2010年 08月 25日
旧陸軍新田飛行場 着陸訓練施設鎮碇? (太田市新田市野倉町)
b0004675_17445183.jpg
謎のコンクリートの物体が畑の脇に・旧陸軍新田飛行場の格納庫跡?


 理解を深めるために、まず拙ブログ記事「旧陸軍新田飛行場跡」を見てくんなぃ!

 ブログを見てくれてるcoasisciderさんから、新田市野倉の畑の中に、地元で唯一残ってる戦争遺構とゆわれてるとゆうコンクリートの物体があると教えてもらったんで、通勤途中に寄り道して取材してみたで。

 市野倉の北の外れにある(Yahoo!ロコ) んさね。畑の中にポツンとあるのですぐわかるで。旧飛行場の北端付近にあったんじゃねーかと推定。

b0004675_17451680.jpg
幅3m・高さ2mぐれぇ
大きさから、飛行機を隠す格納庫・掩体壕(えんたいごう)じゃなさそうだぃな。
鉄筋の基礎もめぇる

b0004675_17452642.jpg
真横・左から:コンクリートの奥行きも2.5mぐれぇか?

b0004675_1745387.jpg
左斜め前から


 形から推定すると格納庫か何かの基礎じゃねんかなぁ。後ろには幌みてぇな囲いがついてたんかなぁ?・・・詳しい人、コメント求む!

 coasisciderさんが近くで畑仕事しているおじーさんに聞いたら、戦前からあるもんらしいとのことだぃね。

 もし戦争遺構だとしたら、戦後ここいらに就農した人がぼっこわさなくてよかったぃねぇ。戦争遺構は貴重なんで、ぜひ太田市は早急に調査して、遺構なら文化財として保存すべきじゃねぇかと思うんだけんど・・・

 coasisciderさん、貴重な情報ありがとうございました。

◆2016年1月追記
 kanさんより、貴重なご意見を頂戴しました。
 「着陸訓練施設鎮碇」(ちゃくりくくんれんしせつちんじょう)ではないかと。
 三点着陸の訓練にロープを固定したRC造の鎮碇で、鹿児島の知覧にも同型のものが残っていると。

 この記事のタイトルも 旧陸軍新田飛行場格納庫跡から 着陸訓練施設鎮碇 に変更致しました。

 kanさん、ありがとうございました。
[PR]

by dr_suzuki | 2010-08-25 17:53 | 東毛(+両毛)漫遊 | Trackback | Comments(23)
トラックバックURL : http://mukidouan.exblog.jp/tb/13843641
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ねこさん@かに印 at 2010-08-28 00:16 x
う~ん、現物見てみないと何ともいえませんね。
少なくとも掩体ではないでしょうね。
近々見てきます。
Commented by dr_suzuki at 2010-08-28 13:40
▼ねこさん@かに印さん
おー真打ち登場!見てきてくんなぃ!ぜひご感想を!
Commented by 二つ山 at 2010-08-28 17:16 x
ご無沙汰です。これはコメントしないわけには行きますまい。
まさにこれ、このコンクリートか、他の場所のか定かでないが、子供の頃に遊んだ記憶があるんよ。あの辺りは、ピストルとか機関銃の弾の不発弾とかもよく落っこちてたってゆうことで、あんまり遊んじゃいけないって言われてたけどねー。こんなコンクリートの塊も、昔はもっと何個も残ってたような気がするんだけどねー。
Commented by dr_suzuki at 2010-08-29 23:57
▼二つ山さん
そうなんだよね。まだ工場になる前、地面も当時の飛行場の滑走路のコンクリート打ったまんまのところもいっぺぇあったよね。遊んじゃいけねぇって学校でもゆわれてたぃなぁ。あの頃はあそこを開発する意識はあっても戦争遺跡を保存する機運はなかったんでしょうなぁ。
Commented by ねこさん@かに印 at 2010-09-01 21:14 x
見てきましたよ~。
いやあ、よくあの横とおっていたのに気付きませんでした。
残念ながら何の遺構かの断定はできませんでしたが、やはり掩体壕ではないと思います。
理由は掩護高、コンクリートの厚さが薄すぎます。
残されている基礎部分も掩体のものではないでしょう。

