<   2006年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2006年 02月 14日
はねたき橋 (大間々町)
b0004675_15112176.jpg
はねたき橋 (2015/3/15撮影)

b0004675_1961162.jpgb0004675_1962174.jpgb0004675_1963163.jpg
b0004675_19104021.jpgb0004675_1973534.jpgb0004675_1972676.jpg
b0004675_20585233.jpgb0004675_2059439.jpgb0004675_11335825.jpg
はねたき橋(歩行者専用橋、全長120m、全幅3.5m)
わたらせ渓谷鐵道大間々駅/はね瀧道了尊堂後方にはねたき橋/ねじり棒を持った道了尊
高津戸峡/高津戸ダム/昔、よくみたなぁこの看板(笑)
はねたき橋/橋の中央で上をのぞむ/直下の急流


わたらせ渓谷鐵道大間々駅の近くに用があったんで、駅駐車場に車を停めて、近くの渡良瀬川にかかる「はねたき橋」に行ってきたで。
b0004675_20554590.jpg 「はね」は右の画像のごとく魚へんに発の旧字体(IMEでは変換不可)で、このあたりの急流で魚が「はねた」ことに由来するらしいんさ。この橋は、昔は木製の吊橋で、県内屈指?の自殺の名所で、心霊スポットとしても有名な場所。近年、架け替えられて立派な橋になったぃね。橋の床には東毛の小・中学生たちの絵をタイル画にしてはめ込んであるし、最近は夜間はライトアップもされてるんさね。
 大間々駅から歩って、踏切を渡って橋へ。立派な堂が橋の手前に建立されてたで。(前、来た時はなかったいねぇ)これは「はね瀧道了尊」ってゆーらしくって、参拝したときにそこの「ねじり木」を持ち帰り、願い(=ねじれちまった心を直す)が成就するとねじり木を2本にして返すという風習があるんだそうだぃね。

 で、「はねたき橋」に到着。右手は高津戸峡、左手は高津戸ダム。橋から下の川面を覗くと、身がすくんじまうほどの高さ。いやーいつ見てもなっから怖えぇで。ここから飛び降りちまう勇気があるぐれぇの人なら、人生なんでもできるんじゃねぇかと思うんだけどね。高津戸峡は、はねたき橋東詰から渡良瀬川の左岸に下りられて南の高津戸橋まで川づたいに遊歩道が整備(ただし階段の連続でアップダウンはまっさか激しい)されてるんさ。下からはねたき橋を仰ぎ見たり、途中ゴリラ岩などの奇岩があったりするんで散策にはいーかもしんねぇ。ここの峡谷は珍しい鳥も多いらしくって、バードオッチャーやデジスコの人気スポットにもなってるらしいんさ。
b0004675_23584432.jpg

 帰り、踏切の脇に懐かしい看板を発見。昔はこの看板、結構貼ってあったぃねぇ。こんなに痩せるには5キロどころか50キロぐれぇ痩せなきゃなんねぇじゃねぇか?・・・って、良く見ると、矢印は片矢印じゃなくって見事に「」になってらぃね。なんとも無責任だぃねぇ(笑)

b0004675_113719100.jpg
大間々駅にあった桐生まつりの絵の列車

[PR]

by dr_suzuki | 2006-02-14 20:33 | 東毛(+両毛)漫遊 | Trackback | Comments(2)
2006年 02月 12日
オヤジの修行
b0004675_1032946.jpg

苦しいこともあるだろう
(どーして、開園たった20分後に着いたんに、こんなに遠い駐車場なん!)
言いたいこともあるだろう
(どーして、たかがポップコーンを買うんに30分も並ぶん!)
不満のこともあるだろう
(どーして、ファストパスを手に入れるんに50分も並ぶん!)
腹のたつこともあるだろう
(どーして、帰り、隣の首都高に乗るんに1時間もかかるん!)
泣きたいこともあるだろう
(疲労困憊のあとの3時間の運転はつれぇ・・・)

これらをじっとこらえてゆくのが「夢と魔法の王国」での「オヤジの修行」である

2月11日、千葉県浦安市にて

[PR]

by dr_suzuki | 2006-02-12 19:41 | 群馬を離れて | Trackback(1) | Comments(5)
2006年 02月 10日
ホーム開幕戦、チケット買ったで!
b0004675_18284235.gif 仕事のある土曜日がおーいんで、シーチケ購入は見送って、試合の都度チケットを購入することにしたで。

 今日は、チケットの発売日だったんで、昼休みにセブン○イレブンで購入。去年は「開幕戦のチケット、取れなかったらどーすんべ・・!?」なんて思いながら、セブ○イレブンに行ったんを覚えてるけんど、今年は「絶対売り切れてねぇだんべ」ってゆー、(悲しい)確信があったぃねorz セガレの分といっしょに、B-Hのチケットを無事ゲット。

 いよいよだなー。B-Hで会うんべぇ!みんな、今年もがんばんべぇよ!
[PR]

by dr_suzuki | 2006-02-10 18:03 | ザスパ | Trackback | Comments(2)
2006年 02月 07日
マンモス焼 (笠懸町)
b0004675_1926230.jpgb0004675_18282171.jpgb0004675_18324663.jpg
資料館北西の岡登景能公銅像/マ、マンモス焼き??/資料館入口にも看板が・・・

