カテゴリ:東毛(+両毛)漫遊( 529 )

2005年 11月 03日
七五三で呑竜様詣 2005
b0004675_14523384.jpg
b0004675_220574.jpgb0004675_2201366.jpgb0004675_2202322.jpg
b0004675_22292936.jpgb0004675_22293756.jpgb0004675_22295073.jpg
愛娘七五三
大光院境内/大光院(呑龍様)/千歳飴
関東菊花祭/新田乃庄寒山亭/にぼと(煮ぼうとう)

 今年の11月3日は文化の日(明治節)、晴れの特異日、しかも大安っつーことで、愛娘の七五三を昨年より計画。ザスパの天皇杯4回戦対新潟戦がまさかこの日になるたぁ予想してなかったけんど、いくらザスパ命なオレでも、ザスパ<愛娘なんは、ゆーまでもねぇ。とゆーことで、ザスパの応援は同志の皆様にお任せして、当直明けのまま、七五三へ。

 オレは太田出身なんで、古くはオレや弟の七五三はさておき(実はオレの名前も、呑龍様でつけてもらったもんなんだぃね。)、子供のお宮参り&幼少の七五三も、みな太田市の大光院(呑龍様)でやってたんさね。そんなんで、やはり愛娘の七五三も呑龍様に決定。神社でなく、お寺に詣でるのが東毛クオリティなんだぃね。

 が、今日の呑龍様は、祝日&大安+関東菊花大会という、相乗効果で、これまで幼少の頃から何度となく行ってるんだけど、これほど混んでいる大光院は初めてだぃね!コンクリートの(カッコわりぃ)大門(→ぜひ1970年代までのカッコいい大門の復活を希望)から大渋滞!運良く東側の無料駐車場に停められたものの、境内は参拝&菊見物の人たちでまっさかいっぺぇだよ!なんとか参拝をすませたけど、いっつもいっぺぇいる鳩もあまりの人に恐れをなしたんか、全然いなかったぃね。それにしても晴れ着の子供の多さをみっと、日本が少子化なんて、ウソだぃな。(笑)呑龍様は実に風情があっていいけんど、前、東にあったちっちぇぇ動物園、すっかり廃止されちまって、檻とかゼロ戦とか、ものの見事に全部撤収されて、ただの広場になってたぃね。昔を知るもんには、ちっと悲しかったぃね。オレは愛娘の晴れ姿を見て、すっかり親バカモード全開だったぃねぇ(^^)ゞ

 で、大混雑の大光院を後にして、昼飯を実家近くの新田乃庄寒山亭へ。久しぶりの「にぼと」、うまかったぃね。ここでザスパの敗戦の報を受け、がっくり。orz 店から出たら、雨降ってて更にがっくりだったぃね。

 やっぱ、東毛人なら、お宮参り&七五三は呑龍様に行ごーや!
[PR]

by dr_suzuki | 2005-11-03 22:36 | 東毛(+両毛)漫遊 | Trackback(1) | Comments(2)
2005年 10月 31日
山中千尋ツアー2005 ~"Outside by the Swing" @ 桐生市シルクホール
 桐生出身のジャズピアニスト、山中千尋さんのコンサートが、19時から桐生市・シルクホールであったんで、行ってきたんさ。桐生に凱旋公演ってところかな。ニューヨークヤンキースのオーナーもファンだそうだぃね。

 実はオレ、先月、桐生某所で、山中さんと直々にお会いしてお話もしたんさね。そんときは、小柄で華奢なキュートな方って印象だったんだけんど、コンサートはそんな印象を全然感じねぇ実にパワフルなもの。まるで指が別の生きもんみてぇなすげぇ迫力だったぃね。あんな演奏して息ひとつ乱れてねぇのがまたすげぇ。ニューアルバム収載の「八木節」も演奏。さすが桐生出身だぃね。
 最後はピアノじゃなくって「ピアニカ」での演奏。これもまっさかすごかったぃねぇ。(オレは小学校のときは「ピアニカ」ってゆってたんだけど、カミさんの話だと桐生のほーじゃ「メロディオン」ってゆってたらしい。商品名の差だとは思うんだけど、方言みてぇでおもしれぇね。)

