2011年 02月 13日
第57回 桐生市堀マラソン大会 【ハーフマラソン:21.0975km】
b0004675_17405833.jpg
第57回桐生市堀マラソン大会・ぐんまちゃんも来たで!


b0004675_17415889.jpg 心配された雪も降らず、すっかり絶好のマラソン日和。さぁ桐生市堀マラソン大会(第57回)に今年も挑戦!駐車場が余りねんで、上毛電鉄を利用。すっかりランナーになり、いっしょにハーフに挑戦する「つの」君と合流し、西桐生駅から徒歩にて会場へ。新川公園からは吾妻山が雪化粧してるのがみえる。


b0004675_17413653.jpg 堀マラソンは、2008年に5kmに初挑戦してから4年連続で出場。まさにホームの大会。5km→10km→そしてついに今年は初のハーフマラソンに挑戦なのである!「マラソン」、あぁなんと甘美な響き。ステップアップして、ついに堀マラソン最後のカテゴリーまで鍛錬して上り詰めたで!・・・堀マラソンのハーフランナーは栄光の「白ゼッケン」なのである!で、ゼッケンナンバーはというとなんと・・・「14」!じゃねーきゃ!まるで「招待選手」のような数字。こりゃ遅せぇとカッコ悪りぃなぁ。


 会場を見渡すと、群馬ディスティネーションキャンペーンのからみで会場に「ぐんまちゃん」も来てたんさね。ぐんまちゃんはばっちり決めポーズを取ってくれたよー。
b0004675_17411451.jpg

 会場でA師匠や、Nike+仲間のcocopapa72先生、だ~るさん、アルディさんと会い、本日の健闘を誓いあう。今日の初ハーフ、目標は、まずは完走!ではあるが、アップダウンもあるコースだと評判だが、できれば2時間は切ってみたいという野望もある。(先月の練習ランで平地とはいうもののそれなりに走り切れたので、自信めいたものもあったりする。)

 スタートの列に並ぶ。控えめに後ろの方に並んでいると、見ず知らずの方から「そんなゼッケン番号の人が、こんなに後ろに並んでていいんですか?」と聞かれてしまう(実話)だから招待選手じゃないって!(笑)

 9時スタート!拍手の中を栄光の白ゼッケンたちが出発!4年前は全く走れなかったこのオレも、ついにこの集団の中に入れたよ!

 本町通りを北上。いつも調子づいて後半ヘロヘロになってしまうので、ひたすらNike+でキロ5分20秒のペースを保つことにした。隣には「つの」君が並走。最後まで一緒に走っていこうじゃねーきゃ!話をしながら走ると気が紛れるのもいいのかもしれない。

 桐生女子高校を越え、梅田へ。ここから折り返し点までだらだらとした上り坂と聞く。これは結構ボディブローのように効いてくる。たまに下りもある。何より膝(腸脛靭帯)に不安があるオレにはきつい。周りの山々は昨日・一昨日の雪が溶けず白銀の世界。(道には殆ど雪はない)それに向かい風が強くて寒くて。

 先頭のランナーがもう戻ってきた。速すぎ!(笑)
 しばらくすると、A師匠の姿が。いやぁ速いなー。
 
 県道から分かれて折り返し点のある二渡神社の道へ。所々凍結している。cocopapa72先生やだ~るさんともすれ違う。毎年堀マラソンのハーフに出てるだけはあるなぁ。
 やっとオレも折り返し地点に到達。ちょうど一時間。自重して上ってきたせいか、息も切れてない。いけそうだ!

 後半下り勝負!そして今度は追い風のはず。

 と、12km地点で右膝に違和感。ヤバイ、もう始まったかもしれない。ペースをちょっとあげてみたら、両膝外側の腸脛靭帯にピキッと痛みが増す。・・・・おまけに風向きが変わったのかまた向かい風!
 15km、両膝がなんとも痛くて痛くて、走れなくなった。アルディさんに抜かれる。これまでレースでは歩いたことないのが自慢だったが、何度か痛みで歩いてしまう。屈伸をするといくらか痛みが和らぐが・・・梅田中の辺りが一番つらかった。ペースを上げるどころか、このままでは完走すら怪しい。関門(16km:1時間40分)だけは突破しなければ!

