カテゴリ:東毛(+両毛)漫遊( 518 )

2014年 11月 30日
特急りょうもう号 ~ まもなく治良門橋駅へ
b0004675_1924498.jpg
特急りょうもう号 ~ まもなく治良門橋駅を通過
・・・治良門橋駅は停まらねぇで通過だけんど

小春日和の日曜、
ingressのポータルハントに、ぶらり治良門橋駅周辺を歩ってみたで。

治良門橋駅すぐ手前で、ちょうどやってきた
藪塚駅から太田駅に向かう、りょうもう号をパチリ。

iPhone4sにしちゃぁ、なかなかの絵が撮れたぃ。

[PR]

by dr_suzuki | 2014-11-30 19:34 | 東毛(+両毛)漫遊 | Trackback | Comments(2)
2014年 11月 03日
両毛線「SL両毛シルク」 ~ 笠懸野を西へ
b0004675_1005056.jpg
両毛線「SL両毛シルク」 ~ 笠懸野を西へ
両毛線・C61-20 :岩宿-国定間 みどり市笠懸町久宮

 こないだ試運転を桐生相生富士山から遠望した両毛線「SL両毛シルク」。本運転ってことで、あんま人がいなそうな所へ行ってみた。・・・んだけんど、線路際は既に撮り鉄な方々がピリピリと殺気立ってたんで、撮り鉄じゃねぇオレはちっと線路から離れて・・・赤城山を入れる構図で撮影してみたんだけんど、今日のSL・・・煙が出てなくって、なんだかちっともSLらしくねんだけんど(´Д`) 煙も入ぇるんを計算して構図練ったんに、なんだかなー(´Д`) 2012年の試運転の時みてぇな煙出しててほしかったんね。

b0004675_1426118.jpg
SLに先行してまさかの
 「リゾートやまどり」 485系
両毛線 岩宿-国定間 みどり市笠懸町久宮

 いやぁ赤城颪がまっさか強くて、五十肩の左肩にまぁず滲みたぃ。三脚使わねぇで手持ちだから堪えるのなんの。


[PR]

by dr_suzuki | 2014-11-03 14:45 | 東毛(+両毛)漫遊 | Trackback | Comments(4)
2014年 10月 30日
SAXY Uko Live @ Jazz & Blues Bar 「Village」 (桐生市本町)
b0004675_10363659.jpg
たまにはこんな夜

TEAM 特別枠
「acoUStic life OP.1」
リリース記念全国ツアー2014 @ Jazz & Blues Bar 「Village」 (桐生市本町)
Uko : saxophone / Shu Fujiyama : guitar

 29日夜、数年前からオレの密かなお気に入りのsaxophone奏者、Ukoさん(SAXY Uko)さんの念願のLiveを聴きに桐生市本町のJazz & Blues Bar 「Village」へ。全国ツアーに桐生を選ぶのが何ともシブいやぃねぇ。

b0004675_13395224.jpg Ukoさん、キュートどストライク!!ギターの藤山周さんもなっから巧い。いやぁすんばらしいLive、贅沢な豊かな時間だったぃ。
 惜しむらくは演奏中に一人だけ、がんがんタバコ吸うジジイがいて辟易~(´Д`) (まぁバーなんで覚悟はしてたんだけんど・・・)


 いやぁ、saxophoneの音色って、いぃやぃねぇ。
 残念ながらオレは音楽の才能は皆無なんで、もし来世があるんなら、ぜひSaxやってみてぇね。

b0004675_10292937.jpg
CDにサインしてもらっちゃったぃ!