 山中さん、桐生に里帰りしたら、またパワフルな演奏を聞かせてくんなぃね。サイン入りCDもらったぃね。
b0004675_6562190.jpg

 Chihiro Web (Official site)
 インタビュー 2004年9月22日 (MSNエンターテイメント)
 山中千尋 インタビュー (産経新聞)
 あのヤ軍スタインブレナーも山中千尋にぞっこん…  (夕刊フジ)

アウトサイド・バイ・ザ・スウイング
山中千尋 / ユニバーサルクラシック



[PR]

by dr_suzuki | 2005-10-31 22:05 | 東毛(+両毛)漫遊 | Trackback | Comments(3)
2005年 09月 05日
赤城源水 (桐生市:旧黒保根村)
b0004675_2313115.jpg
b0004675_23131387.jpgb0004675_23132111.jpgb0004675_23133084.jpg
赤城源水
利平茶屋森林公園/利平茶屋水力発電所/赤城源水看板

 話は前後すっけど、4日昼にまた利平茶屋(旧黒保根村)に行って、BBQしたんさね。利平茶屋は4月の連休に行った時は、まだ黒保根村だったけど、6月から合併で桐生市になったぃね。こないだ赤城山ですげぇ大雨が降ったんで、利平茶屋まで行ぐ道がところどころ路肩が崩れたり、アスファルトがはがれちゃったりしてたんさね。(大雨の日、利平茶屋でキャンプしていた人たち、道が寸断されて孤立しちゃって、歩って下山したって新聞報道だったぃね。)下界はおーか蒸し暑かったんだけんど、山の上は、涼しくって快適。もうススキもあって、沢の水はすげぇ冷めてぇし、すっかり秋の風情だぃね。

 BBQを終えて山を下る途中、利平茶屋から沼田街道に合流して、根利方面にちっとんべ行くと「赤城源水」っつー名水があるって評判なんで、ちっと寄ってみたぃね。ちょうどこのあたり。この「赤城源水」は旧黒保根村が、「水源村宣言」をした時に記念して、赤城の地下水を汲み上げたところらしいんさ。もちろんかけ流し。ペットボトルわんさかもって水を汲みに来てる人たちもいたで。お茶やコーヒーの水に使うとうめぇっつー評判だぃね。ここよりR122寄りの清水用水にかかる橋のところに、この源水を使って豆腐を作っている「赤城豆腐 すみれ屋」さんに寄ってみたで。「豆乳」と「ざる豆腐」買ってきたぃね。「ざる豆腐」は塩や山椒味噌で食べるんだけんど、うまかったで。(画像撮るの忘れて先に食っちまったんだぃね・・・そういや「すみれ屋」さんの画像撮影も忘れちゃったぃね。) 「ブラリ」2005年8月号によると主人は、片品の尾瀬ドーフに通って、修行したそうだぃね。尾瀬ドーフは、三束雨さんの、この記事を。

 赤城豆腐 すみれ屋 (ちず丸リンク)
[PR]

by dr_suzuki | 2005-09-05 23:43 | 東毛(+両毛)漫遊 | Trackback(1) | Comments(1)
2005年 08月 15日
ぐんま昆虫の森 (桐生市;旧新里村)
b0004675_17253472.jpg
b0004675_18445489.jpgb0004675_1845520.jpgb0004675_18451447.jpg
b0004675_1852258.jpgb0004675_18462578.jpgb0004675_18463619.jpg
アゲハ
昆虫観察館/冨士山沼ゾーン/カブトムシ
茅葺(かやぶ)きの民家/カイコ/お花畑のミツバチ

