2016年 05月 15日
第10回 赤城山トレイルランニング・レース 【ショート・15km】 (群馬県前橋市)
b0004675_2353077.jpg
ヤマツツジ咲く中を
第10回 赤城山トレイルランニング・レース (群馬県前橋市)


 昭和58年国民体育大会が群馬で行われた時に「あかぎ国体」と名を冠された群馬のこころの山、赤城山。この赤城山でトレイルランニング大会が開催されているのを数年前に知り、いつかは挑戦したいと思っていた。しかしその当時はトレイルランニングなんて酔狂の極みだろと思っていた。時は流れ精進を重ね・・・これまでに3回のトレイルランに参戦し、満を持して「赤城山トレイルランニング・レース」に挑戦である。そう人間は変われるのだ。

 トレイル対策に夜のランニングにアップダウンのある道や、歩道橋コースを加えてみた。ちょっと負荷をかけると、ふくらはぎに違和感がある(´Д`) ふくらはぎを鍛えるにはどうしたら良いのだろう?

 5月15日朝、会場の前橋市富士見町の国立赤城青少年交流の家へ。指定された駐車場は富士見グラウンド北特設駐車場。広くないのかもしれないと、早くに家を出たら、6時40分に現地着。テニスコート跡地の駐車場で、十分なスペースがありました。車降りたら・・・寒い(´Д`) さすがは赤城山中腹。ここで一緒に参加する医局長ご夫妻やラン仲間Nさんと再会。ここから交流の家までは約10分の上り基調の道。いやぁもうふくらはぎにキテるよ(笑)

b0004675_2342224.jpg 受付を終え、記念品をいただく。この大会は指に記録計時用ICチップを装着する。こんなのつけるの初めてだ。今日はショート15km(標高差474m)にエントリーしている。交流の家を周辺を1周した後、森林公園まで行って、折り返し。ミドルは32km、森林公園から更にその先赤城温泉までの長丁場なコース。地図を見て、こりゃとても走れそうにないので身の丈にあった15kmにしたのだ。目標は2時間に設定。


b0004675_2342451.jpg 天気は曇り。暑くもなく寒くもない絶好の天候。晴天になると思い、暑さ対策をしてきたのだけどなんだか徒労に終わりそうだ。ステージの1位の台(だけ)をお借りして、気分だけでもと記念撮影しちゃった(笑) 仲間と話ながら、のんびりと9:20のスタートを待つ。


b0004675_2342564.jpg 群馬の誇るプロトレイルランナー・鏑木毅さんのご挨拶の後、ゲストランナー吉田香織さんのご挨拶。鏑木さんはミドル、吉田さんはショートを走るという。9:00にミドルの部スタート。電波時計をみて号砲を鳴らすという、実にアットホームな大会だ。そして9:20にショートの部がスタート!


 交流の家を回るころはちゃんと走っていたが、交流の家を出たあとの舗装道が結構急で早くも歩いてしまった。まぁ調子こいてガンガン走って行くと、ふくらはぎが攣るのが毎回のお約束なので、自重して進む。今回は以前の失敗を教訓に、出走前に水分もしっかり摂り、500mlのPETボトル、塩分のタブレットや芍薬甘草湯に加え、ランニング羊羹など糖分も携帯。

b0004675_23141050.jpg とはいえ、ひたすら上りの道。途中鍋割山が見えたが、山頂は雲に覆われていた。森林公園に向けて登山道を黙々と上る。オレのレベルだと周りもみな歩いている(笑)

 ヤマツツジがところどころ咲いていた。脇にそれて画像も撮ったりもした。季節は平地より1月ほど遅い感じだね。


 途中「ハイカー」だという女性に抜かれる(笑)ハイカーにしてはトレイルラン走りしてると思ってるなぁと思っていたら、途中の8km地点の曲がり角で彼女がランナーの応援されていたのでお顔を確認したところ・・・え?あの人instagramでお世話になってるトレイルやってるkuribaraさんじゃない?(・・・確信が持てなかったのでそこでは声をかけず) 


b0004675_235113.jpg しばらくすると植生が変わり、クマザサの道に。足場も石や岩が多くなってきた。もうひたすら前に上へと進むのみ。幸いにもふくらはぎは若干の痛みはあるけど、攣る気配は今日は全く無い。
 途中、下ってきたショートに参加の吉田香織さんとすれ違う。初トレイルと言っていたが、さすがにすげー速い!


