2011年 06月 27日
大泉町の「しもん茶」
 こないだ大泉の「未成線・東武鉄道熊谷線橋脚」を調べてたときに、たまたま大泉観光協会のHPをめっけたんさ。その中に物産販売のコーナーがあって、「シモン芋・シモン葉」が紹介されてたんさ。

 「シモン芋・シモン葉」って何なん?・・・ついでにネットでめっけたグリーンロード商店街(群馬県大泉町)の紹介のPDFによると、こんな説明がされてたぃね。
 昭和47年に原産地のブラジルより持ち込まれた白いサツマイモ「シモン芋」の健康を利する機能に着目し、平成17年から大泉高校や農家と連携して「シモン芋」の栽培を委託し、シモン芋焼酎とシモン茶の開発・販売を行っている。「シモン芋」は、ビタミンやミネラルが豊富で、葉や茎にもポリフェノールなどの栄養分が含まれており、高血圧・糖尿病・便秘など、多くの効能があるほか、ダイエットのサポートにもなるとして注目を集めている。シモン芋焼酎は、千曲錦酒造(株)に製造を委託し、アルコール度数25%、容量720mlの「城のうち」として、町内の酒店を中心に販売されている。
 また、シモン茶は、抹茶の2倍以上のビタミンKを含むシモンの葉を活かした健康茶(1袋500円、内容量30g)として販売されている。
 高血圧やダイエットにいーんなら、手に入れて飲んでみるっきゃねぇやぃね。酒は控えてることだし「シモン茶」にしてみっか。

b0004675_17484710.jpg 大泉町内限定で売ってるらしい。売ってる店が観光協会のページに紹介されてたんだけんど、オレは大泉の地理には今ひとつ明るくねんで、門外漢でも簡単に辿り着けそうな「とりせん大泉店」に行ってゲットしてみたで!お茶売り場で、でっかく宣伝が掲示されてたで。



b0004675_17491828.jpg
「しもん茶」500円也
「100%大泉産原材料使用」
群馬DCのぐんまちゃんシールも貼られてるで!


b0004675_17494023.jpg・・・でもパッケージが観光協会のページと紹介されてるデザインと違がーで。
 裏をみっと、製造者は桐生・梅田のぐんま製茶、販売者は大泉町観光協会!こりゃまさに「東毛のローカルフーズ」!だんべ!


 ・・・さっそく職場に持ってってみんなして、ホットで味見。
b0004675_1749575.jpg

 色は濃い茶色。味はプーアール茶みてぇな感じかね。みんなにも好評さね。
 これは冷やして飲んだらうんめぇじゃねんかね。
 猛暑の夏を乗り切る秘密兵器にしてみっかね。
[PR]

by dr_suzuki | 2011-06-27 17:56 | 東毛(+両毛)漫遊 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mukidouan.exblog.jp/tb/15841254
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< セーブオン 「がんばれザスパ草...      J2 第18節 vs ギラヴァ... >>