 三束雨さんには先を越されちゃったけど、オレも「ぐんま昆虫の森」へ行ってきたよ。
 新里村に昆虫の森ができるって聞いてからはや幾年。移設した古民家は落雷で焼けちまうは、土地が係争沙汰にはなるは、まさに「虫がわく」ぐれぇなげぇ月日がたったぃね。そーこーしているうちに新里村も桐生市と合併されちまったぃね。
 入場料は小中学生は無料、高校生・大学生は200円、大人は400円。オレは群馬の田舎育ち(太田市強戸)なんで、子どもの頃は虫なんてまわりに「や」になるほどいたんで、群馬の子供もわざわざパークに来て虫と遊ぶんか・・・とちっと複雑。ここは虫は採ってもいいけど持ち帰りは禁止だで。ここすげぇ広くて飯食うところはねぇって事前情報だったんで、おにぎりをコンビニで買っていったんだけど、入場口のすぐのところに自販機が2台ある(が、売れ行きがいーんで全然冷えてねぇor売り切れ。しかも長蛇の列。)んだけんど、ここを逃すと、観察館のなかの(暴利的金額の)飲み物&アイスを除くと、飲み物が売っているところは、こんな広大な土地の中に、お花畑のそばの作業所しかねぇで(←しかもここも常時じゃねぇみてぇ) 三束雨さんも触れているけど、今日みてぇな暑ぃ日だと、ちっちぇぇ子供なんか確実に脱水症状を起こすで。次、ここ行ぐんべってヤツは、水筒持参か、近くのコンビニでペットボトル飲料を購入して水分を十分に持って来ること! ここで「「虫の息」でした」じゃ、シャレなんねぇで>群馬県のお役人!
 まだ見切り発車の開業なんか、所々は立ち入り禁止だし、「里山の風景を保存」どころか「乱開発でぼっこわされた里山」の風景って感じだぃね。太田のこどもの国の奥りの方がよっぽど「里山」的な感じがすっけどね。植林された木々が生い茂るまでは何年かかるんかねぇ・・・

 ここの最大の見ものは「茅葺(かやぶ)きの民家」の「蚕」だんべね。オレは妙になつかしいもんがいっぺぇだったけど、今の子供は見るものみんな新しいものだんべな。オレんちは農家じゃなかったけど、子どもの頃は、農家だった友人K君の家でよく蚕をみさしてもらったんだぃねぇ。回転まぶしも、蚕の匂いもすげぇ懐かしいなぁ。
b0004675_1726723.jpg

 今までどんなもんができるんかと期待していただけに、今日行ってみての感想は、「群馬県はほんとハコモノ好きだねぇ・・・・・こんなけの施設を作るんに、どーしてあんなに長ぇ時間がかかったん?」ってところかな。子供をもつ親としても、納税者としても、昔里山で遊んだ元少年としても、ちょっと残念だぃね。

 ぐんま昆虫の森 (ちず丸リンク)

b0004675_17271888.jpg
b0004675_17273879.jpg

[PR]

by dr_suzuki | 2005-08-15 19:33 | 東毛(+両毛)漫遊 | Trackback(2) | Comments(4)
2005年 08月 07日
草木ダム(勢多・東村)
b0004675_1729560.jpg
b0004675_22321636.jpgb0004675_22322586.jpgb0004675_2232365.jpg
b0004675_22331710.jpgb0004675_22332797.jpgb0004675_22325512.jpg
草木ダム
東屋のスズメバチの巣/ボート乗り場より草木橋/わらべ橋
草木湖周囲ハイキングコース看板/富弘美術館近道急な登り(確かに急だったで)/山に咲く花

 涼を求めて、勢多郡東村(来年からみどり市)の草木ダム&草木湖行ってきたで。

 まず、「童謡ふるさと館」付近から、草木湖右岸へ。東屋があったんで、休憩したら、その天井にシャンデリアかと思うような、まっさかすげぇスズメバチの巣!こんなところで刺されちまったら運が悪きゃ死ぬかもしんねぇな。行政のヒト、なんとかしたほーがいんじゃねん?

 草木湖にかかる赤い草木橋を渡って、右岸へ。122号からボート乗り場に下りて(ボートねんだけどそう書いてあるんさ)で、湖と草木橋を眺めたんだけど、ここは中途半端に公園造成が止まったまんまみてぇだぃな。

 で、もいちど童謡ふるさと館近くの、村営総合運動公園脇から、ちょっとした広場(ここで草木湖まつりの際に花火を打ち上げるんだと)に出て、麓で買ってきた昼食を食いながら、草木ダムを正面から俯瞰。ここは初めてきたけんど、草木ダムの大きさが壮観だぃね。よくもまぁこんなでっけぇもんを人間は造れるもんだぃね。やっぱ下界よりはちっとんべ涼しいみてぇ。はぁ赤トンボがいっぺぇ飛んでたよ。

 周囲を散策してたら、雲行きが怪しくなり、雷鳴がなって、大粒の雨がポツポツ降ってきたんで急いで退散。

 下界に降りて、またも桐生八木節まつりに行ってきたで。今日は群馬中でなっから雷がすごかったみてぇだけんど、桐生はほんのちっとんべ雨が降っただけだったぃね。桐生の街もまた明日から寂しくなっちまうんかな。

