2012年 10月 28日
2012上州太田スバルマラソン 【ハーフマラソン:21.0975km】
b0004675_9263385.jpg
雨の2012上州太田スバルマラソン・レース後の抽選会・軽自動車は誰の手に?

 2012マラソンシーズン、自身今シーズン開幕戦。まずは故郷太田市のスバルマラソンに参戦。前回(2011)は両足ふくらはぎが攣りまくり、温情でゴールさせていただいてから早一年。太田の借りは太田で返す!の意気込みで今回もハーフにエントリー。これでハーフは4回目の挑戦。たてばやし駅伝チームのエースN君、「フジミの男」つの君、S君ことOsato君もハーフにエントリーするという。主将のビックマウスT君は「たてばやし駅伝に照準を合わせているので、太田スバルマラソンなど眼中にないです」とのことである(笑)それに加えてfacebookで30年振りの再会を果たした中学時代の悪友Y君もハーフを走ることに。(Y君は現役自転車ヒルクライマー。先の赤城山ヒルクライムにも出場の猛者)同じくfacebookで再会した今は東京に住む中学の同級生F女史は、5kmにエントリーしたという。当日の同級生たちとの再会も楽しみだ。

 今回の目標は時間内に完走して、昨年の記録を上回りコース自己ベスト樹立。そしてできれば現在の自己ベスト(1時間56分34秒;2012桐生市堀マラソン大会)に迫るタイムを出したい。夏場にはそこそこ走りこんだとは思うのだが、長距離の練習ができてなかったのが気がかり。

 秋も深まり、スバルマラソンの日が近づいてきた。当日はどうやら雨になるらしい。まいったなぁ。雨の中のハーフマラソンなんて完全に修行のレベルだろ?一応、雨対策に前夜、修行衣として半透明のゴミ袋で雨用貫頭衣をつくってみたりしてみた。

b0004675_17552734.jpg 当日5時半起床。まだこの時点では降ってなかったものの、太田に向かうと小雨が降ってきた。雨の予報は10時からだったのに、完全に外れorz 駐車場から、小雨の中、とぼとぼと会場の運動公園まで歩いていった。雨はもう止むことはなかった。会場の陸上競技場に到着。


b0004675_1755318.jpg 観客スタンドで駅伝チームの仲間と落ち合い、本日の招待選手の川内選手の挨拶など見ていると更に雨脚が強まってきた。しかも冷たいorz 川内選手は「こういう雨降りの時は気温が上がらないので好記録がでます」と言っていたが、それは一流選手の話で、ヘタレランナーには雨のマラソンなどマイナス因子しかないように思うんだけど(笑)貴重品は預かり所に預けて、荷物をザスパのバクスタ観戦時と同じく、半透明のゴミ袋に突っ込んで、ベンチシートに放置(笑) 昨夜せっかく作った貫頭衣は、通気性が悪く、なんだか着て走ると暑くなりそうだったので着ないで走ることにした。


 スタートの2時間の位置のやや後方に控えめに並ぶ。ケヤキ並木の紅葉が始まってて綺麗だ。毎回前半飛ばし過ぎているので、今日は努めてゆっくりめのペースで走ることにした。仮に前をチャーミングな後ろ姿の女性ランナーが走っていても、決して惑わされないようにと心に誓う。首には寒さ対策と顔にかかる雨をいつでも拭けるようにザスパタオルマフラーを巻くことにした。

b0004675_18185852.jpg 8時、小雨の中スタート。自重自重を心がけ、ゆっくり進む。富士重工の工場を1周して、イオンの通りへ。第一関門は難なく突破。そして国道122号へ。雨脚が強くなったせいか応援の方が少ない。まぁこんな雨の中の修行風景をみている方もある意味修行だろう。昨年は東武の陸橋を越えたあたりから足が止まりかけたが、今日は雨で気温も低く、自重を心がけたせいかまだ快調だ。ただ雨でソックスとシューズが濡れてしまって、不快感甚だしい。10kmは58分で通過。まだ呼吸も乱れてないし、足も大丈夫。旧122号追分の第2関門も難なく突破。熊野の交差点のところで、ずっと選手とハイタッチしているご高齢のおばあさんがいたので、ハイタッチ。雨の中、傘をさしながらハイタッチして激励を続ける姿には頭が下がる。雨のため沿道の応援が少ないせいか、今回特に印象に残った光景である。


b0004675_1819141.jpg まだ足は元気なのでペースを少し上げる。昨年足が攣り始めた15km地点も無事通過。陸上競技場の直線の第3関門(16km)も通過。まだ足は大丈夫。このペースで行ければ2時間切りも可能だ。ポケットに忍ばせたパワージェルを摂って、最後の富士重工工場の1周へ。この頃になると道路は水たまりが増えてきて、シューズが度々浸水する。全身もすでにずぶ濡れ。不快感MAX。まぁあと少しだし・・・と思って走っていたら、なんとなく両膝外側に違和感・・・あぁまた腸脛靭帯が痛みだしてきた。やっぱり長い距離の練習してなかったからかなぁ。18km付近からは痛くて走れなくなって、何度も歩いてしまった。走っても膝が上がらなくなってきてるので速く走れない。ここでOsato君に抜かれてしまったが、もはや追いつける状態ではないorz