SAXY Uko Official Home Page
SAXY Uko の Wandering Note
[PR]

by dr_suzuki | 2014-10-30 10:44 | 東毛(+両毛)漫遊 | Trackback | Comments(0)
2014年 10月 29日
両毛線「SL両毛シルク」試運転遠望
b0004675_1543619.jpg
桐生市相生町富士山から 両毛線「SL両毛シルク」試運転遠望 
両毛線・C61-20 :桐生-岩宿間 下新田操車場そば


b0004675_15425527.jpg
桐生市相生町富士山から 両毛線「SL両毛シルク」試運転遠望
両毛線・C61-20:桐生-岩宿間 渡良瀬川橋梁


 今年も11月3日に富岡製糸場と絹産業遺産群の世界文化遺産登録を記念して、絹織物の産地である桐生にまでSL運行が行われるんだと。2012年の時みてぇに運行前の試運転が行われるってゆうんで・・・今回は相生の富士山に登って、遠望してみたんさね。

b0004675_15425445.jpg
おまけ
桐生市相生町富士山から わたらせ渓谷鐵道・WKT-511遠望
桐生-下新田間 渡良瀬川橋梁

[PR]

by dr_suzuki | 2014-10-29 16:10 | 東毛(+両毛)漫遊 | Trackback | Comments(0)
2014年 10月 26日
2014上州太田スバルマラソン 【ハーフマラソン:21.0975km】
b0004675_18295834.jpg
晴れて暑かった 2014上州太田スバルマラソン

b0004675_18303999.jpg オレの毎年のマラソンシーズンの開幕戦、上州太田スバルマラソン。毎年ハーフに挑むも、毎回ふくらはぎが攣るという惨事に見舞われ、2時間を切ることができない大会である。今年はハーフマラソンのコースが替わり、新しくできた国道354号バイパスを3時間も通行止にして、そこを走らせてもらえるというなんとも豪儀な大会となった。(いつの間にか今までの国道354号線が県道に降格されてたのに最近気づいた!)普段太田の職場に行く時に使っている国道354号を堂々と走れるという非日常な体験を味わうべく、ふくらはぎの攣りのことは忘れて、今年もハーフマラソンにエントリ-。これで太田スバルマラソンは4年連続のハーフマラソンの挑戦である。ふくらはぎの攣りを克服すべく、最近は夜ランでも去年より長い距離を走るように努めてきた。今年こそは2時間を切りたい。コース変更で制限時間が2時間20分に緩和されたのもうれしい限り。


 オレの他にも太田の職場の駅伝チームのメンバーからOsato君、エースN君がハーフに、ランナーとして進化しているashikomaさんが10kmにエントリー。6時前に家を出て、いつものメインスタンドの一角に陣取る。ハーフと10kmのスタートは一緒の午前8時。貴重品を預けて、出走の準備。今日のウェアはザスパ2014レプユニ+タオルマフラー。なぜって今日のザスパのホーム戦、観にいけないからね。(ザスパユニな同志な方々は見かけませんでしたなぁ)そしてNike GPS Watchでデータを取るぞ・・・って、昨日ちゃんと充電していたはずなのに、なぜか GPS Watchの電源が切れてしまう(´Д`) 内蔵バッテリーがイカれてしまったのか!?せっかくのハーフマラソンがNike+でムダ走りになってしまう・・・凹んだ(´Д`) 仕方がないので、もう一度貴重品預かり所に行き、預けたiPhone4Sを返却してもらい、Nike Runningアプリを起動させてこれでデータを取ることにした。しかしこんな事態は想定してなかったのでウェストポーチも持ってきてない。やむをえずiPhoneをハーフパンツの右ポケットに入れて走ることに。なんだかなぁ。今日は脚が攣りそうになったら、潔く歩くと決めた。ハーフパンツには攣ったふくらはぎをチクチク刺激するための安全ピンを忍ばせてある。使わないのが一番だが備えあれば憂いなし。


b0004675_1883986.jpg 去年とはスタート位置が変わって、陸上競技場西側からスタート。後ろの方に並んだので、スタートラインまで1分ぐらいかかる。ゲストランナーの中里麗美さんが後ろから走ってきたので声かけて握手してもらったよ。富士重工の大泉工場の脇から、国道354号バイパスへ。貸切状態キモチがいいね。でも日差しかキツくて暑くなりそうだ。ポケットのiPhoneは意外に気にならない。国道407号とクロスする新しくできた矢島跨道橋を渡る。行きはいいとして、帰りがここは15km地点になるからこの跨道橋の上りは素直に歩いてふくらはぎの負担を軽くしようと決めた。