草木ダム (ちず丸リンク)
[PR]

by dr_suzuki | 2005-08-07 22:50 | 東毛(+両毛)漫遊 | Trackback(2) | Comments(2)
2005年 08月 05日
桐生八木節まつり 2005
b0004675_2224387.jpg
b0004675_22244816.jpgb0004675_2224579.jpgb0004675_2225819.jpg

 今日はなっから暑かったぃねぇ。体温ぐれぇの気温だもんな。夕方になってちっとんべ涼しくなったんで、「桐生八木節まつり」に行ってみたぃね。

 やっぱ「八木節」と「草津節」は、上州の「ソールミュージック」だぃねぇ。いつもは人があんまりいねぇ桐生の街も、今日・明日・明後日はいっぺぇ人が出てて、まっさか賑やかだぃね。桐生は夏の「八木節まつり」、冬の「ゑびす講」と、昔ながらの粋な祭りがあっていーやぃね。

 もちろん、ザスパのオフィシャルショップ「マーヴェル」さんにも顔を出してきたで。店頭でレプユニやフラッグ、販売してたで。明晩は店頭で「草津vs札幌」の中継を流すそうだぃね。でもあのあたりは、大きな櫓があって、八木節踊る人で一番混むんだけんどなぁ・・・・大丈夫なん?
[PR]

by dr_suzuki | 2005-08-05 22:40 | 東毛(+両毛)漫遊 | Trackback | Comments(1)
2005年 07月 31日
石橋商工祭 2005 (太田市強戸)
b0004675_22502666.jpg 沖縄の土産を太田市の実家に届けにいったら、ちょうど「石橋商工祭」があるってゆーんでいってきたよ。

 オレが子供の頃は、新田郡強戸村だった頃の名残だったんだか、ここも「おぎょん(=祇園祭)」をやってて、そこそこな賑わいで、祭りの朝には町中にしめ縄飾りが飾られてお祭りの日がすげぇ楽しみだったんだけんど、太田市に合併して50年近くなった今じゃ、いつしかそんな祭りも廃れちまって、今では商工会主催の祭をやっているんみてぇだな。今年の祭のパンフレットは右のようにキャッチフレーズとして群馬弁が堂々と書かれてたんさ(笑) オレのバックボーンは、やっぱ今でも群馬弁が息づく場所なんだなーって痛感したで(笑)

 オヤジとカミさんと子どもたちと行ってみたで。オレが通っていた小学校の近くに場所を移してたぃね。そこそこ賑わってはいるんだけど、子供の頃の祭りの場所と違うし、往時の風情もねぇかな。(ステージのバックには、今回のキャッチフレーズの群馬弁が書かれてるし(笑))

b0004675_22504832.jpg 東毛では有名なマジシャンの「ミスターガーリック」さんのマジックショー(左)もあって、堪能させてもらったぃね。この祭の模様を、太田市のコミュニティFM局「FM TARO」が生中継してたってゆーけど、いったいマジックショーをどう実況していたんだんべ??(謎)

 帰りに、自分が小学校の時の通学路を通って実家に帰ってみたよ。通学路の風景はそのまんまのところもあったし、大きく変わっていたところもあったぃね。同級生達は今どうしているんかな?何年経っても、ふるさとは感慨深いもんだぃね。

 実家に到着して、あわててテレビをつけて東アジア選手権をみたら、日本、北朝鮮に負けてやんの・・・・チームとして全然かみあってねぇな。巻のプレーが、ザスパの御給とダブって見えた気がしたぃね。
[PR]

by dr_suzuki | 2005-07-31 22:47 | 東毛(+両毛)漫遊 | Trackback | Comments(0)
2005年 07月 10日
館林の城沼周辺散策
b0004675_2241060.jpgb0004675_2242188.jpgb0004675_2243797.jpg
b0004675_22571337.jpgb0004675_22572255.jpgb0004675_22573022.jpg
b0004675_2252642.jpgb0004675_2254163.jpgb0004675_2255223.jpg
b0004675_22631.jpgb0004675_22313361.jpgb0004675_22314122.jpg
向井千秋記念こども科学館/館内特別展示室/向井千秋さん等身大モデルお出迎え
旧上毛モスリン事務所/麦落雁(つつじ&分福茶釜)/なまず天ぷらうどん
尾曳橋より城沼/つつじが丘公園噴水/噴水の水しぶき
群馬県水産学習館/ナマズ/つつじが岡公園温室