 おめーさん、「マンモス焼」って知ってるん?
 笠懸町の笠懸野岩宿歴史資料館(3月末より岩宿博物館)沿いの道に「マンモス焼」って看板がいくつか目につくんさ。もちろんオレはまだ食ったことがねぇ。どんなもんなんかちっとんべ興味をそそられたんで、行って食ってみることにしたぃね。

 それは、町営かたくりの湯から道をはさんだ売店に売られてらぃね。テナント用のスペースはいっぺぇあるが、この1店しかやってねぇ。周囲の駐車場も閑散としたもんだぃね。たしかに岩宿遺跡は、日本史上の有名な遺跡であることは間違いねぇけんど、史跡+博物館じゃ、なかなかレピーターを呼べるもんでもねぇやぃな。

 マンモス焼、注文。ひとつ100円也。店のおじさんに、中で休んでいた友人と思われる人が「まだ、やってたん?マンモス焼?(笑)」と話しかけてるし(オイオイ!)

で、これが「マンモス焼」の正体だんべ!(続きを読む)
[PR]

by dr_suzuki | 2006-02-07 18:56 | 東毛(+両毛)漫遊 | Trackback(3) | Comments(5)
2006年 02月 02日
二ツ山古墳 (太田市新田天良町)
b0004675_17451295.jpg
b0004675_073737.jpg
二ツ山古墳1号墳

b0004675_17453224.jpg
b0004675_075048.jpg
二ツ山古墳2号墳

 先日の二子山古墳の記事を読んだ群馬出身じゃねぇ某先生から、「東毛には古墳がないの?」と聞かれたぃね。「太田市には国指定史跡の東日本最大の天神山古墳があるし、他にもいっぱいありますよ」と答えておいたんだけんど、確かに東毛には古墳がいっぺぇあるんさ。太田市北部の「成塚」なんて地名は、今でこそ住宅や造成された田んぼべぇだが、昔は古墳がいっぺぇあったことに起因したもんらしいで。弟の友人チなんか、自宅敷地内の古墳の石室から出てきた錆びた鉄剣が家宝になってたぐれえだし、オレも中学生の時は成塚の北のS君んチの裏山で円筒埴輪を発掘したこともある(笑)んさ。で、そんなわけで、そんな古墳の中でも、群馬県指定史跡あたりのでっけぇもんならわかりやしぃんじゃねーかと思って、探訪したら画像なんぞを載っけてみてぇ。

 この「二ツ山」は県指定史跡。新田天良町にあるんさ。町はついていても周囲には家はあんまりねぇ。ここはオレにとって最も身近な古墳で、子供の頃は、カブト採りの場所やキモ試しの場所や冒険の場所であったし、中学時代には(正確には学校区外なのに)運動部の理不尽なシゴキの舞台となっていた場所(笑)だぃね。今でも実家に帰るときは近道でここを通って帰ぇらぃね。


b0004675_1624748.jpg この古墳は北の1号墳(築造年代は6世紀後半ごろと推定)、南にちっとちっちぇえ画像の2号墳(1号墳とほぼ同じ時期の6世紀後半前後)があって、真ん中には道が貫いてるんさ。昔は2号墳はあまり整備されてなかったぃね。


b0004675_1623673.jpg 昔は両方とも石室に侵入することができて、中にいたカマドウマやコウモリなんかにびっくらこいたもんだったが、今は2号墳の石室は完全に枯れ草に埋んまってて、1号墳もご覧の通り「「川口浩探検隊」じゃなくっちゃへぇれねぇよ!」ってぐれぇに埋まってらぃね。(記録では奥行7x幅2x高さ2mあるそうだけんど。)1号墳の墳丘に立つと、北に雪を戴いた赤城山がまっさかきれぇだけんど、からっ風がなっから身にしみらぃね。


 この真ん中を貫く道には松並木が東西に連なってるで。その昔、この辺りは一面の松林や雑木林だったらしいんだけんど、戦前まで旧陸軍の飛行場があって、その外周道路だった道らしいんさ。(道幅が8間あったので八間道路と呼ばれてたそうだぃね。) 戦争末期には、この飛行場も空襲を受けたってゆーで。戦後の開拓で辺りはだいぶ畑や工場になったんだけど、この松並木は一部を防風林として残したみてぇよ。(オレの子供の頃は、まだ飛行場跡地が残ってて、そこで草野球したっけなー。)


 戦争の反省から、旧日本軍関連のモノは多くが処分されちまったけど、この松並木は先の大戦の遺構として、ずっと残して語り継いでいったほーがいんじゃねぇかなって思わぃね。(最近は、この辺に不法投棄やら、松も立ち枯れしちまって台風の後、折れて道を塞いだりしてるんだぃねぇ・・・・・)

 二ツ山古墳 (ちず丸リンク) ....Yahoo!地図、goo地図にも載ってねぇよ。群馬県指定史跡なんに・・・・

b0004675_11553648.gif


【2013年2月追記】

b0004675_18324635.jpg【ふ】 ふるさとの古代をしのぶ二ツ山
 ・・・生品領分なのに、なぜか「強戸かるた」にも詠まれてるんさね。


『強戸かるた』 強戸地区青少年健全育成推進会議編 (1987)



[PR]

by dr_suzuki | 2006-02-02 16:26 | 東毛(+両毛)漫遊 | Trackback | Comments(4)