2005年 07月 10日
館林の城沼周辺散策
b0004675_2241060.jpgb0004675_2242188.jpgb0004675_2243797.jpg
b0004675_22571337.jpgb0004675_22572255.jpgb0004675_22573022.jpg
b0004675_2252642.jpgb0004675_2254163.jpgb0004675_2255223.jpg
b0004675_22631.jpgb0004675_22313361.jpgb0004675_22314122.jpg
向井千秋記念こども科学館/館内特別展示室/向井千秋さん等身大モデルお出迎え
旧上毛モスリン事務所/麦落雁(つつじ&分福茶釜)/なまず天ぷらうどん
尾曳橋より城沼/つつじが丘公園噴水/噴水の水しぶき
群馬県水産学習館/ナマズ/つつじが岡公園温室


 今日は天気が回復したんで、午前中に急遽どっかにいぐべぇかと思って、館林にいってきたで。館林は昔館林城があった城下町なんで、館林城跡+城沼周辺に公園が整備されているんさね。市役所周辺の雰囲気は、県内でもっとも趣があるんじゃねぇかな?
 まずは、こないだ、佐久子ども未来館に行ったんで、「向井千秋記念こども科学館」にいってみたで。宇宙モノに限らず、子どもが喜びそうな、いろいろな科学題材の展示物はあるけんど、個人的感想は、内容的には佐久の勝ち。ただ、館林は実際に宇宙飛行士向井さんを生んだ地なんで、展示物に説得力があるってゆーか、そーいった意味では佐久が上回りがたいアドバンテージがあるんも事実だぃね。隣には上毛カルタでおなじみの「田山花袋記念文学館」もあるんさね。
 館林は「うどんの街」ってゆってるんで、昼食は、館林うどんさんで。お茶うけには「麦落雁」。「つつじ」と「分福茶釜」になってらぃね(笑)オレは館林方面の名物「なまず天ぷら」+うどんを食べてみたで。去年板倉でも食ったんだけんど、この辺は「なまず」が良く食われらぃね。白身で淡白。館林は、うどんは乾麺が主流らしいけんど、オレは桐生の手打ちうどんのほーがいいかな。
 広れぇ城沼を横目に眺めつつ、つつじが岡公園内の県立水産学習館へ。入場料210円也。淡水魚だけだし、展示もおーかちっとんべしかねぇし、こないだ行った羽生のさいたま水族館と比べると、見劣りするんは否めねぇけんど、魚の名前は「東毛」での呼称がみな記載されていて、東毛人のオレにはまっさかうれしかったぃね。隣には県立の温室もあるんさね。(なっから暑ぃんで今回はパス。冬はいいかもしんねぇね。)

 で、学校週休5日制にともなって、群馬県が発行した「ハート倶楽部手帳」ってゆーんがあるんは知ってるかい?小中学生が群馬県立の博物館や美術館をめぐると、そこで来館証明のハンコをもらえて、それが10個たまると、バッジがもらえるんだと。うちの子供たちは、水産学習館でちょうど10個になったんで、バッチを受付の人からもらったんさ。どんなデザインなんかなーと思っていたら・・・・

b0004675_2264286.jpg
やっぱ、ゆうまちゃんじゃねーきゃ(笑) 
 これを胸につければ、群馬の模範的小学生ってとこなんかな(笑)


城沼周辺地図 (ちず丸リンク)
[PR]

by dr_suzuki | 2005-07-10 22:54 | 東毛(+両毛)漫遊 | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://mukidouan.exblog.jp/tb/3098656
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by sanzokuame at 2005-07-11 23:40
私の興味は向井さん・・・ではなくて、もちろん麦落雁。^^
三桝家總本舗さんのですよね?
熱ーいお茶にポリポリっと、久々に食べたくなりました。


<< 高須も負傷・・・・・ ○| ̄|_      J2 第20節 vs モンテデ... >>