ぐんまワンデーパスで乗り鉄の旅(その2) ~ 東武伊勢崎線・川俣駅へ
 電車はいつもの太田駅止まりじゃなく館林駅直通、太田駅で乗り換えしなくってよかったぃ。(なんで太田駅のスタンプは押せず)太田駅を過ぎて足利にへぇり館林方面へ。この間はいつも見慣れてる風景なんで寝とく(笑) 館林駅に到着。ここで久喜行きの電車に乗り換え。こっから南は複線になるんで、コーカン(交換)もここで最後さね。本日の目標の一つ、東武の群馬最南端の邑楽郡明和町の川俣駅を目指す。駅は茂林寺前駅を過ぎ、数分で川俣駅に到着。
b0004675_1331986.jpg
東武伊勢崎線・川俣駅(邑楽郡明和町中谷)

b0004675_1314166.jpg
かつての3番線の跡/東京方面(3番線への分岐も)/2番線より改札方向

 ここは伊勢崎線の複線区間で時間当たり3本もあるじゃねーきゃ!東武桐生線から比べっと夢の様なダイヤなんだけんど、駅前は桐生線の風情といい勝負だぃなぁ。

 明和町には川俣って地名もあるんだけんど、この駅は明和町中谷で川俣じゃねんさね。この「川俣駅」は、明治時代、群馬方面に延伸してきた東武鉄道が利根川に架橋する資金がなかったんで、1903(明治36)年埼玉側の利根川南の堤防の下に暫定的に「川俣駅」を開業、利根川の架橋が完了した1907(明治40)年に駅の名称はそのままに群馬県側の現在地に移転したんだそうだぃね。埼玉県側の旧川俣駅周辺が駅設置で大いに賑い、駅の移転で再び寂れていく様は、誇る文豪・田山花袋の『再び草の野に』(1919)詳しいやぃね。

b0004675_1355385.jpg せっかくここまで来たんで、駅から「川俣事件記念碑」(川俣事件(1900):足尾鉱毒事件に関して、政府に請願するために出かける途中の農民と警官が衝突した事件:訪問記別記事)を見物に行ってみることにしたんだけんど・・・いやぁ思いの外距離があったぃなぁ。駅前に説明板があって明和町指定史跡だってことだけんど、駅からの道には、ろくすっぽ案内看板もなくって、なんだかなぁ。(距離があるんで駅から歩って見物に行ぐモノ好きなヤツは想定してねんかも)


 駅に戻るんをちっと遠回りして、石仏マップのデータを充実させるべく、ついでに大佐貫、矢島の青面金剛の調査に行ぐ。もちろん徒歩で。小春日和でちっと暑かったぃなぁ。明和町は休耕田がコスモス畑になってるところが多くって、まぁず綺麗だぃね。
b0004675_1313257.jpg
 川俣駅に戻り、伊勢崎線館林行ぎで館林駅へ。
b0004675_1382678.jpg
 小泉線に乗り換える予定だったんだけんど、40分ぐれぇ待ちが生じちまったんで、いったん改札を出て館林駅前散策。なまずバーガーでも売っててくれりゃネタなんだけんどね。小腹が空いてきたけんど、ここは高崎で買ったぽっぽまんじゅうが役にたったで。館林駅前の温度計は21℃で、はぁ全然暑くなかったぃ。観光協会の横に石の「ぽんちゃん」がでぎてたで。
b0004675_13142785.jpg

b0004675_13464317.jpg さぁ、次の目的地、東武小泉線・篠塚駅に行ぐんべぇか。


 (ぐんまワンデーパスで乗り鉄の旅(その3) ~ 東武小泉線・篠塚駅へ つづく)

【参考文献】
田山花袋 『再び草の野に』 1919
川島令三 『全国鉄道事情大研究 群馬・栃木篇』 草思社 2004
[PR]
by dr_suzuki | 2013-11-06 13:23 | 東毛(+両毛)漫遊 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://mukidouan.exblog.jp/tb/21418228
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by jun at 2013-11-06 15:41 x
川俣駅。何もないですがいい感じですよね。たまにふと寄りたくなります。3番線。なぞです。旧川俣駅が寂れる様子。興味ありますね。ググってみたらありました。再び草の野に。100ページくらいあるので、おおまかに見ようと思いますw 館林駅前。何もなくはないのですが・・・館林のまわりは5つも町があり大賑わいです。
Commented by dr_suzuki at 2013-11-06 17:41
▼じゅんさん
川俣駅前にはコンビニがあったと聞きました。
館林駅前にはもっと館林らしい食いもんが手軽に食える店があるといいと思うんだけんどね。


<< ぐんまワンデーパスで乗り鉄の旅... ぐんまワンデーパスで乗り鉄の旅... >>