カテゴリ:東毛(+両毛)漫遊( 523 )

2016年 08月 28日
特急りょうもう号・台鉄カラー 『普悠瑪(ぷゆま)』 デザイン
b0004675_15373287.jpg
特急りょうもう号・台鉄カラー 『普悠瑪(ぷゆま)』 デザイン
東武桐生線・藪塚駅-阿左美駅間

東武鉄道は今年の6月17日より特急「りょうもう」号200型車両 1編成の塗装を、
友好鉄道協定を締結した台湾鉄路管理局の
台鉄自強号 『普悠瑪(ぷゆま)』のデザインに変更してるんさね!

たまたま踏切待ちをしてたら
『普悠瑪(ぷゆま)』デザインの「りょうもう」号、キタ━━(゚∀゚)━━!!

iPhone5sであわてて撮影(笑)

・・・やっぱ、オレは新幹線なんかよりも
「りょうもう」が一番かっこいーやぃなぁ(笑)

[PR]

by dr_suzuki | 2016-08-28 15:39 | 東毛(+両毛)漫遊 | Trackback | Comments(0)
2016年 05月 22日
アンディ&ウィリアムス ボタニックガーデン (太田市新田市野井町) 【薔薇など】
b0004675_2331546.jpg
Andy & Williams Botanic Garden (NittaIchinoi, Ota)
by JoyfulHonda Nitta

 ジョイフル本田新田店が運営する英国式庭園「アンディ&ウィリアムス ボタニックガーデン」。いつかは行ってみっか思ってたんだけんど、ローズウィークだそうなんで、ウチの庭づくりにも参考になるんきゃ?と思って妻娘と行ってみたで。入場料は550円也。・・・園内は百花繚乱。いろんな種類の薔薇がおーかきれいさね。さすがはプロの運営する庭園。レベルが違い過ぎで参考になんねぇ(笑) しかもiPhoneのマクロレンズを忘れる痛恨のミス・・・(´Д`)

 いやぁ初夏の日差しがまっさか暑ちかったぃなぁ。以前は園内でカフェもやってたそうなんで、ぜひ庭園内のカフェを復活させてほしいやぃ。ジョイフル本田宇都宮店が作ってるクラフトビール「プレストンエール」でも出してくれりゃぁ、なおいーだんべ。またぜひ夏や秋にも来てみてぇやぃね。

b0004675_233126.jpg
b0004675_23305885.jpg
b0004675_23305795.jpg
b0004675_23362859.jpg
b0004675_23305366.jpg
b0004675_2336350.jpg

b0004675_2330441.jpg
b0004675_23304313.jpg

b0004675_2330238.jpg
b0004675_23442113.jpg

b0004675_23304530.jpg


アンディ&ウィリアムス ボタニックガーデン|株式会社ジョイフル本田 (公式) 2016年5月22日アクセス


[PR]

by dr_suzuki | 2016-05-22 23:43 | 東毛(+両毛)漫遊 | Trackback | Comments(0)
2016年 04月 24日
ひな牡丹園 (みどり市笠懸町久宮) 【ボタン】
b0004675_23255775.jpg
ひな牡丹園 (みどり市笠懸町久宮)
江戸時代中期から11代続く
橋場家の敷地の約3000平方メートルに
500株のボタンが植えられてる

 「花と緑のぐんまづくり 2016 in みどり ふるさとキラキラフェスティバル」のイベント処となってる、みどり市笠懸町久宮(くぐう)の「ひな牡丹園」に行ってきたで。

 広大な橋場さんチの庭園に植えられた様々な綺麗なボタンが今が盛りさね。そして築350年とも伝えられる旧母屋も見学できらぃ。この辺は養蚕が産業の軸だったんが良くわからぃな。2階には先祖伝来の掛け軸も展示されてらぃね。日露戦争の軍人がいっぺぇ描かれてる掛け軸はまぁず貴重じゃねぇきゃ。

 はぁこりゃ個人の道楽の域をおーか越えてるレベルさね。しかもこれがなんと入場見学無料とゆう豪儀!いやぁすんげぇね!
b0004675_2320741.jpg

b0004675_23201222.jpg
b0004675_2320987.jpg
b0004675_23192258.jpg
b0004675_23192521.jpg
b0004675_23191280.jpg
Pics taken by iPhone5S / Canon EOS M


