カテゴリ:東毛(+両毛)漫遊( 527 )

2017年 12月 10日
第35回 たてばやし駅伝大会 【4km】
b0004675_1991299.jpg
暖かな冬の日・・・第35回 たてばやし駅伝大会スタート!

 やってきました12月!12月といえば「実業団対抗ニューイヤー駅伝」「箱根駅伝」と並ぶ、日本3大駅伝、おなじみ「たてばやし駅伝」ですぜ!

 忘年会を兼ねた恒例の大会。これで9年連続9度目の出場。今年こそ悲願のAクラス(参加チームの上位半分)入りを果たしたい。

 エントリーをした旨をT君に伝えるとこう切り出された。「来年でたてばやし駅伝も参加して10年じゃないですか。オレたちもみなそれなりに年を取ったし、来年の10回でチームの集大成にして、駅伝は卒業してそれぞれの道を歩みませんか?」「・・・でも今年は9回目だよ」「だから集大成の本番は来年ですよ!だから今年はあくまで『練習』!ですよ!」・・・どうやら全く走ってないらしい(´Д`)

 まぁ毎年(パワハラで)バカに付き合ってもらってるので、今後も続けようとも無理強いもできまい。実は職場にはオレたちのチームのようなヘタレチームでなく、ガチな駅伝部もあるので、一人でも多く会心の走りをして、駅伝部から声がかかって「一人昇格」ができるように頑張ろうじゃねえか!

 エントリーしたのはもちろん今年も一般男子20km!(一人4kmx5人;館林城沼陸上競技場からつつじヶ岡公園の周回コース;男女混成可)

 ではいつものようにメンバーを紹介しよう。

第1走 チームのエースN君。(9年連続9度目出場:ベスト17′55″) 
 「いやぁこれほど走らないで駅伝にのぞむの初めてです!(きっぱり)」と話すエース。全く練習はしてないとのことであるが・・・ingressはレベル14。今年も来る途中ingressに夢中になりスタートに遅れてくる危惧あり。

第2走 好不調の波の甚だしいT君。(4年連続8回目出場:ベスト17′35″)
 この秋に職場の卓球大会で優勝した。その卓球に対する情熱の百分の一でもいいから、駅伝にかけてはくれないものか。あのベスト樹立以来、結果は散々で、あの記録はひょっとしたら途中の道をショートカットしたのではないかという疑念すら抱かれている。

第3走 スマホを買ったのにLINEもしてない つの君。(3年連続7回目出場:ベスト19′05″)
 「Tさんが、今年はあくまで練習で来年が集大成だっていうから、ボクも全然走ってないんですよ。今年はテキトーでいいんですよね?来年がんばります!」・・・え!君もか?(´Д`)

第4走 チーム最年長のオレ。(9年連続9回目出場;ベスト18′16″)
 ほぼ夜な夜な走り、練習量だけならチーム随一。昨年は最年長のオレが最速というヘタレチームだった。最近、ちょっと頑張ると足底筋膜や大腿部が痛くなってしまい老化は隠せない。

第5走 ワンダーボーイ、最年少の「ふみきり君」(仮称)。(2年連続2回目出場;ベスト20′00″)
 300m離れた職場にも車で通勤するという典型的な群馬県人。チーム唯一の20代、その爆発力に期待。「終わった後、焼肉に連れて行ってくれるんですよね!楽しみだ~!」と、もう焼肉しか眼中にない。来年、あの新田新春が中止となった今、また再び幻覚をみるほど、ここ館林で追い込んでほしい。

監督兼補欠 Osato君 (ベスト19′34") 
 今年も走れませんと泣きがはいったので監督に昇格。ただ監督とは名ばかりで、雑務一般を担っていただく。ありがとうございます。
補欠 ashikomaさん (女性・永遠の25歳:ベスト22′18″) 今年は都合で欠席

b0004675_1914875.jpg 12月10日朝、晴天。冷え込みも緩く風もない絶好の駅伝日和。つの君の車に乗せてもらい、T君、ふみきり君も一緒に館林へ。すでに現地でスタンバイのOsato監督から今年は128チーム参加との連絡が入る。ぜひ64位より前に入り悲願のAクラス入りを達成したい。館林城沼陸上競技場に到着。いつもの場所に陣取る。今日は風も全然なく、日向では暖かいぐらいだ。タイムが遅くても風は理由にできないのだ。今回もユニフォームはいつもの「ピンクの迷彩」N君も無事遅れず到着。準備は万端である。