 国道354号を西へ。快調。足は軽い。東群馬看護専門学校、冠稲荷神社を通り、西部工業団地へ。田んぼの中を通したバイパスと工業団地の中を通るので、沿道の応援の人は少ないね。それでもハイタッチで応援してくれる人がいるので、左手でハイタッチしたら、五十肩の左肩に激痛が走る(´Д`)(笑)まもなく上田島の交差点が見える。ここで折り返しはジグザグのM字ターンなのだが、折り返しが長くて長くて、まるで「無限地獄」のようで辟易。(パンフレットでは短く書き過ぎじゃないか!?)やっとのことで折り返し、国道354号を東進。ちょっと飛ばしたせいか12~13km地点が一番苦しかった。

 15kmの矢島跨道橋。ここの上りは歩くと決めていたので、歩きながら右に目をやるとN君の姿が。しかも同じく歩いている(笑) 健闘を称え合い、最後の5kmへ。途中、「ザスパサポがんばれ~!」との声援を頂戴する。まもなくオレの鬼門18kmだが、まだ大丈夫そうだ。これなら自己ベストは無理でもスバルマラソン初の2時間は切れる気がする!


 17kmを過ぎ、鬼門18kmへ。突然左のふくらはぎがピクピク痙攣した(´Д`) やっぱ来た!あ~なんでいつも測ったように18km地点なんだ!(´Д`) ピクピクを感じたら歩くと最初から決めたていたので、少し歩いて様子をみてから、再び走りだす。でも前のようには走れない。国道から曲がって工場の東側の道を北上。ここは舗装が轍で凹凸があって、攣り気味のふくらはぎにとても堪える。無理をしたら完全に攣ってしまうかもしれない。走っていると、後ろからピーポーピーポーとサイレンの音が聞こえる。後ろから救急車か・・・もう反対側車線は車を通しているので、近くにきたら、歩道に乗って道を譲ろう。すぐ後ろに来たので、ヒョイと歩道に飛び乗ったら、左ふくらはぎのピクピク感MAX~(´Д`)!やばいよやばいよ~ しかもおまけにそれは救急車じゃなく、2台の救急バイク!だったら歩道に飛び乗らなくてもよかったんじゃないかと・・・あ゛~(´Д`)


b0004675_188418.jpg 残り1kmは本当にピクピク感との戦い。いよいよ陸上競技場。以前滑ってコケた競技場入口の金属レールを踏まないようにステップしたら、ここでもピクピク感、キタ~(´Д`)!最後は華麗にスピードアップしてゴールしようと思ったんだけど、そんなことをしたらメインストレートで脚が攣ってコケるという醜態を晒すことになるので自重して、とぼとぼとゴール。全然息は苦しくないのに、恨めしいのはこの脚よ。


 記録は2時間4分15秒。またも2時間切れませんでした。N君はオレより2分早くゴール。「いやぁ脚がつらそうでしたねー」と労われてしまいました。体調不良だったOsato君も根性でゴール、風邪気味だったashikomaさんも無事ゴールできて何よりです。

b0004675_18431090.jpg
完走Tシャツ(と、マックのハンバーガー無料券がもらえた)
今年は賞品の数が減りましたな。

b0004675_1884362.jpg 抽選会もお約束通り見事に外れ。新田市野井町の「焼肉 くら」にて打ち上げ、汗を流しに太田市新田福祉総合センター ユーランド新田に行き、ついでに湯治(笑)。ふくらはぎを入念にケアして帰ってきました。
 来年こそふくらはぎを強化して、リベンジ・・・いや・・・もう10kmにしとこうかと(笑)



b0004675_188454.gif

 Nike Runningアプリでのデータ。15kmの矢島跨道橋を除いて、18kmまではいいペースの緑色なんですが、18km以降は見事に失速して黄色や橙色になってますなぁ。もうオレのふくらはぎのスペックは18kmまでなんでしょうかね(´Д`)  まぁちょっと暑かったからなぁ、きっとそのせいだ。そういうことにしておこう(笑)

