第28回 たてばやし駅伝大会 【4km】
 昨年、たてばやし駅伝大会に参加。これが意外や意外おもしろかったんで、今年は太田の職場内で、もっと盛り上げようと2チーム作ってチーム対抗戦をやることにした。(各人4km x チーム5人=20km)そして「駅伝後の打ち上げで負けたチームは勝ったチームにおごらなくてはいけない」というルールを設定。チームは若手主体のTeam RTとオレも属する不惑越え主体のTeam MD。それぞれのメンツは以下のとおり。(すべて男性;区間は館林・城沼陸上競技場発着の4kmの周回コース)

Team RT (平均年齢約31歳)
第1区:精鋭が集まり誰もやりたがらない第1区を買って出たK君(2回目出場)「嫌なことは早く終わらせる主義なんで・・・その後に皆さんの苦しむ姿をじっくり眺めさせてもらいます」と。そして去年同様、練習は全くせずに望むと宣言。「だって練習したら疲れるじゃないですか!?」・・・チーム最年少なのに・・・あいかわらず。
第2区:昨年の引退宣言を撤回し、この1戦限りの復活を宣言した監督兼任のT君(2回目出場)。今年は任天堂DSも現地に持ち込まず、走りに集中する!・・・らしい。
第3区:旧富士見村から参戦した「つの」君(初出場)。駅伝初参加ということで家の周りでの練習に余念がないが、赤城の裾野では必然的にいつもアップダウンが激しいクロスカントリー状態に。「館林のような平地を走ったことがないので、どんなペースで走ったらよいかわかりません」というのが唯一の懸念材料(笑)
第4区:去年のレースで第1区も務めたチームのエース・N君(2回目出場)「忙しくて全然練習していないので、プレッシャーのかかる1区ではなく4区で気楽に走らせて下さい」とのことだが・・・TeamRTはここで勝負を仕掛ける気か?
第5区:唯一の館林市民のため今年もエントリーやらなんやら雑務を一気に引き受けてくれたS君(2回目出場)、あんがとー!Team RTの中では群を抜く夏場の練習量を誇り、先の太田スバルマラソン5kmにも参戦。駅伝に向け事前調整は万全?地元にいいとこ見せられるか!?

Team MD (平均年齢約41歳)
第1区:人数不足をいいことに、助っ人として元陸上部、高崎のY先生を補強(初出場)。若い頃は100m11秒の俊足を誇ったそうだが・・・最近は全く走ってないとのこと。果たして不惑を超えた今、その実力や如何に?
第2区:Y先生が走るのならオレも!と参戦してくれたY先生の同級生、O先生(初出場)。「・・・せっかく走るのなら、何か仮装とかしたほうがいいんですよね?」って力入れるところが違うだんべ!
第3区:若く、かつ昨年まで館林で働いてたというだけでパワハラまがいでチームに強制参加させられたチーム最年少、唯一の20代のS先生(3回目出場)。しかし、実は前の職場でも2年連続で出場させられており、職場が変わっても駅伝に悪縁のある不憫な男。しかしこれで3回連続出場と、たてばやし駅伝では抜群の経験値を誇る。コースを熟知した駆け引きに期待。
第4走:オレ(2回目出場)。普段の練習量だけなら両チーム通じて間違いなく一番だが・・・相手チームのエースを4区にぶつけられ、始まる前からビビり気味。なんとか逃げ切って次の最終5区につなぎたいところだが・・・
第5区:皆の参戦要求に、重い腰を上げた初出場の監督兼任のH先生(初出場)「よし!明日から自転車通勤するぞ!」と宣言・・・しかし宣言通り自転車で来たものの、それが「電動アシスト付き自転車」だったことは皆を唖然とさせた。

 今年はたてばやし駅伝に何チーム参戦するかは知らないが、今回は他の参加チームよりも相手のチームに勝つことのみが互いの目標である。なにせ「打ち上げの飯と酒がかかっている」のだ。