【参考文献】 桐生タイムス 第189651号 2016年4月21日

群馬県 - 花と緑のぐんまづくり (公式:2016年4月24日アクセス)




[PR]

by dr_suzuki | 2016-04-24 23:35 | 東毛(+両毛)漫遊 | Trackback | Comments(0)
2016年 04月 11日
SAKURA 2016
b0004675_13305865.jpg
SAKURA 2016

今年の東毛の桜を
iPhone5s with Instamag で


b0004675_13305399.jpg
鹿の川沼 (みどり市笠懸町)

b0004675_13304694.jpg
県道334号阿左美桐生線 (桐生市相生町)

b0004675_13351628.jpg
太平記桜街道 (太田市新田市之倉町)

b0004675_1330498.jpg
太平記桜街道 (太田市新田市之倉町)

b0004675_1330519.jpg
鹿ノ川沼 (みどり市笠懸町)

b0004675_13304418.jpg
岡登緑道 (桐生市相生町)

b0004675_13305556.jpg
冠稲荷神社 (太田市細谷町)



[PR]

by dr_suzuki | 2016-04-11 13:46 | 東毛(+両毛)漫遊 | Trackback | Comments(0)
2016年 04月 02日
発見!岩窟の青面金剛 (太田市西長岡町)
b0004675_0195850.jpg
太田双葉カントリークラブ・愛宕コース脇に
岩窟に収められた青面金剛(文化3年:1806年)
太田双葉カントリークラブ様のご厚誼により特別の許可を得て取材・撮影

 3月末、桐生みどりさんから驚愕のメールが届いたんさ。「太田双葉カントリークラブ内で青面金剛があるとの情報を得たので、交渉を重ねて許可をもらって見てきました。画像も撮ったのでお送りします」・・ええっ!なんだって!・・・これはすげぇ!!
 青面金剛については、この数年両毛地区の分布マップを有志の皆さんのご協力で作成しており、旧新田郡領域はほぼすべての青面金剛を網羅していると自負していたんだけんどなぁ。ゴルフ場内まではさすがに調査してなかったぃ。これはすげぇ発見だ!オレもなんとか見てみてぇもんだ。幸いなことに桐生みどりさんが太田双葉カントリークラブさんにオレのことも(石仏が好きな変人がいますと)話しておいてくれたっつー話だ。

 オレはゴルフは打ちっぱなし行って全く才能がねぇことを十分自覚してるんで、やんねぇしなぁ。どうしても見てぇんで、早速、太田双葉カントリークラブさんに電話で石造物を見せていただけねぇかとお願いしてみることに。ゴルフ場に「場内の石仏を見せてくれ」とはこりゃ酔狂の極みだんべなぁ。対応して下さった太田双葉カントリークラブのA課長に懇願し、3月31日夕方にアポイントメントを取っていただく。喜び勇んで仕事を時間休を取って、太田市西長岡町の太田双葉カントリークラブへ。場内の桜も5分咲きさね。

 A課長に不躾なお願いを許可していただいたご挨拶、自己紹介をすると、「ブログ見てますよ。よく調べてありますよね」とゆうまさかのお褒めの言葉を頂戴しちゃったぃ!うれしいやら恐縮するやら(笑)ゴルフ場内の石造物のところまでわざわざご案内いただいたで。

b0004675_0194721.jpg
愛宕コースの脇にそれはあった

 
おおっ!岩窟に石造物が!!こりゃすげぇ!(感動)

b0004675_0195775.jpg
岩窟入り口
八王子丘陵特有のやや青みがかった石に大きく岩窟が掘られ、中に石造物が安置されてるんさ。岩窟は向かって左に「庚申」の文字が彫られてて、右側には上の字が風化して欠落してるだけんど、「中」あるいは「申」が読めらぃね。
b0004675_020369.jpg
岩窟内の石造物: 左・台座含む青面より/右・像を向かって右斜め前から斜位
朱に塗られた痕あり
『太田市石造美術調査報告書』(1976・太田市史編集室)には未収載!

