2012年 09月 10日
ぶらり妻沼へ
b0004675_1323310.jpg
妻沼聖天山・歓喜院聖天堂(国宝)・・・を望遠で(笑)

 まだまだ残暑厳しい日曜日、家で「かき氷」の話になって、熊谷じゃ暑さを逆手に取って「雪くま」っつーかき氷で町おこしをしてるらしいんで、ちょっくら行って食ってみっかとゆうことになったぃね。熊谷ってゆっても、近場で旧妻沼町まで(笑) こないだザスパの熊谷での試合の帰ぇりに、R17・407の渋滞を避けるんで妻沼の街中を抜けた時に「聖天山国宝指定」の幟やらがいっぺぇだったんで、ついでにこれまで一度も行ったことがねぇ名刹・聖天山にも寄ってみることにしたで。

 『新田町誌 第5巻』(特集編 新田町の民俗)によれば、「妻沼の聖天様と太田の呑龍様は仲が悪い」「太田の金山には松がたくさんあるが、妻沼では、呑龍様がしゃくにさわるというので松がない」「聖天様(あるいは妻沼の人とも)は松で目をついて、目を悪くしたので松がきらい」とかの言い伝えが紹介されてらぃね。まぁ利根川を挟んで隣同士の名刹どうしで、上州と武州とゆう対抗もあってそんな言い伝えがあるんかもしんねぇけんどね。

 車で小一時間で妻沼聖天山に到着。いやぁ呑龍様に負けず劣らずの名刹。すげぇ立派な山門、彩色され国宝に指定された歓喜院聖天堂(→本殿拝観には700円かかるんで望遠で)、まぁず立派じゃねーきゃ!

 門前には「雪くま」のある茶屋、長っぽそい形をした稲荷寿司を売るお店などが並んでらぃ。門前の賑わいじゃ呑龍様は完敗だぃな。歴女を呼び込むんなら、太田も焼きそばべぇじゃなく、スィーツ系の名物がほしいやぃなぁ。

 目的の「雪くま」・・・いいオヤジなんにネタ用に「パンダちゃん」を食ったで(笑)斜向かいのお茶屋さんの雪くまも気になったけんど、かき氷を何軒も食べ歩きするほど胃腸は丈夫じゃねぇしorz 
 帰りがけに「道の駅めぬま」へ。冷汁うどんを食ったけんど、予想以上のうどんで満足!

 ・・・そういや、本当に聖天山じゃ松を見かけなかった気がするで・・・・

b0004675_1325771.jpgb0004675_133644.jpgb0004675_1331561.jpg
b0004675_1333363.jpgb0004675_1334266.jpgb0004675_1335425.jpg
b0004675_1341442.jpgb0004675_134233.jpgb0004675_1343167.jpg
b0004675_1344772.jpgb0004675_1345662.jpgb0004675_135469.jpg
b0004675_13223817.jpgb0004675_1353341.jpgb0004675_1361100.jpg
妻沼聖天山貴惣門/貴惣門は珍しい3つの屋根の破風/聖天山
仁王/石舞台/本殿正面
龍/虎/極彩色の聖天堂
隣にあった「妻沼ドレスメーカー女学院」(廃校?)って・・・?/大福茶屋さわた/雪くま・抹茶小豆
雪くま・「パンダちゃん」/妻沼の稲荷寿司は長っぽそいらしい/冷汁うどん・美味!


かき氷「雪くま」 (熊谷市ホームページ)
妻沼聖天山 (熊谷市ホームページ)
妻沼聖天山 (公式) 
大福茶屋さわた
道の駅めぬま (熊谷市ホームページ) 

【参考文献】
 『新田町誌 第5巻』(特集編 新田町の民俗) p376-378 1990
[PR]

by dr_suzuki | 2012-09-10 13:26 | 群馬を離れて | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://mukidouan.exblog.jp/tb/18963143
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ざすっぱ at 2012-09-12 12:31 x
30年前に行ったときは、くすんでいましたが今回は鮮やかによみがえりましたね。噂は聞いていましたが、700円払って見る価値がありそうです。行ってみます。情報ありがとうございます。
Commented by dr_suzuki at 2012-09-12 14:06
▼ざすっぱ先生
熊谷市のHPにも載ってるけんど、彩色前後で全然違わぃねぇ。


<< 2012 J2: 第34節 v...      【Nike+】 2012年8月の記録 >>