 12日朝、快晴。東武桐生線→伊勢崎線で館林駅に向かう。途中S君から受付を済ませたとのメールが来る。本日は82チームの参加だそうだ。昨年より10チーム余り少ないが、昨年のヘタレチームが敬遠したのか、はたまた参加料の値上げ(1000円アップ)が効いたのか・・・いずれにせよネタチームのオレたちより遅いチームがいくつかエントリーしてくれているのを祈るばかりである。

b0004675_12461514.jpgb0004675_12462462.jpgb0004675_12464213.jpg
館林駅/駅の前の狸/釜玉うどんの屋台登場

 館林駅に到着。駅前の道を東へ約1km歩くと、そこが会場の城沼陸上競技場だ。風も強くなく、思ったほど寒くもなく絶好の駅伝日和。もうすでに小学生の部が始まっており、応援の父兄もたくさん集まり、周辺はかなり賑わっている。新たな館林の名物・釜玉うどんの屋台も出ていた。食べてみたかったのだが、これで満腹になって腹が痛くて走れなくなってしまうとチームに迷惑をかけてしまうので自重する。(→駅伝が終わった時には閉店してたorz)

b0004675_1250710.jpg RT、MD両チーム計10名が決戦の地、館林に結集。互いに健闘を誓いあう。・・・各人てんでバラバラに思いのままにウォームアップ。輪になってウォームアップしてるチームもあるのにこの体たらく(笑)。間もなくレース開始。先頭走者の招集がかけられる。元陸上部の魂、寒いのに気合いの入ったランパンスタイルのMD/Y先生。駅伝なのにタスキを忘れてスタートラインに並んじゃったよー!(オイオイ!一同大爆笑)
 
 10時スタート。第1区は各チームの精鋭ぞろい。速いのなんの!(1区だけ最初にトラック半周200mがプラスされる)1区のY先生、いいペースで戻ってきた。さすが助っ人に呼んだだけはある。なんだかんだで「昔取った杵柄」は生きてるなー。最初の「タスキ忘れ事件」がなかったら本当にカッコ良かったのに(笑) RT/K君も今年も当日まで温存した力を発揮。「(2区以降の)みなさんと違って最初の陸上競技場半周の200mの分、余計に走ったせいかすごくバテました・・・残り200mがもう遠くて遠くて。本当はもう終わってるはずなのに・・・1区になったことを本当に後悔しましたよ」との談。それでもY先生との差をわずか3分半にとどめ、2区へと託す。(下馬評では5分差がつくのではと思われていた)
b0004675_12493173.jpg 第2区、MD/O先生は宣言どおり「カエルのカブリモノ」を持ってきた(笑)「いやー、カブリモノしてると沿道から声援がすごくもらえるんですよー!こりゃいいですねぇ!」って、何か違う楽しみを開眼しちゃったのか? 監督兼任のRT/T君は「昨年ブログに書かれちゃったんで、もうさすがにDSもって来られなかったんで・・・今年はPSP持ってきて待ち時間にモンハンやろうと思ってたんですが・・・」なんて暢気な事前のコメントだったが、実は普段から運動をしているので、なんだかんだいってるけど速いのである!今年は走った後に「引退宣言」をしなかったので、そのことを問うと「今は試合が終わったばかりで何も考えられませんが、引退する際はキチンと記者会見の場を開きたいと思います(笑)」とコメント・・・今年は満足した走りだったんだな。ここでRTチームが大きく差を詰め、MDチームがわずかにリードして3区へ。
 第3区、MD/チーム最年少の期待のS先生スタート!続いて平地を初めて走るというRT/つの君スタート!つの君はさすがに富士見の高地で鍛えているせいか速い!レース後、本人いわく「後追いだったし、初めてのレース参加でペース配分もわからず、周りの人のペースにも引きずられ・・・後半バテバテで。平地の駅伝を走るってこんなに難しいと思わなかった」だそうな。S先生を追い抜き、4区のエース、RT/N君へ。さすがに余裕の走り。第4区のオレはS先生(MD)の到着を待ったが、なかなか来ない。S先生予想外の大失速!・・・タスキを受けたが、すでにN君とは2分余の差をつけられている。先行するN君に少しでも追いつこうと、前半は身の程を知らぬ実力以上のハイペースで走ってしまい、完全にペース配分を誤り後半ヘロヘロ。結局N君の姿は一度も視界に捉えることもできず、タイムも昨年より30秒ほど遅くなってしまった。これが老化ということなのか?N君は何度か後ろを振り返ってオレが追ってこないことを確認する余裕があったそうだ。(くそー!)
 RTは第5区アンカーのS君へ。MDもアンカーのH先生が「必ずここへ帰ってくると~手を振る人に笑顔で応え~」と、まるで宇宙戦艦ヤマトの主題歌のごとく特攻出撃。既に3分余差がついてしまい、敗戦濃厚だが・・・勝負は下駄を履くまでわからん!そんな中、S君は練習の成果か、単に地元・館林でいいとこ見せたかったのか(笑)、昨年よりも1分近くタイムを縮めゴールイン!RTチームの勝利決定!