 今日は天気が回復したんで、午前中に急遽どっかにいぐべぇかと思って、館林にいってきたで。館林は昔館林城があった城下町なんで、館林城跡+城沼周辺に公園が整備されているんさね。市役所周辺の雰囲気は、県内でもっとも趣があるんじゃねぇかな?
 まずは、こないだ、佐久子ども未来館に行ったんで、「向井千秋記念こども科学館」にいってみたで。宇宙モノに限らず、子どもが喜びそうな、いろいろな科学題材の展示物はあるけんど、個人的感想は、内容的には佐久の勝ち。ただ、館林は実際に宇宙飛行士向井さんを生んだ地なんで、展示物に説得力があるってゆーか、そーいった意味では佐久が上回りがたいアドバンテージがあるんも事実だぃね。隣には上毛カルタでおなじみの「田山花袋記念文学館」もあるんさね。
 館林は「うどんの街」ってゆってるんで、昼食は、館林うどんさんで。お茶うけには「麦落雁」。「つつじ」と「分福茶釜」になってらぃね(笑)オレは館林方面の名物「なまず天ぷら」+うどんを食べてみたで。去年板倉でも食ったんだけんど、この辺は「なまず」が良く食われらぃね。白身で淡白。館林は、うどんは乾麺が主流らしいけんど、オレは桐生の手打ちうどんのほーがいいかな。
 広れぇ城沼を横目に眺めつつ、つつじが岡公園内の県立水産学習館へ。入場料210円也。淡水魚だけだし、展示もおーかちっとんべしかねぇし、こないだ行った羽生のさいたま水族館と比べると、見劣りするんは否めねぇけんど、魚の名前は「東毛」での呼称がみな記載されていて、東毛人のオレにはまっさかうれしかったぃね。隣には県立の温室もあるんさね。(なっから暑ぃんで今回はパス。冬はいいかもしんねぇね。)

 で、学校週休5日制にともなって、群馬県が発行した「ハート倶楽部手帳」ってゆーんがあるんは知ってるかい?小中学生が群馬県立の博物館や美術館をめぐると、そこで来館証明のハンコをもらえて、それが10個たまると、バッジがもらえるんだと。うちの子供たちは、水産学習館でちょうど10個になったんで、バッチを受付の人からもらったんさ。どんなデザインなんかなーと思っていたら・・・・

b0004675_2264286.jpg
やっぱ、ゆうまちゃんじゃねーきゃ(笑) 
 これを胸につければ、群馬の模範的小学生ってとこなんかな(笑)


城沼周辺地図 (ちず丸リンク)
[PR]

by dr_suzuki | 2005-07-10 22:54 | 東毛(+両毛)漫遊 | Trackback | Comments(1)
2005年 06月 13日
シロフジの「アイスまんじゅう」 (桐生市)
 昨日佐久から午後6時半ごろけぇってきたんで、そのまま桐生市広沢町の「桐生温泉湯らら」に行ってきたで。まだ新しい施設なんでおーかきれい。源泉も37.1℃と人肌の温度以上じゃねぇと温泉と認めたくねぇっつーオレの勝手な定義もかろうじてクリア。日曜なんでそこそこ混んでいたぃね。

 「100%源泉かけ流し」って表示があるんだけど、一部循環させてるんか、内湯、露天風呂ともに、塩素の匂いがしたんは興ざめだぃねぇ。まぁ、レジオネラとかの問題もあるんかもしれねぇけんどね。太田の循環バスの「そよかぜ」の毛里田線も前は、桐生市の一本木会館が終点だったけど、「湯らら」が最近終点折り返しになったみてぇ。車がねぇっつー人は、桐生広域の人より、太田の人のほうが利用しやすくなってるんだねぇ。

 館内は基本的に全面禁煙。東毛の施設にしちゃ珍しく、これはウレシイで。

 館内の食堂は、桐生なんに、カツ丼が(いわゆる全国的な)卵とじのカツ丼で、桐生のソールフードの「ソースカツ丼」がメニューにねぇで(笑) もちろん「子供洋食」もねぇし、「ポテト入り焼きソバ」もねぇ。せっかく桐生は独自の堂々たる食文化があるんだから、メニューに加えたほーが、来た人に「桐生らしさ」をアピールでぎるんじゃねーかと思うんだけんどねぇ。