 石造物は、一見すると六臂、右中手に剣、左手中手には羂索(ショケラではない)を持っている青面金剛と思われる。が、庚申塔に特有の日・月・三猿・二鶏もなく、踏んでいるのは鬼にみえない。しかし不動明王にしては背後に火焔がみえない。なんとなく青面金剛と不動明王をハイブリッド化したような像容である。
 台座には「文化三丙寅天 願主満海」と彫られている。(先発の桐生みどりさんが白墨で浮き上がらせてくれてたので、そのままで撮影) 庚申塔によくあるムラの講中が造立したのではなく、八王子丘陵は低山なんに「満海」とゆう修験者又は修行僧がいて、彼が建立した珍しいタイプと考えられらぃね。ここに篭って修行してたんだんべか?果たしてこの岩窟が掘られたんが19世紀なんか、あるいは近世のものなんかわかんねぇけんど、青面金剛が岩窟内に安置されてるんは太田地区では珍しいんで文化的価値がおーか高ぇと思われたで。

 A課長のお話では、太田双葉カントリークラブは昭和49年に開業したんだけんど、この部分は往時のままで保存してること、年に一度はお供えをして祀っているとのことだったぃね。すんばらしい!

 いやぁそれにしても嬉しくって青面金剛にかぶりつきで画像撮りまくってたんで、A課長にすっかりドン引きされちまったよ(笑)

b0004675_020186.png
青面金剛の位置は紫の◇ :アプリ「Geographica」より転載
36°21'24.59’’N 139°20'16.89’’ 高度165.5m

 太田双葉カントリークラブでプレーするゴルファーの皆様、愛宕コースの脇のこの青面金剛にお参りすっとご利益でいいスコアが出っかもしんねぇよ(笑)
 
 情報を下さった桐生みどりさん、こんな怪しい郷土史家(自称)に心よく取材を許可していただき、更にはブログへの掲載も快諾してくださったA課長様、支配人様、はじめ太田双葉カントリークラブ様には心より感謝するで。ありがとうございました。旧新田郡域の青面金剛像はすべて網羅したと思っていたんだけんど、自分の不勉強と慢心を反省した次第さね。いやぁ八王子丘陵は奥が深ぇやぃなぁ。

 両毛の「青面金剛」 (GoogleMap)
 太田双葉カントリークラブ (公式)

【参考文献】
『太田市石造美術調査報告書』 太田市史編集室 1976


[PR]

by dr_suzuki | 2016-04-02 00:44 | 東毛(+両毛)漫遊 | Trackback | Comments(6)
2016年 02月 14日
第62回 桐生市堀マラソン大会 【10km】
b0004675_13541228.jpg
雨上がり、そして季節外れの暖かさ
第62回 桐生市堀マラソン大会 本町2丁目にて

 今、世間を賑わしている「シャブば◯あ」の出身地という桐生市でのホーム戦、桐生市堀マラソンに今年も参戦。ハーフか10kmかどうしようかと思っていたが、昨年は10kmに出たものの、ライバルのアルディさんに1分ほど負けてしまった。再び10kmでバトルを!とお願いし、アルディさんともども今年も10kmでの参戦となった。10kmなら、まず走れるので気楽だしね。

 堀マラソンの2日前、アルディさんからメッセージが届く。「対戦に勝つべく50分切りを目指して追い込んだ練習をしていたら、肉離れ(ハムストリング損傷)をしてしまったので堀マラソンは欠場します」だって。走る前から今年は不戦勝(笑)になってしまったが、ならばここはオレも50分を切って、アルディさんに完全勝利を見せつけたい。今回の目標は自己ベスト、50分切りに設定!

b0004675_2273149.jpg 2月14日、朝起きたら曇天。予報では春の嵐で雨のち晴れ。気温は季節外れの20度を超えるという。例年寒くて凍える堀マラソンなのに。ウェアをどうしたら良いか迷うね。(結局冬用モードにしてしまった)7時過ぎに家を出る時には雨が降っていた(´Д`) 雨の中で走るのは嫌だなぁ。

 西桐生駅からingressをしながら会場の新川公園へ。いつしか雨は止んだ。この分では雨の中のランは避けられそうだ。予報通りだんだん気温も上がってきているようだ。


b0004675_6583566.jpg ラン仲間と再会。9時10分、10kmの部スタート。本町通りに出るまでは人数が多くてダラダラ走りだが、本町通りに出てバラけてからペースアップ。今日は体が軽い。調子いいぞ。これなら自己ベスト、50分切りも狙えるかも。スピードアップして北上。気温が上がってきて、冬モードにしてしまった服装を後悔した。

