2013年 11月 18日
小春日和・錦秋の崇禅寺へ (桐生市川内町)
b0004675_11425613.jpg
小春日和・錦秋の崇禅寺へ(桐生市川内町)

 寒さ厳しくなってきたんで、美しい紅葉を期待して、小春日和の日曜の昼下がり、川内の崇禅寺へ。

 昨年と違って多くの人で賑わってたぃ。有名になってきたんかなぁ。観音堂の辺りの色づきがまだまだだったんで、ちっと早かったかな。

b0004675_11425858.jpg 山門への道の両脇の白い花は、お茶の木(チャノキ)なんだって。
お茶の木の花って初めてみたよ。


b0004675_11411068.jpg 帰ぇりは、桐生うどんの里で「ひもかわ」を食ってきたで。
モチモチしてうんまかったぃ。


 崇禅寺の紅葉を、iPhone4S/いつものデジカメ(一眼じゃねぇよ)+Instagramで

b0004675_1241952.jpg
b0004675_1205064.jpg
b0004675_11431242.jpg
b0004675_11431216.jpg
b0004675_1143461.jpg
b0004675_1143519.jpg
b0004675_1143836.jpg
b0004675_1226276.jpg



※昨年(2012)の崇禅寺の紅葉
錦秋の崇禅寺 (桐生市川内町)
散紅葉の絨毯 ~ 再び崇禅寺へ (桐生市川内町)
[PR]

by dr_suzuki | 2013-11-18 12:02 | 東毛(+両毛)漫遊 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://mukidouan.exblog.jp/tb/21485983
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ざすっぱ at 2013-11-18 13:03 x
ひもかわは桐生のうどんの最高傑作です。もっと町おこしに利用すればいいと思います。梅田の梅田飯店の帯麺(ラーメン)も美味いですね。
Commented by dr_suzuki at 2013-11-18 13:52
▼ざすっぱ先生
オレも昨日食って実感したぃ。でも桐生のうどん業界はなぜか「カレーうどん」にこだわるんだよね。そんなんどこでも食えるんだし「ひもかわ」のほうが織物の帯ともからめられるし絶対いいと思うんだけんど。地元の人が地元の良さに気づいてねぇ典型例だと思うね。


<< 上毛電気鉄道で 桐生ゑびす講へ      2013 J2: 第41節 v... >>