b0004675_2345725.jpg 折り返し地点の森林公園へ。時間を確認。ここまで約80分強を要してしまった。通過証明のICチップを挿す。あぁここには若い頃、アマチュア無線をやりに何度も車で来たっけなぁ。まさか自分の足でここに登ってくるとはなぁと感慨もひとしお。エイドで水3杯とキュウリの塩漬けと梅干しをいただく。いやぁキュウリの塩分が体に沁みわたる。美味かったぁ。


 目標の2時間をクリアするために、あと40分弱でケガなく下れるか。下山開始。足を滑らせないよう、ひねらないようにスピードアップして下る。これはいいペースじゃないか?ペースを確認するため左手につけたNike+SportWatchに目をやると・・・アクシデント発生!え!?SportWatchが止まってる!(´Д`)(電源が落ち何も表示されない。左手のICチップを挿した時に電気的な問題でも発生したのだろうか?) まさか今日の記録が取れてないのか?(毎月100km走破を目指しNike+で記録を取っているのに、今日のランがすべてムダ走りになってしまう・・・(´Д`)) 森林公園に達した時にはちゃんと動いていたのに・・・どうして!?(´Д`) 激しく混乱した。仕方がないので下りは携帯しているiPhoneでNike+アプリを起動させて、せめてもの記録を取ることにした。この間1分ぐらいだったと思うが結構動揺した(笑)

 途中の曲がり道のところにkuribaraさんの姿を確認したのでお初にお目にかかりますとご挨拶。今回はエントリーしてないで友人の応援に来たのだそうだ。じゃあまた!と挨拶して下り基調なのでがんがん下っていくと、後ろからkuribaraさんが走ってきた。もう友人の応援が終わったので帰るからいっしょに走ろう!という。しかし八王子丘陵ファントレイルでも上位入賞の彼女は速く、しばらくはなんとかついて走れたものの、すぐにちぎられてしまいました(´Д`) いやぁ格が違いますわ(笑)


b0004675_2345920.jpg 順調に下れて入るのだが、もうSportWatchは表示されないし、アプリを起動させたiPhoneはウエストポーチに入れているので、まったく時間がわからない。果たして目標の2時間は切れるのであろうか?よし!ラストスパートと思いきや、最後が大嫌いな階段(´Д`)・・・昨年の八王子丘陵ファントレイルで階段で足が攣った記憶が甦り、慎重に行ったためスパートもかけられず。・・・橋を渡って、ゴール。


 記録は2時間00分54秒・・・目標としていた2時間切りは54秒足らずで果たせず。うーむ。
b0004675_2311839.jpg
完走者に豚汁(おかわりしちゃいました)
地元の漬物、LEDライト、蒟蒻畑(くじのハズレ)、前橋の水など

b0004675_943286.jpg
ランの記録・家でiMacに接続したらSportWatch無事復活!登攀のデータもなんとか生きてた!
前半(左)はSportsWatch/後半(右)はアプリでの計測。
約500mほど記録取れてません。前半は歩きまくりです(笑)後半の高速区域はkuribaraさんを必死に追走してたところ(笑)

b0004675_1123497.jpg 帰りは一人、前橋の「あいのやまの湯」に寄って、ゆっくり湯治、ソースかつ丼でエネルギー補給してきました。とはいえ脚が痛くてちょっと不安だったので、16時からの敷島でのザスパの試合観戦を敬遠して、家に戻って休んでいたら・・・こういう時に限って、ザスパが3-1で勝っちゃうってなんだかなぁ(´Д`)


 スタッフの皆様、お疲れさまでした&ありがとうございました。伴走していただいたkuribaraさんもありがとうございました。今回は目標はクリアできなかったけど、まぁ今回は様子眺めということで。(・・・おい来年もやるのか!?)

 赤城山トレイルランニング・レース (公式) 2016年5月15日アクセス


[PR]

by dr_suzuki | 2016-05-15 23:30 | ぐんま | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mukidouan.exblog.jp/tb/25801962
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< アンディ&ウィリアムス ボタ...      ぶらり沼田~川場へ >>