2005年 06月 05日
埼玉県営さいたま水族館 & キヤッセ羽生 (羽生市)
b0004675_1021230.jpg
b0004675_18332659.jpgb0004675_816446.jpgb0004675_101599.jpg
水族館入口看板
ニジマス(アルビノ)/ニシキゴイ/鯉が群がる群がる

 今日は、天気もいぃんでお昼過ぎから急遽出かけることにしたぃね。我が家は水族館が好きで良くいぐんだけんど、海なし県の群馬にはマトモな水族館がねぇ。(群馬の中じゃ、館林のつつじケ岡公園にある県立の水産学習館が一番まともだとは思うけんど、(゚Д゚)はぁ?これだけなん?みてぇな内容なんだぃね。)で、いつもオレんちが利用するのは、東毛からちっとんべ南下した、ここ、羽生市の「埼玉県営さいたま水族館」。久しぶりにいってみたで。東北道羽生ICから車でたったの数分で到着でぎるんさ。展示してあるんは利根川や荒川水系の淡水魚べぇなんだけんど、海なし県の水族館にしちゃあ結構立派な内容なんさね。天然記念物の「ムジナモ」も見れるで。館外にはニシキゴイがいっぺぇの池や、水郷の公園が整備されてて、敷島公園サッカーラグビー場よりきれいじゃねんきゃ?みてぇな広れぇ芝生広場もあって、子供達も遊ぶにはちょーどいんさね。今日はフリーマーケットやイベントををやっていて大賑わいだったぃね。

 道をはさんで、羽生市三田ケ谷農林公園(愛称:キヤッセ羽生)があるんさ。ここは地元の農業物産や地ビール(「こぶし花ビール」)の呑めるレストランや農業体験棟なんかがあるんさ。前来た時は、できたばっかで殺風景だったけど、庭園とかもだいぶ整備されてたぃね。こっちもイベントで大賑わいだったぃね。「医療人のための群馬弁講座」の管理人のオレとしては、そんなことよりも、東毛で広く使われる勧誘表現「~やっせ」をもじったんべぇ、この「キヤッセ羽生」というネーミングになっからそそられるんさね。

b0004675_18475826.jpg で、その「キヤッセ」の謎を解明すべく、中に入ってパンフレットもらってきたぃね。それによると、
 キヤッセ羽生の「キヤッセ」は、地域の言葉で「来やっせ」ということで、多くの方々にぜひ来ていただきたいという願いをこめて命名いたしました。
 これは羽生市民の一般公募の中から選んだ言葉です。
と、ゆーことなんだぃね。これから、「~やっせ」っつー勧誘表現は東毛のみならず北埼玉でも良く使われる表現っつーことだぃね。(何より一般公募だからねぇ。)
 群馬弁講座の掲示板で三束雨@藤岡さんが、埼玉県の上里でも「~っせ」を使った看板があるってレポートしてたけど、この「~やっせ」って勧誘表現は埼玉のどこいらへんまで使われてるんかねぇ?足利でも使うと思うんだけんど、栃木や西茨城あたりじゃどーなんかな??

・・・・しまった!水族館最寄の○ンクスで、おにぎり買って、「おにぎり温めるかどうか」、リサーチすんの忘れちまった(笑) まぁ「キヤッセ」に違和感ねぇ地区なんだから、きっと温めるんにちげぇねぇやぃね。 (おにぎり温めの謎を知りてぇ人は「医療人のための群馬弁講座」ん中の、「インターネット公開調査」をみてくんなぃ!)
[PR]

by dr_suzuki | 2005-06-05 19:17 | 群馬を離れて | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://mukidouan.exblog.jp/tb/2878452
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by きくり。 at 2005-06-07 22:08 x
我が家@足利では「〜やっせ」は使ってないです。
足利生まれ・足利育ちの母に「●●しやっせ!」と言ったら通じませんでした。ちなみに佐野では全く使わない模様。

私のなかでは東毛の言葉、ってイメージですね。
私も、太田市&旧新田町の友人の影響で使っている次第です。


<< J2 第16節 vs サガン鳥栖      2005 J2: 第15節 v... >>