カテゴリ:「群馬弁」( 30 )

2010年 06月 23日
「県庁」
b0004675_1885111.jpg
県民の税で贅を尽くした県庁
「まえばしのけんちょう」(群馬県人なら発音は地元発音で!)

b0004675_189495.jpgb0004675_1891747.jpgb0004675_1893234.jpg
昭和庁舎/なっからでっけぇ/パンレットもあったで

b0004675_1817134.jpg 今日は仕事上の用事で、2003年の群馬県庁昭和庁舎での群馬弁の講演以来、7年ぶりに県庁に行ってきたで。

 中央前橋駅から前橋市内循環バスのマイバスに乗ってみたんだけんど、車中「マイバス」のアナウンスがなかったぃね。「マイバス」は「まえばし」のもじりなんだんべけんど、地元の「まえばし」と同じように平坦に発音するんだんべ?どーなん?

 群馬会館北で降りて、歩ってぐとすぐに県庁に到着。あいかわらず無駄にでっけぇな、県庁。


 群馬県人なら「県庁」はぜひ地元発音で平板でたのまぃね。群馬テレビの夕方6時のニュースの福田友理子アナは、群馬出身じゃねぇんに「けんちょう」も完璧な群馬発音でニュースを読んでくれるで。もちろん県内の地名も完全な地元発音だで、すんばらしい!なんちゃって地元局のFM○んまのアナどもにぜひ爪の垢でも煎じて呑ませてやってくんなぃ・・・福田アナ、せっかくなんでぜひ「いちご」「あじさい」も地元発音でやってくんねぇかな(笑)

 県庁で用を足した後、職場へのおみやげに地下の売店で「ぐんまちゃん」のぬいぐるみを購入(笑)

b0004675_1810433.jpg 帰ぇりは県庁から中央前橋駅まで歩ってみたで。前橋市役所そばの我が青春のトップ食堂が閉店しちゃってたんは、まぁず残念至極。前橋の思い出の地がまたなくなっちゃったぃなぁ。

 中央商店街のアーケードを通ってみたら・・・中性子爆弾を喰らったんかと思うほど人がいなかったぃねぇ・・・orz


[PR]

by dr_suzuki | 2010-06-23 18:19 | 「群馬弁」 | Trackback | Comments(13)
2010年 04月 07日
やっぱ「かき菜」だんべぇ!?
b0004675_1171940.jpg
本日の○オコー桐生境野店開店の折り込みチラシより
(その部分を拡大してスキャンしてみたで)


やっぱ両毛の春の野菜ってゆったら「かき菜」だんべぇ!

都会ぶって「あぶら菜」になんかにしねぇで、
地元の呼び名「かき菜」のまんまチラシに載っけたヤ○コー桐生境野店、まぁず立派だぃなー。

地元密着はかくあるべし。

[PR]

by dr_suzuki | 2010-04-07 11:12 | 「群馬弁」 | Trackback | Comments(6)
2009年 09月 09日
「バラ」と「ハラ」 ~ その後
 6月の拙記事で大原(オオバラ)の交差点が、「オオハラ」の表記になってることを憂いてたら、この記事を読んだ人が、国土交通省の「標識BOX」に意見してみれば?って教えてくれたんで、早速直訴してみたで。すると1日かそこいらで、群馬県東部県民局太田土木事務所長名で「藪塚本町行政センターに問い合わせたところ『オオバラ』と確認できたので、ローマ字表記を訂正する(6月17日付)」とゆう内容の返事のメールが届いてびっくらこいた。

 で、通勤途中に都度確認していたんだけんど・・・一向に替わんなかったんさね。
 さてはクレーマーとして処理されたか?(笑)