 あ、結局安全ピンは・・・攣った時の刺激用には使わなかったんですが、右拇趾をみると血豆ができちゃってて、これを潰すのに使いましたよ。いやぁ持つべきものは安全ピン!(笑)

2014上州太田スバルマラソン
ハーフマラソン一般男子(40歳以上) 2:04:15 684/897
[PR]

by dr_suzuki | 2014-10-26 18:40 | 東毛(+両毛)漫遊 | Trackback | Comments(6)
2014年 10月 18日
らーめん芝浜 (桐生市相生町1丁目)
b0004675_19115565.jpg
らーめん芝浜の「朝らー定食」(650円税別)
かけそば(塩)とチャーシュー丼

b0004675_15172632.jpg 朝7時から営業してて、お昼すぎには営業が終わっちまうと、この地域ではまっさか珍しい営業時間で評判の、桐生市相生町の「らーめん芝浜」。

 話題の「朝らー定食」を食いに、出勤前に寄ってみたで。

 朝からラーメン!?とゆうムキもあるだんべけんどあっさり味で、これは朝食としてアリじゃねんかと。
 チャーシュー丼も大間々の岡直三郎商店の生醤油が効いててうんまぃ!

 何より桐生地域では少ねぇ完全禁煙のラーメン店なんがうれしいやぃ。

 らーめん、つけめん、まぜそばの3種類の「小麦三昧」がおーか気になる(笑)

 ぜひまた寄ってみんべ。

 らーめん芝浜 (公式)
[PR]

by dr_suzuki | 2014-10-18 15:21 | 東毛(+両毛)漫遊 | Trackback | Comments(2)
2014年 08月 24日
中島知久平邸 (太田市押切町)
b0004675_1744023.jpg
中島知久平邸の重厚な車寄せ・彫刻がお見事

 平成21年に太田市の重要文化財として指定され、今年から地域交流センターとしての利用が開始、おおたんの史跡探検スタンプラリーの新たなポイントに加えられた中島知久平邸に行ってみたで。

 中島飛行機の創設者・中島知久平が両親のために昭和5年に故郷に築いたとゆう近代和風の大規模邸宅。敷地面積は約3000坪、宅地面積は約300坪・・・いやぁすげぇの一言。現在は広間と応接間っきゃ公開されてねぇけんど、戦前なんにすでに「オール電化」だったつーんだから贅沢の度合いがハイレベルすぎだんべ。

 西向きの玄関とゆう群馬らしからぬ造りだけんど、南はすぐ利根川の堤防。ここいらに戦前は尾島飛行場があって、中島飛行機製作の飛行機が飛んでて、訪れた客人に南に開けた応接室や客間からそれを見せてたっつー話だ。庭もサッカーができるんじゃねぇかと思うぐれぇ広ぇし。立派であったであろう中庭、贅沢な調度品、絨毯、すんげぇ高ぇ天井。まさに宮殿建築さね。ぜひ一度行ってみて見てみてくんなぃ。入館無料。国指定史跡への準備を進めてるってことだぃね。


b0004675_1743583.jpgb0004675_1743369.jpgb0004675_1743131.jpg
b0004675_1741667.jpgb0004675_1741484.jpgb0004675_1741328.jpg
b0004675_1742458.jpgb0004675_174232.jpgb0004675_1742169.jpg
絢爛な彫刻/この時代にヒーターの暖炉!/この時代にシャンデリア
贅沢な調度品・ステンドグラス
いたるところに中島家の家紋があるで

b0004675_1752236.jpg
「ロの字」形の大邸宅
b0004675_1752540.jpg
2階が「知久平屋敷」
b0004675_1752954.jpg
大きなヒマラヤ杉
b0004675_1754160.jpg
中庭・当時はすごかったんだんべなぁ
b0004675_1753695.jpg
南に開けた応接室

b0004675_1713080.jpg
客間への廊下
b0004675_17145177.jpg
客間・襖の波状模様は昭和22年9月カスリン台風による床上浸水の跡なんだと
(当時はGHQが将校倶楽部として接収してた)