 さぁ9年目の たてばやし駅伝スタート! N君は後ろからのスタート。例年なら順位アップを期待だが、今年は全然走ってないとのことなので、どこまで順位を上げてくれることか・・・と期待したが不調らしく、大きく遅れてしまい、2走のT君へタスキを繋ぐ。

 T君・・・なかなか帰ってこない・・・やっぱり練習してなかったのね(´Д`) 3走つの君が走る前にトップチームに周回遅れにされてしまった!(今年の上位速かったね)T君から3走つの君へ。つの君もいつになく苦しそうで(後に自己ベスト樹立と発覚。実は密かに練習してたのでは?)、4走オレにタスキが渡る。よし!前のランナーできる限り抜いてやるぞ!

b0004675_17184220.jpg 意気込んでキロ4分を切るペースで走り出す。しかしこれが老化なのか、最初にスピードを上げすぎたのか、痛めていた右足底が少しずつ痛み始め、スピードが落ちてしまい、2kmぐらいですでにキロ5分に落ちてしまった。あぁ今日はダメだ(´Д`) なんとかくらいついていたが、今度は徐々に大腿も少し痛くなってきたぞ。昨年は10人以上を抜いたのに、今年は6位しか順位を上げられなかった。疲労困憊、全くもって不本意な走り(´Д`) (記録は19分35秒と自己ベストより1分以上、昨年より1分近く遅かった)
 アンカーのふみきり君にタスキを渡す。若さ漲るふみきり君はチーム内トップ、自己ベストの18分台でゴールしたものの、総合順位はというとトホホな3桁・・・(以前のわれらチームの記録と比較しても、そんなに悪い記録でもないので、たてばやし駅伝参加チームのレベル全体が上がっているのだと思う)
 悲願のAクラス入りはまたもおあずけになった。今日は天気にも恵まれたので、ヘタレた原因を風や寒さに押しつけることもできない(´Д`)


b0004675_1915287.jpg 帰りは恒例の焼肉き○ぐ館林店で打ち上げ。そこで「来年は、このチームの10年間の集大成にして、各自自己ベストを出して悲願のAクラス入りを果たして有終の美にしましょう!」との話になり、皆でこれを了承。来年はこのチームで最後の戦いを挑むことに。来年は5人が快走できるのであろうか?天気が今日みたいに良いといいな。酔っぱらったT君は「よし!今日から走りますよ!」といい、夕方にLINEのグループで「走りました!」って書きこんでたけど・・・絶対ウソでしょ!(笑)


b0004675_9204030.jpg
今年の賞品はスポンサーの地元カルピス様ご提供のカルピスウォーターとタンブラー
家に帰ってからT君に指摘されたんだけど、
ゼッケンのナンバーが偶然にも去年と全く同じだったのね。


スタッフの皆様、おつかれさまでした&ありがとうございました。
来年もぜひ開催して下さい。お願いします! さぁファイナル(予定)の来年に向けて精進だ!
[PR]

by dr_suzuki | 2017-12-10 19:13 | 東毛(+両毛)漫遊 | Trackback | Comments(0)
2017年 11月 26日
小春日和の八王子丘陵逍遥 ~ 「ハンコウ石」を探して
b0004675_1823953.jpg

 11月26日、寒さも緩み、風もねぇ小春日和の休日。久々に八王子丘陵を散策。目標はingressで八王子丘陵西部の山中に散在してる拠点を敵軍から奪還することと、そしてもう一つ探索ミッションさね。

