことごとく謀殺されちまった。(1358;太平記巻第三十三)

 その後、矢口の渡の周囲には夜な夜な怪しい光が現れ、雷もたびたび落ちるようになり、謀殺に関与した者は、次々と義興の怨霊に悩まされ悶死・狂死したそうだぃね。

 村人達は義興公の祟りを鎮めるために、墳墓の前にこの神社を造ったんだそうだぃね。(江戸時代、平賀源内により歌舞伎・浄瑠璃「神霊矢口渡」という芝居となって有名だったんだと。「破魔矢」の発祥の地でもあるんだそうだぃね。)

 武蔵新田駅から商店街を抜けて徒歩3分ほど。右手に木立に囲まれた新田神社がめぇる。境内へ。
b0004675_1974651.jpg
拝殿 狛犬も大中黒が

b0004675_19102433.jpg
拝殿 新田の大中黒旗あり

b0004675_197313.jpg
神木のケヤキ・まっさかでっけぇ 雷が落ちて2つに裂けても枯死しなかったんだと

b0004675_1983076.jpg
うなる「狛犬」

b0004675_1984645.jpg
御塚・義興公の墳墓 侵すと祟りがあるとされる

b0004675_1991747.jpg
勝兜の絵馬


 境内は都会とは思えぬ割れんばかりの蝉時雨。謹んで拝殿に参拝。

 今度は矢口の渡方面に歩ってみることにした。それにしても暑ちぃなー。 (まだつづく)

 下の新田神社の公式サイトが実に詳しいやぃね。・・・なんか地元より東京の方が新田氏が大切にされてる気がすらぃなぁ。群馬の新田系の神社・史跡もまっとがんばってくれや!

b0004675_0545276.gif 新田神社 (ちず丸リンク)


【参考文献&サイト】
新田神社 (公式サイト)
新大田区百景 「新田神社」 (大田区役所)
現地案内板 および 新田神社パンフレット
『太平記』 (巻第三十三)
峰岸純夫 人物叢書239 『新田義貞』 p132-134 吉川弘文館 2005
久保田順一 『新田一族の盛衰』 p168-180 あかぎ出版 2003
奥富敬之 『新田諸族と戦国争乱』 p278-280 新人物往来社 1991
[PR]

by dr_suzuki | 2009-08-18 19:16 | 群馬を離れて | Trackback | Comments(4)