2011年 05月 10日
旧上毛モスリン事務所 (館林市城町)
b0004675_19373294.jpg
旧上毛モスリン事務所・群馬県指定重要文化財

 明治41年から43年にかけて建てられた木造二階建の擬洋風建物で、上毛モスリン株式会社(機業)の本館の事務所として使われてたそうだぃね。

館林は製粉が出来、汽車が出来、モスリンが出来てから、非常に賑やかになった。
と、田山花袋が『一日二日の旅 東京の近郊』で書いたほど、館林の発展に寄与した会社らしいやぃね。

b0004675_19364799.jpgb0004675_19365660.jpgb0004675_1937465.jpg

 昭和54年市役所庁舎の建築に伴い、この地に曳移転したんだと。明治の雰囲気が伝わるオシャレな洋館。現在震災の影響で見学できるんは一階のみさね。

 第二資料館(公式) 

(つづく)

b0004675_19375134.jpg
b0004675_1938247.jpg
b0004675_19381212.jpg

[PR]

by dr_suzuki | 2011-05-10 19:40 | 東毛(+両毛)漫遊 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mukidouan.exblog.jp/tb/15504888
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< つつじが岡第二公園・旧秋元別邸...      田山花袋記念文学館 (館林市城町) >>