 トレイルラン仕様のいでたちで、まずは9時過ぎに藪塚の東毛青少年自然の家へ。十一面観音から石尊宮のコースで行ぐきゃと思ったら、まさかの登山道が通行止め(´Д`) 仕方なく、八王子丘陵ファントレイルのコースにもなってるくさり場コースで、八王子丘陵主尾根へ。
 東進し下って 石尊宮、主尾根に戻り八王子峠庚申塔を経て、主尾根を西進縦走(GPSの記録も取らねぇで軽くトレイルラン)→みどり市領分の荒神山山頂まで→ここで反転し主尾根縦走、茶臼山分岐から茶臼山山頂へ。久々の絶景を楽しむ。昔は片道縦走するだけで、ヘロヘロだったんに、尾根の山道を軽くトレイルランで往復できるようにまでなったで。鍛錬重ねっと人間は変われるよなぁ。(しみじみ)
 主尾根に戻り途中で下って、不整合を見物してから東毛青少年自然の家へ。ingressも敵の手中に落ちていた拠点をすべて自軍に奪還、最初のミッションはコンプリート。(→家に帰って確認したら、既に多くが敵軍に再奪還されてた(´Д`)・・・ムムム、敵も天晴な機動力である)木々の紅葉もちょうど今が見ごろだぃなぁ。

 さて、今回はもうひとつのミッション。それはハンコウ石を探すことさね。

 薮塚駅の旧薮塚本町時代に設置されたと思われる観光案内の略地図に、その名はあるんさ。
b0004675_1824187.png
「ハンコウ石」?


 「ハンコウ石」・・・どんな石なんだんべか?どーしてカタカナなん?こんな観光案内板に堂々と載ってるってことは、さぞかし立派な石なんだんべ??略地図上はここへの道がつながってるみてぇだ。よし、めっけて画像に収めて、巨石に詳しいMURYさんにも見てもらうんべぇ。でも現地近くには過去に何度も行ったことがあるんだけんど、案内標識なんか見た記憶もねぇし、それっぽい石も見たこたぁねんだけんどなぁ。

 まだ足も問題ねぇから「ハンコウ石」探索へゴー!東毛青少年自然の家から、滝野神社脇を通って金子山の鞍部越えから石切り場脇へ。石切り場は立入禁止になってたで。せっかくなんで北山古墳にも寄って。

b0004675_1824259.jpg 略地図の「ハンコウ石」が記されたあたりに行ってみっと・・・?
 え?・・・・砂防ダム(右)ができてるんだけんど・・・(´Д`)

 それらしいもんはぜんぜんめっかんなかった。石切り場の更に奥の立ち入り禁止エリアにある石切り場の石のことなんかな?せっかく発見譚のブログにしようと思ってたんに、企画倒れ・・・砂防ダムの工事で撤去されちまったんきゃ? って、駅の観光案内地図にも載ってるもん撤去しちゃったらダメだし、立ち入り禁止区域にあるんだとしたら紹介しちゃあダメだんべ。そこへ行ぐ道も本当にあるんきゃ??

 「ハンコウ石」・・・その正体は一体どんなもんなんだんべか? 
 知ってるヤツはぜひ情報くんなぃ。 

 (つづく・・・??)
[PR]

by dr_suzuki | 2017-11-26 23:41 | 東毛(+両毛)漫遊 | Trackback | Comments(0)
2017年 11月 05日
ぶらり小春日和の館林
b0004675_12413934.jpg
(前の記事の続き)
せっかく館林に来たし、小春日和なんで
東武トレージャーガーデンから茂林寺へ行ってみることに。
近くなんで歩ってみっかと思ったら、先月の台風で遊歩道が通行止めになってた。

茂林寺の山門前のタヌキはなぜか「力士の浴衣」を着てたで。

帰ぇりには、JA邑楽館林 農産物直売所 ぽんぽこ に寄って野菜を買って、
続いて龍神酒造の富士見町店で、クラフトビール「オゼノユキドケI.P.A.」を購入。
「ホワイトヴァイツェン」「ブラウンヴァイツェン」は近郊の酒屋でも見かけっけど、
I.P.A.はここに来ねぇと入手でぎねんさね。

ingressしながら帰宅。陽が落ちるんが早くなって、家に帰ぇったらはぁ真っ暗さね。
さっそく「オゼノユキドケI.P.A.」で一杯。IPA好きな方ぜひ!うんめぇよ!