b0004675_12504036.jpg その頃、H先生は「もし苦しくなったら、すぐに歩いちゃうからな」と宣言していたため、鶴生田川沿いの直線に様子をうかがいに行ってみると・・・もう見事に歩いてるし(笑)オレたちを見つけると、また走り始めた(笑)のだが・・・そこからゴールまではあと1.5kmほどなので、H先生を皆で鼓舞。陸上競技場のゴール地点で待つことにする。


 ゴール地点に行ってみると・・・
b0004675_124915100.jpg
もうすでにスタッフが撤収始めちゃってるし(笑)!

b0004675_1251527.jpg あのー、まだうちのチームがフィニッシュしてないんですけど・・・そうこうするうちにやっとH先生が無事に生還、ゴール!結局TeamRTと10分以上水をあけられ、惨敗!ということはまさか・・・ウチのチームがビリなん??と思ったら最後から4番目でした。ビリじゃなくって一安心。


 陸上競技場を後にして、去年の同じく、みんなで仲町の「天ぷら栄」に行ってみたが激混み!なんで、朝日町の「鼎」に行って反省会&打ち上げ。今年も駅伝をネタに大きく盛り上がりました。オレは館林ということで、またも名物の川魚を食べることに。カロリー補給も兼ねて「うな重」を選択。うまかった!・・・打ち上げ代金は約束通りTeamMDのメンツで全額支払い・・・

b0004675_12473461.jpgb0004675_12475424.jpgb0004675_12481641.jpg
「鼎」のうな重/東武佐野線へ/葛生行き

 帰りは館林駅から東武佐野線に乗り鉄。佐野駅で両毛線に乗り換え家路に。両毛線の車掌が女性だったのはびっくりしたなぁ。両毛線は冬季はドアを手で開けなきゃならないことをすっかり忘れてた(笑)


 またまた盛り上がった「たてばやし駅伝」。チーム対抗戦は個人戦と違う辛さや楽しさがありますなぁ。来年はどうなる(どうする)だんべか?

b0004675_12485330.jpg
賞品は館林のゆるキャラ「ポンちゃん」をデザインしたエコバッグ


オレの記録
第4区(4km):19分33秒 (区間45位)

男子一般の部20km(4kmx5人)
TeamRT 1時間39分05秒 順位 56位/82チーム
TeamMD 1時間52分36秒 順位 79位/82チーム
[PR]
by dr_suzuki | 2010-12-13 13:23 | 東毛(+両毛)漫遊 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://mukidouan.exblog.jp/tb/14576931
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by つの at 2010-12-14 21:06 x
たてばやし駅伝お疲れ様でした。最終走者が帰ってくる前に撤収作業が始まってたのですか!?そのあたりはまったく見てなかったので驚きました。何はともあれ、どちらのチームも無事にゴールできてよかったですね。
Commented by dr_suzuki at 2010-12-14 22:34
▼「つの」君
どうも3区お疲れ〜!
こどもお世話係(笑)もご苦労さん!
まぁスタッフも早めに撤収してぇ気持ちもわかるしねー(笑)
また来年もやる?
Commented by じゅん at 2010-12-23 01:06 x
駅伝ばかりでなく
館林もかなり堪能されましたね!
館林通ですよ!!!
Commented by dr_suzuki at 2010-12-23 07:13
▼じゅんさん
館林の御大に御褒めを頂戴し恐縮しております(笑)


<< 冬の冠稲荷神社 (太田市細谷町... オレの2010年ザスパ草津観戦記録 >>