 この夏のおおたんの史跡探検スタンプラリーも中島知久平邸で記念品権利の20個になったんで、ここでラリー帳を提出。帰ぇりに中島知久平翁の墓所がある押切の徳性寺にも行ってみたんだけんど、道がおーか狭くて難儀したぃ。車で行ってみんべっつー人は注意してくんない。

中島知久平邸 (Yahoo!ロコ:地図で見てもハンパねぇ大邸宅だっつーのがわかるで) 旧尾島町の設置した史跡めぐり看板では「中島新邸」の掲示が出てらぃね。

※中島知久平翁は中島飛行機の創業者ってことで、「東毛の戦争遺跡」タグにも分類しとくね。
[PR]

by dr_suzuki | 2014-08-24 17:36 | 東毛(+両毛)漫遊 | Trackback | Comments(8)
2014年 08月 04日
正法寺 (太田市脇屋町)
b0004675_17141319.jpg
正法寺・仁王門(市重要文化財)

b0004675_855870.jpg 夏といえば、今年も太田市主催の「おおたんの歴史探検スタンプラリー」さね。いくつかポイントが入れ替われるんだけんど、今年はポイントが4つ増えたぃね。その中のひとつにまだオレが行ったことねぇ脇屋氏の菩提寺の正法寺が加わった!んで行ってみたで。


 脇屋山正法寺は延喜年間(901~923)の開山といわれ、その後新田義重が改修し、元弘年間(1331-1334)には新田義貞公の弟、脇屋義助が所領の由良郷脇屋村及び大般若経六百巻を寄進したんだと。

 脇屋義助公についてはWikipediaを引用すっと
上野国新田郡脇屋(現在の群馬県太田市脇屋町)に拠ったことから名字「脇屋」を称した。
元弘3年(1333年)5月、兄義貞とともに新田荘にて挙兵して鎌倉を攻める。執権北条氏の滅亡、後醍醐天皇の京都への還御に伴い、諸将の論功行賞によって、同年8月5日、正五位下に叙位。左衛門佐に任官。
また、同年、一時期、駿河国守護にもなる。以後、兵庫助、伊予守、左馬権頭、弾正大弼などの官職を歴任。また、このころ設置された武者所の構成員となり、同所五番となる。その後も常に義貞と行動をともにし、各地で転戦した。延元元年/建武3年(1336年)、刑部卿に転任。延元3年/建武5年(1338年)に義貞が不慮の戦死を遂げると越前国の宮方の指揮を引き継いだ。 兄・義貞亡き後の軍勢をまとめて越前黒丸城を攻め落としたものの、結局幕府軍に敗れて越前から退いた。
延元4年/暦応2年(1339年)9月には従四位下に昇叙する。
興国3年/康永元年(1342年)、中国・四国方面の総大将に任命されて四国に渡るが、伊予国府で突如発病し、そのまま病没した。享年38。墓所は倉吉打吹の大蓮寺。

 そんな義助公は子煩悩で息子の義治を別れるのがつらいと箱根の合戦に連れてきたりする一面もあるんさ。(義治は父の死後、義貞公の遺児、義興・義宗と行動をともにし、南朝方として足利政権を苦しめる)ちなみに平成3年の名作の誉れ高きNHK大河ドラマの『太平記』では、脇屋義助役は、あの気象予報士・石原良純さんだったんさね。

 太田市中心街から県道2号を西へ。脇屋地区に曲がってぐと、あいかわらず道が狭めぇ・・・って、地元の夏祭りをやってたぃ。狭めぇ道に神輿出ちゃって、ちっと難儀(´Д`) スタンプラリーの幟はためく正法寺に到着。実家に行ぐ近道で何度も前は通ったことあるんだけんど、実際に来たんは初めてさね。

 まずは参道にある現地案内板を
b0004675_1714866.jpg
現地説明板

b0004675_17141628.jpg
仁王門と仁王尊(金剛力士像)(市重要文化財)

b0004675_17141735.jpg
観音堂(スタンプラリーのスタンプあり):もろに逆光(´Д`)


本堂南側左奥には
b0004675_1714684.jpg
脇屋義助公・石像
!!━━━━(゚∀゚)━━━━!!