老後は館林に住んでもいーかなぁって、行くたんびに思うんさ。
東京には近ぇし、公園いっぺぇあるし、美味ぇビールもあるしなぁ(笑)

[PR]

by dr_suzuki | 2017-11-05 12:33 | 東毛(+両毛)漫遊 | Trackback | Comments(2)
2017年 11月 04日
東武トレジャーガーデン ~ 秋のローズ&ガーデンフェスタ (館林市堀工町) 【薔薇など】
b0004675_12511566.jpg
東武トレジャーガーデン (館林市堀工町)
秋のローズ&ガーデンフェスタ

 館林の東武トレジャーガーデン(旧:野鳥の森ガーデン)で秋のローズ&ガーデンフェスタをやってるって、薮塚駅のポスターで見かけたんで、久々の快晴になった11月3日に行ってみたで。

 春は芝桜がきれいだけんど、この時期は薔薇の季節。って、秋季開園は11月5日までなんだと。

 久しぶりにミラーレス一眼持っていったんだけんど、いやぁ全然使いこなせねぇ(´Д`)
 やっぱオレはiPhoneで撮るぐれぇが性にあってらいな(笑)

b0004675_1251535.jpg
これらはiPhone5Sでの撮影
以下はミラーレス一眼・・・マクロレンズがねんで寄れねんさ(´Д`)

b0004675_12505554.jpg
b0004675_1251941.jpg
b0004675_12511237.jpg
b0004675_12511724.jpg
b0004675_12511945.jpg
b0004675_12512261.jpg
b0004675_12512527.jpg


 東武トレジャーガーデン(公式)2017年11月4日アクセス
[PR]

by dr_suzuki | 2017-11-04 12:57 | 東毛(+両毛)漫遊 | Trackback | Comments(0)
2017年 09月 04日
館林美術館・橙の妖艶 (館林市日向町)【キツネノカミソリ】
b0004675_1624456.jpg
群馬県立館林美術館・橙の妖艶
狐の剃刀の群落

 9月3日に群馬県立館林美術館の「彫刻家のアトリエ」の東端に、キツネノカミソリの見事な群落があったで。こんなに見事に咲いてんなら、ちゃんとしたカメラ持ってくりゃ良かったぃなぁ。仕方なく手持ちのiPhone5sでの撮影さね。
 
 キツネノカミソリ(狐の剃刀、学名:Lycoris sanguinea)はヒガンバナ科の多年生草本球根植物。北海道から九州に広く分布。明るい林床や林縁などに自生するそうだぃね。夏に剃刀みてぇな葉が枯れた後に橙色の花だけが咲くんだと。東毛だと他じゃ太田の天神山古墳がすげぇらしいやぃなぁ。花言葉は「妖艶」なんだと。

 館林美術館・キツネノカミソリの咲く場所(このあたり:Yahoo!ロコ)

b0004675_16244847.jpg

[PR]

by dr_suzuki | 2017-09-04 16:22 | 東毛(+両毛)漫遊 | Trackback | Comments(0)
2017年 09月 03日
8年ぶりに群馬県立館林美術館へ
b0004675_9102073.jpg
群馬県立館林美術館(館林市日向町)

日曜日、「カミナリとアート」の招待券をもらったんで
8年ぶりに群馬県立館林美術館へ。
ちなみに「カミナリとアート」の展示の最終日さね。
カミナリに関係した数々のアート、おもしろかったぃね。
キツネノカミソリの群落も満開ですごかったぃ。

b0004675_9201429.jpg
LOOP CAFe+Restaurant (館林市本町)
DutchPancake(Mango)/ナスとベーコンのパスタ/サラダ