 陸上競技場が見えた。2時間切りは果たせなかったが、まぁコース自己ベストは確実だ。・・・やばい。今度は右足のふくらはぎに違和感が。こりゃ攣るかもしれない。何とかその前にゴールしなくては・・・が、そこでランニングの女神様(と勝手に決めた)はヘタれた心にまたも試練を与えられる。

b0004675_17554245.jpg 陸上競技場に入るところには普段はゲートがあるのだが、大会なのでそこを開けてありランナーはそこを通ってトラックに入る。陸上競技場に入る手前、あともう少しと思ってたら、突然着地した右足が大きくずるっと滑ってバランスを崩し、よろけて転倒。ゲートのレールに足を滑らせたらしい。(画像:レース後現場検証にいったらわずか数cmの巾、こんなものに足を取られるとは!よほど足が上がってなかったのね)と、その衝撃で、右足ふくらはぎが軽く攣ってしまった!仕方がないので座って引っ張っていると、そこは当然ギャラリーが多い場所。「大丈夫か!」「頑張れ!頑張れ!」「あとたった100mだよ!」「最後の気力だよ!」と口々に励まされる。係員に「大丈夫ですか?走れますか?」と声をかけられる。これが意識朦朧とした中の話なら美談だが、正直足が軽く攣ってるだけなので、意識は清明だし、こっ恥ずかしいったらありゃしない!「あーもちろん大丈夫です!お見苦しいところをお見せしましてすみません!!」と周囲に話し、一刻も早くその場から立ち去ろうと逃げるように(笑)トラックへ。(とはいえ、オレに激励の数々ありがとうございました)ランニングの女神様、最後の最後でこんなオチを用意しなくていいんですけど。転倒が毎度のことで、もはや「転倒芸」と化してるし(笑)


 そんなこんなで最後のホームストレートだけは、テレ隠しにカッコよく?ポーズを決めて(笑)走ってみた。
 記録は2時間8分1秒。コース自己ベストとはいえど、今年2月の堀マラソンでの自己ベストより10分以上遅いヘタレた記録orz まぁ18km以降は膝痛で、歩いてばかりだったのでしょうがないか・・・エースN君、Osato君や初ハーフマラソンのヒルクライマーY君にも敗北を喫しました。初めての冷たい雨中のマラソン修行の教訓は「足元には気をつけろ!」です(笑) 雨の中、スタッフの皆様、ご苦労様&ありがとうございました。

 で、そんな中での朗報は・・・・初めて抽選会で当選!ゼッケン下一桁賞「日本ハムのレトルトカレー4袋」が当たりました!ヽ(゚∀゚)ノ  雨の中の修行の成果ということにしましょうか。

b0004675_17553474.jpg その後、痛む足で雨の中を駐車場に戻り(更に雨脚が強まり、傘持ってないためずぶ濡れorz)、車で故郷強戸へ。Y君とF女史らと、故郷石橋町の「らぱん大和屋」で打ちあげのお食事。ソースカツ丼で栄養補給。肉厚でうまかった!!ランニングのおかげで30年ぶりの再会、昔話に花が咲きました。また来年もスバルマラソン走りましょう!


b0004675_929156.jpg


2012上州太田スバルマラソン
ハーフマラソン一般男子(40歳以上)
2時間8分1秒
871位/967 (←昨年より参加者100名も多い!ランニングブームなんだねー)
[PR]

by dr_suzuki | 2012-10-28 18:09 | 東毛(+両毛)漫遊 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://mukidouan.exblog.jp/tb/19371610
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ぐらんどばん at 2012-10-28 21:38 x
お疲れ様でした。
自分も今回初エントリーで走ってきました。
沿道の応援、自分は小さい男の子がハイタッチをしてたので
自分も手を振りながら近づき、腰を低くしてハイ?タッチしましたよ。
残念ながら、すずきさんにはお会いできませんでしたが、ジョグノートというSNSの方々に会うことができ、楽しめました。
生憎の雨でゆっくりはできませんでしたが、多くの模擬店も手作り感があって、とても良かったです。
Commented by dr_suzuki at 2012-10-29 09:40
▼ぐらんどぱんさん
お疲れ様でした。好記録おめでとうございます。あの雨の中で記録を伸ばせる方は一流です(笑)オレなど、完全雨中の修行と化してましたが。「18kmの壁」を超えられるよう、冬場はもっと長い距離で練習し、来年の堀マラソンでまた2時間切れるように精進します。


<< 両毛線・SL両毛号試運転      備前島のコスモス (太田市備前... >>