b0004675_13582688.jpg
 売店のアイスのコーナーに行ったら、やっぱ売ってたで、桐生名物「シロフジのアイスまんじゅう」(税込210円也)。昭和20年代から続くレトロなパッケージも、いー味出てるで。これは桐生広域じゃ、そこいらへんのコンビニでも平然と売られてるソールフードなんさね。桐生広域の人は、なつかしくてビミョーに食べたくなる味みてぇよ。(ちなみにオレは子供の頃、隣の太田市北部に住んでいたんだけど、「アイスまんじゅう」の存在は全然知らなかったぃね。)数年前、飛行機(ANAだかJALだったか忘れたけど)の機内雑誌の通販のページにこの「アイスまんじゅう」が載っていたんをめっけてまっさかビックラこいたことがあらぃね。

 帰り際に買って、食ぅ前に三束雨@藤岡さんのマネして撮影したみたぃね。
b0004675_1358415.jpg



 桐生温泉ゆらら(ちず丸リンク)

※2010年、画像を撮影しなおしてみたで。
[PR]

by dr_suzuki | 2005-06-13 13:19 | 東毛(+両毛)漫遊 | Trackback(2) | Comments(5)
2005年 05月 04日
小平の里親水公園 (大間々町)
b0004675_1920020.jpg
b0004675_17594861.jpgb0004675_17595677.jpgb0004675_180943.jpg
b0004675_1803119.jpgb0004675_1803978.jpgb0004675_180492.jpg
b0004675_182168.jpgb0004675_1821332.jpgb0004675_183972.jpg
小平の里親水公園(大間々町)
マップ/県道344号線小平塩原線標識/小平塩原線、この先は東村(みどり市予定)につながる
水車/公園の遊具/公園入り口より東を臨む
親水公園に流れ込む清水/親水公園浅瀬/焼きまんぢゅう一串120円也(ただし3タマ●●●-)


 今日は仕事があるんで平塚にいげねんで、かわりに何度か行ってるみどり市(予定)の大間々町小平(「おだいら」と読む)の里親水公園に行ってきたぃね。(画像はみな携帯で撮影)勢多郡東村周遊に続く、東毛漫遊;みどり市(予定)シリーズってことで(笑)

 大間々町の町ん中を抜けて、渡良瀬川を渡って県道344号線を福岡地区から小平地区へ。小平川に沿って北上していぐと、小平鍾乳洞があるで。ここは「古老の言い伝えを基に、昭和59年に発見された」っつー、小せぇけんど、東毛地区では貴重な鍾乳洞だぃね。さらにちっとんべ北上すると右手にあった小平川が、左手に移るんさ。ここが小平の里親水公園になってるで。入場は無料だけど、駐車場はすぐいっぺぇになっちまう。この県道344号線をずっと更に進んでいぐと、林道小平座間線になって、峠を越えると、勢多郡東村の童謡ふるさと館の脇に出るはずだぃね。(一度いごーと思っているけど未だ果たせてねぇ。)蛍の季節になると、小平川には蛍が舞うんさね。(←これは見にいったことあるで。)
 さて、この公園、小平川で川遊びがでぎるんさ。今の季節よりも、夏になって暑くなると川の水はつめてぇし、木陰はまっさか涼しいし、ゆーことなし。子供は水着をもっていぐといいで。(大人もサンダルを強く推奨)今日は川の水が少なかったな。田植え前なんで、上流のダムで調整しているんかもしんねぇな。今日、セガレたち、すでにサワガニも取ってたで。保存されている茅葺き屋根の水車もみられるし(保存館は見学有料)、トイレもあるし、自動販売機(各社)、焼きそばやビールも売ってる売店もあるんさ。焼きまんぢゅうは3タマ●●●-1串120円と安い。(炭火焼ではねぇけどね。)ちなみにここは「バーベキューは禁止」だで。立派な山間部だけどFOMAもつながるで。前はVodafoneはつながんねぇって話だったけど最近はどーなんかな?
 
 ここはオレの「みどり市」の推奨ポイントだぃね。ちっちゃぇ子供のいる人はぜひ来てくんな。ただし今日見たところ、そこかしこで歩きタバコしてるバカ親もまっさか多ぃんで、子供を遊ばせる時には注意が必要だぃね。

 小平の里親水公園 (ちず丸リンク)
[PR]

by dr_suzuki | 2005-05-04 18:46 | 東毛(+両毛)漫遊 | Trackback(2) | Comments(1)