 群大工学部を過ぎた辺りから、ん?左脛に・・・違和感。そして左脛がだんだん痛くなってきたぞ(´Д`) 前半飛ばし過ぎたか?4km辺りで痛みがどうにも激しくなってきて、ついに心が折れて歩いてしまった。脛がこんなに痛くなるの初めてだ。1回歩いてしまうともうダメで、折り返しから6km辺りまで、結局4回も歩いてしまった。残りはあと4kmだからなんとか走り切れるとは思うが、このままでは散々な結果になりそうだ。

 だましだまし走っていたら、残り2kmぐらいで、脳内で麻痺したのか、痛みがだんだん引けてきた。中盤は全く走れてなかったので、まだまだ余力は十分。ここからこれ幸いにとスピードアップ。ラストスパートかけてゴール。記録は54分37秒。病み上がりだった去年より遅いヘタレた記録(´Д`) 中盤のヘタレ具合で、これは55分も切れないだろうと覚悟してたけどね。もうご老体には50分切りなんて無理なんですな。今後は身の丈にあった目標にしますわ。

b0004675_21431061.png
Nike+から転載 中盤が左脛痛でグダグダですな
最後はいつになくペースアップしてゴールできてる

b0004675_2143036.jpg
いつもの水と完走証
今年の記念Tシャツのデザインは期待はずれですな(´Д`)


 関係者、運営の方々、ごくろうさまでした。また来年もよろしくお願いします。アルディさん、ご快癒お祈りしております。来年こそ再戦しましょう!


[PR]

by dr_suzuki | 2016-02-14 22:09 | 東毛(+両毛)漫遊 | Trackback | Comments(0)
2016年 02月 01日
蝋梅咲く雷電神社 (邑楽郡板倉町) 【ロウバイ】
b0004675_16335622.jpg
蝋梅咲く雷電神社 (邑楽郡板倉町)

 寒さの緩んだ1月31日、ロウバイが咲いてるってゆー邑楽郡板倉町の雷電神社に久々に行ってみたで。
 1月18日付の上毛新聞によれば、暖冬のため雷電神社のロウバイがはぁ見頃だっつー話。でも上毛新聞の「花が見頃」の記事はアテになんねぇことも多いしなぁ。

 2004年以来、約11年半ぶりの雷電神社。このブログの東毛漫遊カテゴリの一番古りぃ記事さね。行ってみっと、境内にはロウバイの甘い香り。社殿を囲むようにいっぺぇロウバイが植わってるんだけんど、確かにちっと見頃を過ぎた感じかなー。中には今が盛りのもあるんだけんど。
b0004675_1634169.jpg
b0004675_16335963.jpg
b0004675_1634472.jpg
b0004675_16341444.jpg
雷電神社とゆえば
社殿を囲む数々の彩色の彫刻がまぁずお見事!

b0004675_16341044.jpg
うなぎをつかまえる子供たち
水郷・板倉を表す逸品!

b0004675_1634786.jpg
なまずさん
なでると地震を除けて自信が湧き出るっつーご利益だそうだぃね

 帰ぇりに、数年前に354号バイパス沿いに移った「うおとし」(旧・魚俊)で、なまずセット(なまずの天丼・たたき揚げ・なまず薄造り)を食ったで。全然クセもドロ臭さもなくって、なまずって言われなきゃ、なまずってわかんねぇやぃ!美味かったで。新店舗は分煙になってて良かったぃねぇ。
b0004675_16341188.jpg
なまずセット(なまずの天丼・たたき揚げ・なまず薄造り) @ うおとし


 雷電神社ホームページ (公式) 2016年2月1日アクセス
[PR]

by dr_suzuki | 2016-02-01 16:43 | 東毛(+両毛)漫遊 | Trackback | Comments(6)
2016年 01月 20日
雪の岩宿駅 ~ 115系、東へ
b0004675_12522328.jpg
雪の岩宿駅 ~ 115系、東へ。

7時頃から突然降り始めた雪。あっという間に路面は真っ白。
雪にはおーか弱ぇ両毛線も、この時間は若干の遅れのみ。

今日はなんだか雪国みてぇだ。

Photo by iPhone5S with InstaMag


b0004675_8475777.jpg
1月30日 再び雪に
115系、2分遅れで桐生駅へ出発
Photo by iPhone5S with InstaMag

[PR]

by dr_suzuki | 2016-01-20 12:56 | 東毛(+両毛)漫遊 | Trackback | Comments(4)
2016年 01月 10日
第41回 太田市新田新春健康マラソン大会 【4.12km】
b0004675_2116979.jpg
寒いけど、いつもの年ほどではないね
第41回 太田市新田新春健康マラソン大会