 ところが、先週の金曜日にローマ字の表示が替わってたんを確認したで。
b0004675_1833961.jpg
Obarashimo」

b0004675_183512.jpg
よくみっと「Oh」だったところに「Ob」のシールを張り付けてるんみて

 まぁこれで無事先人から受け継いできた「オオバラ」の地名を守ることができたんだけんど・・・・こんなことだけでもいろんな問題が浮き彫りにならぃねぇ・・・

・「大原」って藪塚で一番広い町(旧大字)なんに、管轄の行政のエライ役人たちが何て読むかしらねぇこと。(→小字レベルのマイナーな地名ならしょうがねぇかとも思うけんどね・・・いちよー公務員なんだんべ?)
・看板を発注するんにも、そのチェック機能・機構が全然ねぇこと。(→地名はちゃんと読み方を確認したほうがいいと思うだけんど・・・交差点名を決めるときに地元の方にも聞いてねんだんべか?隣の大原東交差点のローマ字表記は最初っから「オオバラ」なんだけんど)
・もし事務所が問い合わせた時、行政センターの「聞いた人」が、地元の人じゃねぇ「転勤族」だったら、そのまんま無視されちまった可能性もあること。(→文献等できちんと調べるべき。転勤族であるなら尚更)
・そして何より、不注意が原因で余計な出費をして県民の血税をムダにしやがったこと (→おまけに所長名の返信から、たったこんなけの訂正にかかったんが約2ヶ月半!なっから遅っせぇよっ!)

 りっぱな道を作ってくれるんもいんだけんど、まっとちゃんとやるべぇや!

 ・・・それとも群馬のエライ役人たちって郷土に対するリスペクトがねんかねぇ?
[PR]

by dr_suzuki | 2009-09-09 18:13 | 「群馬弁」 | Trackback | Comments(25)
2009年 08月 22日
「水くれ」
b0004675_10362761.gif
2009年8月20日『桐生タイムス』第12面より:赤傍線は小生挿入

 かつて上毛新聞の記事でも「水くれ」の表記があって「医療人のための群馬弁講座」の「めっけたん!?」のページに掲載したんだけんど、ザスパのメディアパートナーにもなってる桐生ローカルの夕刊紙『桐生タイムス』を読んでたら、そん中の記事にも堂々の「水くれ」をめっけたよ。

 やっぱ群馬では、水はくれるもんだんべ。 「水やり」なんてゆえねぇよな(笑)

 日常の言葉で記事を書くたぁ、さすが地元紙だぃね!すんばらしい!

【関連記事】
「水をくれないで下さい」 (拙ブログ:2005年02月04日記事)
[PR]

by dr_suzuki | 2009-08-22 10:41 | 「群馬弁」 | Trackback(1) | Comments(6)
2009年 06月 11日
「バラ」と「ハラ」
 東毛、特に桐生周辺では「~原」がつく苗字や地名は、桑原(クワバラ)、栗原(クリバラ)、桐原(キリバラ)、塩原(シオバラ)など、「~バラ(BARA)」って発音されることが多いんさね。

 こないだ桐生市広沢の賀茂神社に行った時にも、その近くの国道50号に「宮原」とゆー交差点があるんだけんど、そこの標識は下の画像のように「Miyabara」になってたぃね。たぶんアクセントは平坦に発音するんだんべ。
b0004675_22415213.jpg

 群馬の地名の多くは、「平坦」に(やる気なく(笑))発音する場合が多ぃやぃね。(「りゅう」「おーた」など語頭型のもんもねぇわけではねぇけんど)

 旧薮塚本町西部の大部分を占める「大原」という地名があるんさ。(現:太田市大原町)地元では平坦にオーバラ」って発音するんさね。日本郵便の郵便番号検索・群馬県でも郵便番号〒379-2304はちゃんと「オオバラチョウ」になってるで。

 最近北関東道ができたついでに立派な側道(たぶん県道)ができたぃね。大原町にも東西にこの高速道が走って、西部には太田薮塚ICもできたぃね。

 新田のジョイフル本田西から北上して、旧薮塚本町役場へ行ぐ市道と北関東道側道との交差点、「大原東」があるんだけんど。
b0004675_22421897.jpg
「大原東」・・・「Obara higashi」ちゃんと「オーバラヒガシ」だぃね

と こ ろ が

 この交差点の一つ西、県道大間々尾島線(69号線)と北関東道側道との交差点は「大原下」もちろん「オーバラシモ」だと思ってたんだけんど・・・・
b0004675_22515782.jpg
b0004675_22424450.jpg
交差点は四方どっちも「大原下」・・・「Oharashimo」・・・ハラかよっ!!