美術館の帰ぇりに、一度行ってみたかった
館林市本町三の丸の LOOP CAFe+Restaurant へ
洒落た店内、そして料理。
何より店内禁煙なんはうれしいやぃね。

館林は公園がいっぺぇあって、東京にも近ぇし。
歳とったら館林に住むかな。
暑ちぃのは、あれはアメダスのドーピングの結果だから大丈夫だと思う(笑)


群馬県立館林美術館 (公式:2017年9月3日アクセス)
[PR]

by dr_suzuki | 2017-09-03 23:37 | 東毛(+両毛)漫遊 | Trackback | Comments(2)
2017年 08月 30日
旧金山図書館 (太田市本町)
b0004675_1931859.jpg
旧金山図書館 (太田市本町)
太田市指定重要文化財:建造物(近代化遺産)

 今年も「おおたんの史跡探検スタンプラリー」に参戦。例年いくつかポイントが入れ替わるんだけんど、今年は新たに「旧金山図書館」がラインナップに加わったんで、行ってみたで。

 太田市内に残る明治・大正時代を通じての木造公共洋風建築で、群馬県内に現存する草創期の図書館建築としても重要だそうだぃね。現在は太田行政センターの別館として利用されてるんさ。桐生や伊勢崎の明治館や館林の旧モスリン事務所と比べっと、ちっと小ぶりだけんど、まぁず味がある建物だぃなぁ。なにより太田は太平洋戦争末期に激しい空襲を受けたんに、その戦禍を逃れて平成の世にその優美な姿を遺していることがすんばらしいやぃ。

 画像はiPhone5sでの撮影。前の道は、東から西への一方通行なんで、行ってみんべぇっつーヤツは気ぃつけてくんなぃ。
b0004675_193941.jpg
b0004675_1931397.jpg
b0004675_1932038.jpg
b0004675_1932283.jpg
現地説明版

 旧金山図書館(太田市ホームページ) (2017年8月30日閲覧)
 旧金山図書館 (Yahoo!ロコ)
[PR]

by dr_suzuki | 2017-08-30 19:11 | 東毛(+両毛)漫遊 | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 04日
2017 上州八王子丘陵ファントレイル in 太田 【ロング・24km】
b0004675_13161156.jpg
2017 上州八王子丘陵ファントレイル in 太田
5kmすぎにあるコース右脇の集塊岩 (大小の岩石塊を多数含む火山砕屑岩)


 例年秋に開催されていた上州八王子丘陵ファントレイル in 太田。太田市のスポーツイベントと重なることから、第3回の今年は6月4日に開催されるという。同日開催の山梨・富士忍野高原トレイルレースにも誘われていたのだが、このブログでもおわかりのように八王子丘陵研究の第一人者を自認するオレのホームでの開催レースとなれば、こちらを優先するしかあるまい。しかしもう暑くなる時季だし、去年は途中で脚を痛めて散々な目にあったので、今年はハーフ11kmにしようかどうしようかと考えていたのだが・・・結局今年もロング24kmにエントリーしてしまったよ。ならばせめて散々だった昨年の記録を上回る記録を出そうじゃないか!今年の桐生市堀マラソンに一緒に参加したMさん(元陸上部・20代女子)が「トレイルランを一度やってみたいので、私も24㎞に出ます!」というので彼女を今回のライバルランナーに。しかしオレが彼女に勝っている要素といえば八王子丘陵を知り尽くしているという地の利だけだな(笑)
 このトレイルレースのキモは、金のある太田市がハイキングコースに整備してしまった急な何段も続く拷問のような「階段地獄」をいかにやりこなせるかだ。レース前週に、家で草むしりをまじめに半日やったら両側大腿ハムストリングがまさかの筋肉痛になり、直前の練習ができないという老化を実感する始末。