 年が明けて2016年最初のマラソン大会は、恒例の太田市新田新春健康マラソン。ユルいローカル大会、干支のついた完走証をもらって十二支を揃えるべく参戦。昨年のたてばやし駅伝でチームが低迷したため、新戦力の発掘も急務だ。今回は駅伝チームから、つの君、S君が参戦。(ashikomaさんは申し込みしたけど、当日急用のため残念ながら不参加) 太田の職場には学生時代「熱気球サークル」にいたという異色の経歴の持ち主、元気な あっしー君(仮名:20代男性)が配属されたので「4kmのユルい大会だから」と(パワハラで)誘ってみた。すると5年前に たてばやし駅伝に参戦したテニス好きのO先生も参戦するという。O先生はその時のたてばやし駅伝でカエルのかぶりモノをしてきたのだけど、「今回はコスプレで行くから!」とまさかの宣言。一体どんなカッコをしてくるつもりなのか・・・!?「じゃあすずき先生も何かしましょうよ」と誘われる。うーんならば・・・オレもあのかぶりモノを出して参加してみようじゃないか!

b0004675_16354164.jpg 1月10日、少しは冷え込んでやっと冬らしくなったけど、例年から比べると寒くない朝。新田エアリスの駐車場に車を停め、ingressをやりつつ、受付終了。オレの用意したかぶりモノ、そう熊谷バーニングマンレースでかぶった「ぐんまちゃん」のかぶりモノだ(笑) しかしちょっとこっ恥ずかしいのでサングラスはしとこう・・・というか外せんな(笑) 駐車場でメンバーと合流。コスプレをしてくると豪語してきたO先生はフツーのカッコをしている。「コスプレしてくるんじゃなかったの?」「してますよ」「え(´Д`)!?」「このウェア、上下とも錦織圭モデルですよ!錦織圭コスプレですよ!わからないんですか!?」「うぅ(´Д`)・・・・いや、フツーの人はわかんないと思うよ(´Д`)」・・・騙されたんですね。「ぐんまちゃん」かぶっちゃってるオレはバカですね、そうですね(´Д`)・・・まぁいいや。
 さぁスタート地点へ急ごう。新田新春は老若男女一緒のランニング大会、小さな子どもから「あ、ぐんまちゃん!」「ぐんまちゃ〜ん!」と次々に声をかけられる。すげー人気じゃねーきゃ!(笑)今回の目標は、20代の新戦力、あっしー君(仮名)に勝ってランニングの厳しさを教えてあげることだ。


 9:00スタート。ちょっと出遅れたものの、スピードを上げていくと「ぐんまちゃん、がんばって!」「ぐんまちゃん速いよ!」など、いただく声援がハンパない。いや~ぐんまちゃん人気あるなぁ。ぐんまちゃんなんかを被って遅いとカッコ悪いので、がんばって走っていく。今日はなんだか快調である。折り返し地点を過ぎ、田んぼの北上コースのいつもの場所でiPhoneで画像を撮ってから、更にスパート。あっし君の姿は全然気づかなかったが、きっとオレの後ろを走って追いつけなかったんだろう。寒いからぐんまちゃん被ってても全然暑くなくていいや。新田陸上に戻るまで「ぐんまちゃん、がんばって~!」の声援をたくさんもらって、最後に陸上競技場を半周してゴール!19分24秒(目視で)、自己ベストより11秒遅い・・・途中で画像撮ってなかったら自己ベストだったかもなぁ。
 O先生も20分切りでゴール!あっしー君も根性の20分切り!キモチ悪くなって脚が攣ったそうな。こりゃ期待の新戦力だね!つの君もS君も無事ゴール。

b0004675_16353618.jpg
例年通りスポーツドリンクとタオルをいただきました。
41thじゃなくて「41st」が正しいんだけどね(´Д`)
スタッフの皆様、ありがとうございました&おつかれさまでした。
完走証も8枚目。あと4年続けたいね。