 ここだけじゃなく、県道桐生伊勢崎線(県道68号線)から太田薮塚ICへに行ぐ道(県道315号線)交差点「大原上西」の表示もみんな「Ohara」(オーハラ)になってるんさね。

 間違ぇの原因は、看板作った業者?側道を整備した県の役人?警察署?太田市?・・・きっと人名の「大原」(オーハラと語頭型に発音)と勘違いしたんじゃねんかと思うんだけんど・・・

 地名表記が「バラバラ」じゃシャレんなんねんべ?(笑)

 まっと先人からの地名を大切にしたほーがいーで、オーバラの方々!

【8月末追記】
 この道路標識を作ったんは、群馬県らしい。
 県道68号線の、大原上西交差点の「オーハラ」の画像撮ってきたんで、載せといてやらぁ。
b0004675_2001094.jpg


 ・・・・「大原下」も「大原上西」も一向に直す気がねぇな、群馬県。

【9月9日追記】
続編~「オオバラ」を取り戻したで!
 「バラ」と「ハラ」 ~ その後
[PR]

by dr_suzuki | 2009-06-11 22:56 | 「群馬弁」 | Trackback | Comments(10)
2009年 06月 10日
「群馬の方言」
b0004675_17372355.jpg
「群馬の方言」 (群馬県教育委員会・昭和62年)

 こないだヤフオクで「群馬の方言」っつー冊子の出品をめっけたんで、全力(笑)で競り落としてみたぃね。しっかしヤフオクって、たまにすんげぇお宝があらぃねー。

 昭和62年群馬県教育委員会の発行。値段が書いてねんで非売品なんかな?県立女子大の篠木先生他がまとめられた貴重な資料。前橋市富田町・下仁田町土谷沢・六合村世立・片品村古仲・大泉町松原の5地点の詳細な調査が載ってらぃね。章末や巻末にはご老人たちの会話や、語る昔話も、そのまんま書き起こされてるんさ。(録音されてるんが残ってるんなら、ぜひ今からでもデジタル化してほしいなー) まぁ、あと桐生広域と、神流川流域もぜひ調査して記録を残しておいてほしかった気もするけんどね。

 おーか読んで勉強して、「医療人のための群馬弁講座」のコンテンツ充実にも生かしてみてぇと思ってらぃね。
[PR]

by dr_suzuki | 2009-06-10 17:40 | 「群馬弁」 | Trackback | Comments(10)
2009年 01月 24日
「医療人のための群馬弁講座」アクセス35万件達成!
b0004675_9174546.gif おかげさんで本日35万アクセスを達成したぃね。これも皆さんのご愛顧のお陰だぃね。最近はちっと放置気味ではあるけんど、こまめにちっとづつ更新してるんだけんどね(笑) これからも「医療人のための群馬弁講座」をよろしくたのまぃね。35万アクセス記念企画として、今年もNike+のチャレンジ「両毛ダービー 群馬vs栃木」を開催予定。詳細は追って、このブログでも。

 おかげさんで「なっから!ザスパ!!」も現在38万アクセス超。こちらもご愛顧あんがとね~。2009年シーズンもよろしくたのまぃ!
[PR]

by dr_suzuki | 2009-01-24 09:17 | 「群馬弁」 | Trackback | Comments(4)
2008年 11月 13日
「竹とぼくとおじいちゃん」
b0004675_1602577.jpg
写真絵本で有名な星川ひろ子さんの新作絵本
竹とぼくとおじいちゃん」(ポプラ社)

 絵本の舞台は群馬の山村。登場するおじいちゃんが群馬弁で話をするってことで、僭越ながらオレが「方言監修」をしたんさね。
 最初オファーがあったときは、まっさかたまげたんだけんど、「医療人のための群馬弁講座」10周年記念事業(笑)として参加させてもらったんだぃね。10周年には、ちっと遅れちまったんだけんど、無事先週末、絵本で有名なあの「ポプラ社」から発刊されたぃね。「方言監修」のクレジットも載せてもらったぃね。こんな機会をくれた星川先生にはおーか感謝してらぃね。

 ぜひお近くの本屋さんや図書館で、みてみてくんなぃ!