b0004675_15565987.jpg 6月4日朝、Mさんを駅でピックアップして会場へ。天気は曇りの予報だったのに快晴。暑くなりそうだ。でも前日からの季節外れの風が結構強くて体感は涼しくて助かる。2日に運営から駐車場かないかもとかいう連絡の手紙が届いたが、参加人数枠を増やすのなら、大会エントリー時点で駐車場の危惧の周知が必要だと思うね。8時頃に到着、幸いにも駐車場にまだ空きがあった。会場で今年もロングに参戦の中学の同級生・Y君と再会。コースの試走をするほど気合が入っている。そして今回初めてハーフに出るという従弟にも再会。今年は脚攣り防止の秘密兵器に、ハイドレーションパックを投入!背中にスポーツドリンク約1.5リットルを背負うことにした。そしてふくらはぎ攣り対策にはゲイター着用だ。どうだい?これでトレイルランのエキスパートにみえるだろう?(笑)そう、男の趣味はカタチからだ!(バックパックにペットボトルを入れて背負ってもいいのだが、脱いだり背負ったりするのに五十肩の右肩が痛むからというのはここだけのヒミツだ。)


b0004675_15565818.jpg Mさんと一緒に並んでスタートを待つ。9時15分スタート。Mさんは「ゆっくり行きますのでお先にどうぞ」というので、遠慮なく反丸山中腹の階段地獄まで小走りに急ぐ。


b0004675_15565267.jpg 階段地獄ではいつもの大渋滞。ここで焦ってふくらはぎに負担をかけないのがキモだ。下って唐沢山を巻いて主尾根にとりつき進んで行くと5㎞地点の鉄塔の下で去年まではなかった給水所ができていた。運営、グッジョブ!


b0004675_16104521.jpg そのまま上りをちんたらと進んでいたら、6㎞すぎたところで「あ、お先に失礼しま~す!」とMさんにあっけなく抜かれてしまう!(´Д`) 追いつこうとがんばるが、彼女はすぐに視界から消えた・・・下って最初の北金井エイドへ。焼きまんじゅうを頂いて、慈眼寺の脇を通って菅塩へ。菅塩沼のエイドそばで、Mさんとすれ違ってハイタッチを交わす・・・しかしこれが彼女の姿を見た最後であった(笑)トイレに寄り、水をいただき、金比羅宮の脇を過ぎて、太田市営八王子山公園墓地の脇道へ。このコースからちょっと離れたところに、昨年秋から相次いで亡くなった両親の墓があるので手を合わせていくかと思い、係員にお願いしてコースアウトさせてもらい墓に行くと・・・そこには示し合わせたわけではないのに弟夫婦が偶然にも墓参にきていた!(笑)お互いびっくり!である。亡き両親が家族を集合させたのだろうか?


b0004675_15564786.jpg 墓前に手を合わせ、コースへ戻り天王山へ。上りが脚にこたえはじめる。道を間違えた上位の方々が次々と下ってきたのにはびっくり。(主尾根との分岐地点に誘導の人がいたほうがいいよね。)オレなんかまだ半分も行ってないのに(笑)籾山峠の前の階段地獄(主として下り)は相変わらず本当につらい。高尾山のあたりで右大腿遠位に違和感発生。籾山峠を越えて、旧藪塚領分に入るが、下りでもなかなかペースアップできない。石切り場の脇の上りの階段がなんとも恨めしく、藪塚青少年の家のエイドへ。いつもここは豚汁だったのに、今年はなんと冷やした「きゅうりの塩漬け」が!いやぁ塩分が身体に浸み渡りました。美味かった!運営、グッジョブ!ここから尾根へ上るが、大腿の痛みがじわじわ増してなかなかつらい。


b0004675_15564444.jpg 根本山から籾山峠を越えて、高尾山への階段地獄(今度は逆なので急な上り)で、ますます右大腿遠位内側が痛くなった。東京マラソンの時もそうだったけど、オレはいつもここが痛くなるよなぁ(´Д`) 正午をすぎ暑くなるかと思ったら、風が強いおかげで、山中はとても心地よく涼しい感じ。これでもし30℃で無風とか、雨天だったら地獄なんだろうな。山道を進む。ハイドレーションパックでしばしば給水。いやぁ導入して正解だったな。下りでは木の根っこに足を取られて危うくダイブしそうになった。上るより下りが右膝周りにきてとてもつらかった。最終・北金井エイドにたどり着く。腹が減ってたので焼きまんじゅうを4つ(笑)食って先へ進む。ごちそうさまでした!