b0004675_16354745.jpg
 打ち上げは新田ということで、木崎の助平屋饅頭総本舗へ。
焼きまんじゅうと焼きそばという、グンマーらしいメニューで。

 そこでの会話
あっしー君:「いやぁ疲れちゃいました。先行逃げ切りでと思って最初からガンガン飛ばしていったんですけど、苦しくなってペース落ちたら、抜かれてしまって」
すずき:「え?気づかなかったよ。あっしー君、オレはどこで君を抜いたの?」
あっしー君:「あの田んぼの踏切を過ぎたところですけど」
あっしー君以外の全員:「え!?(´Д`)・・・・ふ・み・き・り??(´Д`) ・・・踏切なんてないんだけど・・・(´Д`)」
新田の会場付近の田んぼに線路などあるわけもなく、どうやらあっしー君はがんばりすぎて幻覚を見ちゃったんでしょうか(´Д`) 新戦力と期待していたのですが、そのうち「虹が見えるぅ」とか「気球が見えるぅ」とか言い出したらどうしよう?根性があるのはわかったけど、こりゃあまり無理させないようにしなくっちゃな。

※ あっしー君は、今後「ふみきり君」とさせていただきます(笑)

[PR]

by dr_suzuki | 2016-01-10 16:54 | 東毛(+両毛)漫遊 | Trackback | Comments(0)
2015年 12月 23日
威光寺・新田義興公の墓 (太田市由良町)
b0004675_18132159.jpg
威光寺・新田義興公の墓(太田市由良町)
中央の宝篋印塔が義興公の墓とされる

 久々の新田氏史跡めぐりシリーズ。まだ太田で行ってねぇところがあったで(笑) 今回は新田義貞公の次男、新田義興(よしおき:幼名徳寿丸)の墓とされる宝篋印塔がある太田市由良町の威光寺へ。

 えー、まずは寺の山門脇の説明板を
b0004675_18131443.jpg

 説明板には元徳2年(1330)に新田義興公の開基ってあるんだけんど、義興公は1331年頃生誕とされるんだけどね・・新田徳寿丸は1337年奥州の北畠顕家の西上軍に同行し、吉野で後醍醐天皇に謁見し義興の名を賜った。観応の擾乱に乗じ、上州で挙兵し、その後の1352年に宗良親王を奉じて、弟義宗、従弟脇屋義治と挙兵して鎌倉を一時占拠。しかし朝敵・足利尊氏の反撃にあって鎌倉を追われ、敗走。足利尊氏の没した1358年再び鎌倉を目指したんだけんど、足利方の奸計により、多摩川の矢口の渡しで謀殺されちまう。その後義興の亡霊が夜な夜な現れたため、霊を鎮めるために新田神社が祀られたっつー話さね。(この事件を題材に福内鬼外 (平賀源内 ) らの作った通し狂言『神霊矢口渡』としても有名:今年11月に国立劇場で演じられた)義興公を祀った大田区・新田神社の2009年の探訪記はこちら。その後どうゆう経緯があったんかは不明だけんど、ここ威光寺に墓が作られたらしい。後世の追善供養の時にこさえたんだんべなぁ。

b0004675_18292645.jpg 義興公の墓は立派な本堂の西側にあるで。

b0004675_18131765.jpg
義興公の墓とされる宝篋印塔
近くに義興公の説明板がほしいんね
宝篋印塔は門外漢なんで・・・でも室町期じゃねぇようにも思う


 行ってみっかっつーヤツは県道312号で。県道だけんどこの由良の辺りはおーか狭めぇんで注意してくんない。山門への入口もまっさか狭めぇんで3ナンバーの車は入るんに気ぃつけて。

b0004675_0545276.gif 正英山自性院威光寺 (Yahoo!ロコ)


【参考サイト】
破魔矢発祥の地 新田神社 (公式:東京都大田区) ←気合入ってる! 2015年12月23日アクセス
11月歌舞伎公演「通し狂言 神霊矢口渡(しんれいやぐちのわたし)」 (国立劇場公式) 2015年12月23日アクセス
新田神社(東京都大田区):拙ブログ2009年の記事

 10月に発刊された安倍龍太郎氏の小説『義貞の旗』(集英社)には、これまでの義貞公の小説と趣が違って、この徳寿丸と母(義貞公側室)がキーパーソンになってるんだぃね。義貞公好きな方はぜひ・・・だけんどなんだか義貞公の後醍醐天皇に対する態度がおーか不遜に書かれてて(´Д`)、そしてその最期もあまりにもあっけなくて(´Д`)・・・新田氏シンパとしちゃあ、なんだかなぁな感じさね 

義貞の旗

安部 龍太郎 / 集英社


[PR]

by dr_suzuki | 2015-12-23 18:42 | 東毛(+両毛)漫遊 | Trackback | Comments(0)