b0004675_17142036.jpg
脇屋義助脇屋義助公遺髪塚
・・・もしまだ遺髪があるんなら血液型とかわっかんねぇかなぁと思っちまう

b0004675_17142275.jpg
遺髪塚/観音免遺跡から出土の層塔
文化財観音堂/お掃除小僧

 正法寺は古くはこっから南東1kmにある脇屋館後隣接地の観音免(かんのんめん)にあったとされ(江戸時代に現地に移転)、観音免遺跡からは板碑、五輪塔、層塔が出土し、そのうち層塔は脇屋義助公遺髪塚脇に移設されてる。(脇屋義助の板碑は明王院から出土してる)
 境内にはオクマン山古墳の台石も移設されてた。オクマン山古墳出土の埴輪はこちら

 いやぁ、それにしても暑っちぃ。見物の最中、何組かの親子連れがスタンプ押しにきたけど、押したらソッコーで帰ぇっちまって遺髪塚の方には来ねぇやぃなぁ・・・スタンプ押すだけがミッションなんだんべなぁ(´Д`)

 じゃあ次は南東1kmにある脇屋館跡に行ぐとすっきゃ・・・って、実は過去に何度か探しにきたことあるんだけんど、辿りつけなかったんさ。ネットの情報を便りにやっとめっけたで!!
b0004675_17141056.jpg
「脇屋義助公居館跡」の碑

 円福寺茶臼山古墳の国良親王御陵の石碑と同じ造りなんで戦前に建てられたもんなんかな。ネットの情報でみっとこの周りは一面の畑だったんに、最近すぐ裏に住宅も建てられたみてぇ。だいぶこの辺りも宅地化されてるんだねぇ。

b0004675_8551129.jpg
b0004675_0545276.gif  脇屋山正法寺 (Yahoo!ロコ)
 「脇屋義助公居館跡」の碑 (Yahoo!ロコ)
[PR]

by dr_suzuki | 2014-08-04 17:27 | 東毛(+両毛)漫遊 | Trackback | Comments(2)
2014年 07月 16日
両毛の「キリスト看板」
b0004675_11393415.jpg
両毛地区の津々浦々に「キリスト看板」

 まだ幼ねぇ頃、街角で黒地に白い太字で書かれた「死後さばきにあう」とゆう不気味でキョーレツな文言の看板を見て、なんだかおっかなかったこたぁねぇかぃ?

 今でも両毛地区で「石仏」や「標語こけし」の探索をしてると、聖書から引用されたっつー様々な文言を記したインパクトある看板を、街角でしばしば目にすらぃね。

 俗に「キリスト看板」とゆわれてるこの看板・・・オレも誰が、何のために、どうやって作って、そして貼ってるんきゃ?・・・ってずっーとギモンに思ってたんさ。そんな「キリスト看板」をググってみっと、全国の看板を蒐集したサイトや、Googleマップで看板のありかをマッピングしたものもあらぃね。うーん、やっぱみんなフシギに思ってるんだんべなぁ(笑)

先日、その「キリスト看板」の謎について、Twitterのタイムラインで以下のブログが紹介されてたんさ。まずぜひご一読してくんなぃ!これは一見の価値ありのすんばらしいレポだぃね!

 『誰も知らない「キリスト看板」(聖書配布協力会)の真実!』  (ブログ:銭湯・奥の細道 (東北の銭湯巡り)【新】)

 ・・・うーん、そうっだったんきゃ。沖縄を除く全国に約50万枚!もあるんなら、この辺にもいっぺぇあるんだんべなぁ。

 この記事にすっかりインスパイア(笑)されちまったんで、ちっと協力仰いで調べてみっと・・・いやぁ、あるわあるわ!予想以上! ならば、Googleマップで両毛地区で「キリスト看板」の分布と現況をマッピングしてみっか。(これまでのマップの調査エリアが両毛地区だったんで、今回もそれに準じて・・・てか群馬エリアとかにしちゃったら、まっさかいっぺぇすぎて、すぐ頓挫しちまうこと必至)
 