b0004675_15564287.jpg エイドを出て、北金井の田んぼの中のロード区間へ。北金井は田植えの季節。平地で少しでも時間を縮めようとするも、ちょっと走るとすぐに右大腿遠位内側が痛んで走れないんだな、これが。そしていつもながら標高は低いのに向山越えがじわじわつらい。そしてゴール手前の八王子山公園の上り坂がなんとも。気持ちはまだまだ元気なのだが、なにぶんにももう右脚が痛くて痛くて。


b0004675_16183789.jpg やっとのことでゴール!今日の記録は4時間44分50秒。せっかくなら4並びにすれば良かったぜ(強がり)ゴール地点に待っていてくださったトレイル界のカリスマ・新里出身の鏑木毅さんといっしょに記念撮影~(笑)鏑木さん、快く応じて下さりありがとうございました!で、トレイルラン初挑戦のMさん、「後半バテてヘロヘロでしたぁ~」とのことでしたが・・・約25分も負けてしまいました。完敗です。いやぁ若いっていいね!帰りは例年のごとく薮塚温泉・ホテルふせじまの日帰り温泉に寄り、汗を流して、Mさんを駅にお送りして帰宅。家でinstagramに画像をアップしたら力尽きて、ソッコーで寝てしまいましたよ(笑)


b0004675_1557462.jpg
今年の賞品の数々、どれもランニングアイテムとして良いものばかり!
毎回賞品をタンスの肥やしにしかならないTシャツに決してしないのが、
このトレイルラン大会の運営の素晴らしいところ!


 運営スタッフの皆さま、お疲れ様でした&ありがとうございました。

 まぁ散々だった去年よりは少しはマシだったものの、ダメダメでしたな(´Д`) ふくらはぎはハイドレーションパックで給水に励んだせいか攣らなかったけど、年々体力の衰えを痛感するばかり。来年はまた6月開催なのかな?このままロングに挑戦し続けるか、歳を考えてハーフ11㎞にするか、うーん悩むね。
[PR]

by dr_suzuki | 2017-06-04 23:56 | 東毛(+両毛)漫遊 | Trackback | Comments(5)
2017年 04月 12日
夜桜・鹿の川沼 (みどり市笠懸町)
b0004675_2013069.jpg
鹿の川沼・夜桜 (みどり市笠懸町)

風のねぇ暖ったかな4月10日の夜、ライトアップされた鹿の川沼の夜桜を見物に行ってみたで。
三脚持っていがなかったんで、ミラーレス一眼の「手持ち夜景モード」で。
撮影協力は娘。いつの間にか一眼をオレより使いこなしてんな~(笑)

空には澄んだ月、満開の桜、静寂の水面に映った桜もまた美しい・・・いやぁ日本に生まれて良かったぃなぁ。

b0004675_2013319.jpg
b0004675_2014517.jpg
b0004675_2014293.jpg
b0004675_2013982.jpg
b0004675_20991.jpg
b0004675_2013759.jpg

[PR]

by dr_suzuki | 2017-04-12 20:15 | 東毛(+両毛)漫遊 | Trackback | Comments(0)
2017年 02月 12日
第63回 桐生市堀マラソン大会 【10km】
b0004675_18294136.jpg
第63回 桐生市堀マラソン大会 ハーフの部スタート!