b0004675_13524599.jpg なんとか桐女の所までたどり着き、1時間35分ほどで関門は突破。しかしマジで膝痛いんですけど・・・「つの」君が「足のマメが潰れました。先へ行ってください」というが、オレも行く気だけ満々だけど、いかんせん膝が痛くて全くペースを上げられず。それでも平地になったためか?若干痛みが和らいだので、新川公園目指してとぼとぼ走り続ける。10kmの若い衆たちと混じって走る。彼らの覇気を分けてもらいたいぐらいだ。沿道から「ハーフの14番!がんばれー」と声援をいただいたが、招待選手のような番号で遅いとカッコ悪いよね、やっぱり。


 本町通りから、コロンバス通りへ。ここは本当に緩るーい上り坂なんだけど、もはやこんな坂ですらキツイと実感した。もうオレ、ヘロヘロ。

 ゴールのところでランフォトが画像を撮っているのは知っていたので、何かポーズで決めてやろうと思っていたけど・・・結局何もできず、ゴールへ。息はほとんど切れてないのに、恨めしいのはこの足よ。結果は2時間10分18秒。2時間切りどころか、なんだかなぁの結果に終わる。今日の唯一の収穫は完走したことだけ。この間の練習ランで生じた己の実力への過信と、そして何より梅田のアップダウンをなめちゃってたってことかな。素直に反省だね。

 みんなで結果を話しあう。思うようなタイムを出せた人、オレ同様、梅田の坂で討死寸前に陥った人さまざま。オレより15も年上なのにA師匠は結局自己ベストをまたも4分縮め1時間38分台だったそうだ。いやぁこりゃ賞賛に値するで。(オレと30分も違うし)

b0004675_17434976.jpg A師匠と「つの」君と打ち上げに今年もソースカツどんの老舗「志多美屋」さんに。さすがにランナーの方々の来店も多く、待ち時間も結構あり、A師匠は元気でしたけど、オレも「つの」君も既に脚が痛みグロッキー。がんばった自分にご褒美とゆうことで、またもカツ6枚のカツどん(デフォは4枚)でカロリー補給。


b0004675_17432376.jpg A師匠と別れ、「つの」君とお互いに痛む脚を引きずってトボトボと桐生駅を通って、西桐生駅へ。桐生駅で「つの」君の桐生のおみやげに「花ぱん」を購入(笑)


 オレの初めてのハーフ挑戦は、このようにトホホな結末。普段からもっと長い距離を走らないとダメなんかな。腸脛靭帯が痛くならない方法ってなんかあるんかなぁ。いつかはフルマラソンを!と思ってたけど、こんなんじゃ当分無理だなー。

 スタッフ、ボランティアの皆様、ご苦労様でした。来年もよろしくお願いします。・・・でも来年はやっぱ10kmにしとくかな。

b0004675_17444889.jpg

さぁ明日から修行は、5th stage!・・・って膝の痛みが取れるまではしばらく走れないなぁ。

第57回桐生市堀マラソン (RUNNET)
ハーフマラソンの部・男子
2時間10分18秒 (グロス)
531位/563  (制限時間2時間だったのに計測してくれた主催者に感謝)
[PR]

by dr_suzuki | 2011-02-13 17:48 | 東毛(+両毛)漫遊 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://mukidouan.exblog.jp/tb/14906879
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by つの at 2011-02-13 20:19 x
桐生堀マラソンお疲れ様でした。本格的なマラソンでしたね。自分は関門突破してからは、ほとんど歩いてましたよ。なんとか7分落ちで完走できました。いい経験になりました!!人ってやればなんでもできるかもしれないですね。
Commented by げきさかのぼる at 2011-02-14 00:18 x
ハーフ完走、お疲れ様でした。
私は、もうしばらく走ってません。いまじゃ2キロも走れないかも。
堀マラソンは、10年以上前に一度ハーフを走ったことがあります。やっぱ、群大あたりから先はきついですよ。ずっと登りだし。
大間々マラソンのハーフにしろ、草木湖にしろ、赤城大沼にしろこのあたりのハーフってアップダウンが多いですね。
Commented by dr_suzuki at 2011-02-14 10:20
▼つの君
お互いお疲れさん。両膝が痛くて辛いんですけど。
来月の足利の北関東道開通記念マラソンもよろしくねー。
Commented by dr_suzuki at 2011-02-14 10:23
▼げきさかさん
梅田の坂をナメてました。10km越えた下り坂があんなに膝にくるとは、予想外だったなー。今後ハーフを走るとしたら平地の大会に出るとすっか。
・・・あ、大間々マラソンは合併の影響でなくなっちまったんさねぇ。



<< ユニ2011モデルのアイコン      2011 J2日程発表 >>