 オレンジ色のピンは「現場の画像あり」、黄色のピンは「Googleストリートビューで存在を確認したもの」さね。Googleマップ(2014年7月16日現在)の様子をキャプチャ・引用してみんべぇ。
 現在の「両毛のキリスト看板」マップの状況は、こちら! (マップでオレンジ色のピンをクリックすると実際の画像が見れるで)
b0004675_11393885.png

 まだ、ほとんど桐生と太田近辺の調査なんだけんど、マッピングしてぐと、その分布の広域性、豊富で刺激的な文言ヴァリエーションに驚かされるばかりだぃね。石仏と違って、公的機関の資料もねぇから、まさに街歩きで、ちょっとした宝探し的感覚!(笑)・・・オレも日曜日、ランニングがてら隣の町までキリスト看板撮りにいったで(笑)

 これまで集めたデータからの傾向として、「古い町に多く、新興住宅地には少ない」「南北に走る道では北側のブロック塀に多い」、「横書きの看板は新しい」そして「トタンの壁に親和性が高い」(笑)

 それにしてもあの「死後さばきにあう」・・・ この話をした人みんながみんな「うんうん!見たことあるね!」っていうけど、現段階で100を超すデータがあっても、たったひとつっきゃめっかってねんさね。しかも他の看板が上から貼られてるモノだし・・・よく目にしたんは毛筆体じゃなくゴシック体だった記憶もあるんだけんど。こんな稀少なもんなんに、いかにこの文言が、脳裏にキョーレツなインパクトを残すかがわからぃなぁ。実際、生きてぐんもこんなにいろいろ大変なんに、死んでからも裁かれちゃうんなら、まぁず心が安らかじゃねぇやぃね(笑)「死後さばきにあう」が予想以上にめっかんねんは、キョーレツな刺激的な文言ゆえに、すぐに撤去されちゃったり、上から全く別の広告看板で覆われちゃったり、あるいはマニアな人に持ち去られちゃったりしてるんだんべか?

 とりあえずはまず第1報、会合かなんかの時のネタ提供ってことで・・・まだまだ山ほどあると思うんで両毛地区のキリスト看板情報待ってるで!・・・運転にはくれぐれも注意してくんない!脇見運転したり、めっけて急ブレーキかけねぇように!

【参考サイト】
 キリスト看板陳列館 :2014年7月16日アクセス:豊富なヴァリエーションに驚かされるで
 『誰も知らない「キリスト看板」(聖書配布協力会)の真実!』 (ブログ:銭湯・奥の細道 (東北の銭湯巡り)【新】): 2014年7月16日アクセス


【画像提供・調査協力(敬称略)】
 焼きそば君、岩魚、ashikoma、ミチミチ

【注】
 この記事及びマップ作成は、看板を作成している聖書配布協力会及び信者の方々、看板を掲示されている家主の方々、キリスト教を信仰されている方々を誹謗・中傷する意図のものではありません。制作者及び調査協力者も団体関係者ではなく、またクリスチャンでもありません。



【追記】:こんなユニークなもんもあるで(笑)
 キリスト看板ジェネレータの復活 (β) : 2014年7月16日アクセス



【更に追記】
b0004675_21393638.jpg
7月25日太田市世良田町国道354号沿いで「死後 さばきにあう」を発見したで!
2012年8月撮影のGoogleストリートビューじゃ貼られてねんさ!
最近貼られたってことなんきゃ!?

[PR]

by dr_suzuki | 2014-07-16 12:20 | 東毛(+両毛)漫遊 | Trackback | Comments(8)
2014年 07月 11日
台風一過の夕焼け ~ 新田郡庁跡にて 2014.7.11
b0004675_20303492.jpg
7月11日 台風一過の夕焼け ~ 太田市・新田郡庁跡にて
by iPhone4S

明日も晴れるといいね。

でも明日も明後日も猛暑日だって。やだやだ(´Д`)

b0004675_215718.jpg


[PR]

by dr_suzuki | 2014-07-11 20:31 | 東毛(+両毛)漫遊 | Trackback | Comments(4)