 今年もやってきました!オレのホームの大会、桐生市堀マラソン大会。今年は東京マラソン2017に当選してるんで、調整がてら(笑:言ってみたかったぜ)10kmに挑戦。今年はアルディさんも来ないし、ケガしないようにテキトーに走ればいいやと思っていたのだが、医局長から職場関係の高校時代陸上部だったという前橋市のMさん(20代女子)が10kmに初挑戦することなので、ゲストランナーとしていろいろ面倒見るようにとの半職務命令が(笑)オレもぜひとも元陸上部の胸を借りましょう。(注:決してセクハラではありません)

 前日、ザスパのプレシーズンマッチを大宮に見に行ってきて、帰ってからちょっと走るかと思いきや、9時過ぎにはiPhoneの画面にウェザーニュースから「群馬県でも夜中に積雪のおそれ」と表示され、その後暴風吹き荒れ(´Д`) 走るのを諦め、とっとと寝てしまった。堀マラソン、またも雪で中止か?

b0004675_1828940.jpg 6:30起床、外を見ると雪がうっすら積もってるじゃねーきゃ!うーん道も少し凍ってるけど、まぁ晴れてきたし、開始までには溶けるかな。今日は両毛線で桐生駅へ。Mさんと桐生駅で落ち合って会場の新川公園へ。


b0004675_1828762.jpg 医局長らと合流。まずは参加賞のTシャツ(うーん・・・年々デザインが劣化しているように思うのはオレだけ?)と今年はキノピーの(公式発表では)ランドリーネットをもらったぞ。いつものごとく首にはザスパタオルマフラー、そして今年の参加賞のTシャツ(今年はエンジ色)を着る。10kmのスタートを待つが、雪は溶けたものの、風が強くて冷たくて寒いのなんの。
 ハーフの出走を見送り、Mさんと一緒にスタートラインへ。今日は一緒に走りましょう!と言ったら「マラソンで一緒に走りましょう!という人って、一番信用できないですよね(きっぱり)」と切り捨てられる(笑)


 9:10スタート。あいかわらず本町通まではちんたらしか走れない(´Д`)本町通りに入って人がばらけたので、Mさんにじゃあ遠慮なく!と宣言して、ピッチを上げつつ北上。今日はなんだか調子がいいな。でも去年みたいにペース上げて足が痛くなるのは困るので少し抑えめで。

b0004675_781644.jpg 折り返し点通過。Mさんの姿は確認できない。(Mさんはオレの姿は気づいてたとのこと)ペースアップ。今日は足が痛くならない。調子いいぞ。体も軽い。群大工学部の前でタイムをチェックすると、これならがんばれば自己ベスト出せるんじゃないか?

 いつもは本町通りに入ってから画像撮ったりしてるんだけど、今日は自己ベストの欲が出て、ひたすら自分なりのガチ走り!最後までペースを落とすことなく、ゴール! なんと7年前(2010年)に出した記録を53秒!も縮める自己ベスト更新!
 今日は最初意気込んでなかったので、前半抑え気味に突っ込まずに行けたのが勝因でしょうか。この歳になっても自己ベストが出せたのは素直にうれしいです。Mさんも無事ゴール。今回、彼女に勝つには勝てましたが、Mさん、初参加で流して走ったのか、走り終わっても飄々としてました。彼女にガチでやられたらきっと負けちゃうでしょうな。

 医局長よりMさんをどこか桐生らしいお店に案内するように言われてたので、本町1丁目の藤屋本店をチョイス。オレは「ソースかつ丼セット(ひも川)」、Mさんは「カレーせいろひも川」で打ち上げ。彼女の桐生みやげには「花ぱん」を。来年もぜひ堀マラソンにお越し下さい。

b0004675_18281292.jpg
藤屋本店「ソースかつ丼セット(ひも川)」
カツ2枚、大きいです! ひもかわはちょっと広め
店内禁煙なのもすばらしい!(桐生のうどん屋さんって禁煙の店少ないよね)


b0004675_18281635.jpg
篠原涼子のファイルケースももらった
水とTシャツだけだった堀マラソンもずいぶん豪儀になったものよ(笑)
あ、花ぱんココア味は自宅用のおみやげね


 スタッフの皆様ありがとうございました&お疲れさまでした。
 来年も10kmで自己ベスト狙いたいな。
[PR]

by dr_suzuki | 2017-02-12 18:52 | 東毛(+両毛)漫遊 | Trackback | Comments(2)