2012年 08月 22日
JR日光線で宇都宮へ
(前2編の続き)
b0004675_20351017.jpg
日光駅2番線・JR日光線/エンブレムもレトロ基調

 13時半頃JR日光駅に戻ってくっと、13時35分に宇都宮行きがあることがわかり、ちっと早ぇかなと思いつつも今回の目的地、栃木県グリーンスタジアムのある宇都宮に向かうことにしたで。(栃木SC主催の試合の時は、グリーンスタジアムまで、宇都宮駅東口から無料のシャトルバスが出てる)

 駅には貴賓室等もあるらしかったけんど、時間がなかったんでゆっくりみられず。東武日光駅は日光観光のメインになっているようで人がいっぺぇだけんど、JR日光駅はあんま人がいなくってひっそりとしてるね。もちろんSuicaも使えるし、何より自動改札。(簡易Suicaじゃねぇよ) もちろんオレはJR日光線、初搭乗!

 2番線に宇都宮駅行きの電車が停車してる。2番線を使うのは珍しいらしいで。JR日光線は深臙脂色がイメージカラーらしく、駅名のフォントも草書体になってる。駅の北側の区間は東武日光線が並走。

b0004675_20362014.jpgb0004675_20363849.jpgb0004675_20364789.jpg
b0004675_2037246.jpgb0004675_20371588.jpgb0004675_20372733.jpg
日光駅・レトロ仕様/駅名標も味がある/2番線停車は珍しいらしい
駅北は東武日光線が並走(実はスペーシアを撮り逃すorz)/宇都宮駅/宇都宮みんみん ホテル アール・メッツ店

 電車は定刻通り出発。杉並木や田園風景の中、宇都宮へ。途中の「文挟」駅が読めなかったぃ。(「ふばさみ」) 14:16定刻に宇都宮に到着。日光経由北回り乗り鉄の旅、ここに完結! しっかしこのルート、時間も金もフツーに行ぐ倍以上かからぃなー(笑) ←フツーの人はしません!

 【経路】 (JR)日光駅13:35 → (JR日光線・普通740円) → 宇都宮駅14:16

 宇都宮に来たことだし、敵地遠征の前にちっと早ぇが腹ごしらえ・・・と思ったけんど、暑い中街中を歩く気力もねんでパセオ3階の今年開店した「宇都宮みんみん ホテル アール・メッツ店」に行ってみた。14時半過ぎなんに・・・並んで待ってるし orz

 久々のみんみんの餃子に舌鼓。安いしうんまぃんね。

b0004675_20355040.jpg
みんみんの餃子


 さぁグリーンスタジアムに行ぐんべぇか!シャトルバスに乗るんで東口へゴー! ・・・19時からの両毛ダービーの結果は、0-0のスコアレスドローだったぃねorz 今日はいろんな意味で疲れちゃったぃ(笑)

 宇都宮への旅、来年はどんな経路でいってみっかな・・・もう鉄路のパターンがねぇな(笑) ・・・栃木駅から東武日光線使うなんて絶対やらないから!絶対だぞ(笑)

(8月19日の乗り鉄一人旅3編、これにて了)



 
[PR]

by dr_suzuki | 2012-08-22 20:47 | 群馬を離れて | Trackback | Comments(7)
トラックバックURL : http://mukidouan.exblog.jp/tb/18868390
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by osato9115 at 2012-08-24 08:27
流石の一言です(^^;)
確かに、「フツーの人はしません」よね...。
でも、名物料理を食べながらの楽しそうな旅ですね〜♪
発想力と行動力も流石です!
Commented by ざすっぱ at 2012-08-24 09:53 x
大変楽しく読ませてもらいました。栃木の誇れるものは、日光、男体山(富士山のようで伊勢崎ー国定間で冬によく見える)、カンピョウです。レモン牛乳、宇都宮餃子、佐野ラーメンは最近のものです。さて「群馬県民の歌」は歌われないのに、「栃木県民の歌」は歌われるのかについて述べて見たいと思います。(続く)
Commented by ざすっぱ at 2012-08-24 10:03 x
昭和39年東京オリンピックの年、全国で「県民の歌」がつくれました。当時私は中学2年生で栃木県西那須野中学に在学していました。音楽の時間に毎回「栃木県民の歌」を歌わされ脳に刷り込まれました。秋に父の転勤で盛岡市厨川中学(ザスパ草津林勇介選手出身校)へ転校しました。音楽の時間に歌わされたのはスメタナの「我が祖国よりモルダウ」でした。この歌も私の脳に刷り込まれました。ちなみに岩教組は日教組の最強の組合でした。群馬大学に入学し、小学校の校長先生の離れに下宿しました。校長先生は群馬県は教員組合が強いので大変なんですよと言っていました。県の考えが上意下達された栃木県、されなかった群馬県の違いが「県民の歌」の歌われ方の違いになったものと思われます。栃木県では脳に刷り込まれた団塊の世代の生徒が先生になり、政治の時代が終わった今、連綿と「栃木県民の歌」が歌い継がれFC栃木の応援歌となったと考えています
Commented by ざすっぱ at 2012-08-24 10:06 x
。群馬県民の歌は群馬テレビが始まる5時に聞く事が出来ます。歌っているのは当時高校教師で声楽家の高崎松原産婦人科医院の父親です。長い話になりましたが、伝えておきたい話ですのこの場をお借りして披露させて頂きました。
Commented by dr_suzuki at 2012-08-25 12:16
▼Osatoさん
時間と金を惜しみなく使うんが、リアル「ヲタク」なんだぃなぁ(笑)
Commented by dr_suzuki at 2012-08-25 12:21
▼ざすっぱ先生
御説、そのとおりかもしれませんなぁ。群馬は組合が強いって割には「起立!注目!礼!」の軍隊式号令は堅持してるしね(笑)
「群馬県の歌」は一般人は群馬テレビでしか耳にするこたぁねぇだんべ。そういや某県立短大の入学式/卒業式じゃ開場して式が始まるまでノンストップでBGMで流れてたっけなぁ(笑)
Commented by ざすっぱ at 2012-08-27 10:57 x
もうひとつ大事な事書き忘れました。県民の歌を「ダカーポ」に歌わせリメイクした事です。ダカーポの女性は佐野出身でやはり脳に刷り込まれた世代です。今となっては栃木県民の歌はSC栃木サポーターの精神的バックボーンとなりうらやましい限りです。


<< 【Nike+】 2012年8月の記録      日光市営バスで足尾から日光へ >>