竹とぼくとおじいちゃん (ふしぎいっぱい写真絵本 13)

星川 ひろ子 / ポプラ社


[PR]

by dr_suzuki | 2008-11-13 16:04 | 「群馬弁」 | Trackback(1) | Comments(11)
2008年 06月 30日
「医療人のための群馬弁講座」 おかげさんで開設10周年!
b0004675_10384764.gif
b0004675_10383043.gif
 本日、オレが製作・管理してる「医療人のための群馬弁講座」は開設10周年を無事迎えることができたぃね。これも皆様のご愛顧のおかげだぃね。ほんとうにあんがとね。月並みな言葉だけんど、長ぇようで短けぇ10年間だったぃね。

 医療人のための群馬弁講座は、元は群馬県立某短大にいたときの研究室のHPのワンコーナーだったんだけんど、いつの間にか医療に関係のねぇ人にも知れることになって、思わぬ発展を遂げてきたぃね。群馬県の新聞各紙に大きく取り上げてもらったり、群馬県庁で講演がでぎたり、ザスパ草津の応援を通じて、多くのキョーレツな思い出がでぎて、おーかいっぺぇいろんな人と知り合えたりしてまぁず有意義だったぃね。ザスパも今、快調だし、特講(→最初は2004年限りの予定だったんだけんど(笑)・・・)「なっから!ザスパ!!」でJ1昇格の記録が残せたらいいやぃなぁ。

 今後とも迷走しながら、細々続けてぐつもりなんで、よろしくたのまぃね!

【Nike+】
 で、10年記念企画は、いくつか考えたんだけんど・・・・すべて企画倒れ(笑) しょーがねんで何か読者参加企画をってことで、最近オレがNike+でランニングにハマってるんをいーことに、群馬弁講座主催Nike+ランニング大会風に向かって走ろう」を半年間開催することにしたぃね。「どーして、群馬弁講座でランニング大会なん!?」とゆーのはさておいて(笑)心ばかりの賞品もあるんで、群馬県在住ランナーの方々、ぜひ参加してくんなぃ!

オレはメタボ克服のため、走り始めたんだけんど、これまで8kg痩せたぃね。自分の足で走っと、車で走るんとは違がぁ群馬の景色がみられるで。詳しくはこっち見てくんなぃ!

 「風に向かって走ろう」・・・・どっかで聞いたことあんなぁ・・・と思った方。これは昭和58年のあの「あかぎ国体」のスローガンだったんだぃね。なつかしいんねぇ・・・・
[PR]

by dr_suzuki | 2008-06-30 10:49 | 「群馬弁」 | Trackback(1) | Comments(16)
2008年 02月 25日
Deli-J 3月号に掲載されたぃね!
b0004675_9385475.jpg

b0004675_9504531.jpg 昨日、(上毛新聞取扱店の)新聞に折り込まれているフリーペーパー「Deli-J」3月号で「県民性&群馬弁を探る」の特集が組まれ、オレが編集してる「医療人のための群馬弁講座」が紹介されたぃね!編集担当のHさん、でっかく取り上げてくれてあんがとね。「前橋」のアクセントの件をきちんと取り上げてくれたんは、Deli-Jさんが初めてだぃね。

 で、昨日たくさんの方からメール等で「みたよ~!」って連絡もらったんだけんど・・・・2月号まではウチでも新聞に折り込まれて届いてたんに、なぜか昨日は折り込まれてなくって、本人が見られずじまいだったんさね・・・orz 今日職場の方が3月号持ってきてくれてたんで、やっと見ることができたぃね。

 おかげさんでまもなく「医療人のための群馬弁講座」も開設10周年!10周年記念企画も考えてるんだけんど・・・・まぁ期待しねぇで待っててくんなぃ!(・・・企画倒れの感、大。)
[PR]

by dr_suzuki | 2008-02-25 09:57 | 「群馬弁」 | Trackback | Comments(8)