使用されているコンクリートから戦時中のもので間違いないと思います。
継続して調べてみます。実はにたような構造をある戦跡で見たことがあるので…。
Commented by dr_suzuki at 2010-09-01 22:09
▼ねこさん@かに印さん
弾薬か何かの格納庫なんかねぇ?
続報を期待してます!
Commented by ざすっぱ at 2010-09-02 11:58 x
素人なんで、コメント控えてきましたが私の予想を述べてみます。昔高崎の弾薬庫跡地を見たことがあります。今の群馬の森です。あのようなコンクリートがあり、扉がついていて弾薬庫跡と書いてあったような気がします。数も物すごい数でした。私の考えでは、弾薬庫の入口だけ作ったところで、終戦になったのではないでしょうか。昔郡山に住んでいた時、飛行場を作る途中で終戦を迎えたところがありました。他のところは丘陵地帯であるのに、そこだけが平坦になっていました。近くの人に聞いたら、飛行場を作るので、近くの人が勤労動員され平になったところで、終戦になったという事でした。本土決戦に向けて彼方此方で飛行場が計画されていたんですね。
Commented by dr_suzuki at 2010-09-03 18:30
▼ざすっぱ先生
高崎の群馬の森の横も年に何回かでいいから公開してほしいやぃね。
近々、桐生愛国飛行場の記事をアップするんで読んでくんなぃ!
Commented by ねこさん@かに印 at 2010-09-07 16:36 x
ざすっぱさん凄い見識ですね。
ズバリ私も弾薬庫もしくは燃料庫と考えておりました。
群馬の森の板鼻弾薬跡にもたくさんありますが現在は合法的に見学することは大変困難。
また陸上自衛隊吉井弾薬支処にも旧軍の遺構がありますが撮影するとワタクシがタダではすまぬということで画像は提供できません。
恐らく弾薬や燃料の保管されている施設の周囲を土手で囲んだもの、つまり無蓋掩体の入り口部だと思います。
扉のレールらしきものも基礎に残っていました。
恐らく土手の部分だけ開拓により失われたのでないでしょうか?
もう少し調べてみますね。
Commented by ねこさん@かに印 at 2010-09-09 02:00 x
訂正。
無蓋掩体じゃなくて防爆土塁でした。
似たような構造物は豊川海軍工廠跡の弾薬庫に見られますがこちらの遺構ははるかに規模が大きいです。
Commented by dr_suzuki at 2010-09-09 07:21
▼ねこさん@かに印さん
「防爆土塁」ですかぁ。まぁ他には残ってねんで貴重だと思うんで、なんとか保存してほしいもんだぃね。
Commented by ねこさん@かに印 at 2010-09-09 12:53 x
貴重な戦跡なので先生のお力で保存を働きかけてみてはどうでしょう。
あの地は子ども地図マニアだった幼い頃より区画が不自然で気になっていた場所でした
Commented by ざすっぱ at 2010-09-09 13:33 x
火薬廠を囲む防爆土塁でしたか。高崎板鼻では、火薬廠を見逃していたんですね。私はてっきり防爆土塁の中に,ニトログリセリン爆弾が入っていて、一度に爆発しないように数多く分散しているのかと思いました。いい勉強ができました。
Commented by dr_suzuki at 2010-09-09 20:10
▼ねこさん@かに印さん
いやぁはぁ太田市民じゃねぇし、オレの戯言なんざとてもとても相手にしてくれねぇでしょう。>太田市
Commented by dr_suzuki at 2010-09-09 20:12
▼ざすっぱ先生
オレは、ここには学徒も動員した軍需工場も敷地内にあったみてぇなんで、その部品かなんかを格納してるところなんかなと思ってたぃね。
Commented by snow_air at 2010-09-10 09:31
群馬じゃないけど掩体ならうちのブログに・・・
すっごい大きかったですよ。
ちなみに↓の記事が掩体です。
http://snowyair.exblog.jp/12063393/
Commented by dr_suzuki at 2010-09-10 20:34
▼snow_airさん
ブログ拝見。いやぁいっぺぇ掩体が残ってるんねぇ。
北関東だと、宇都宮の栃木県農林大学校の敷地内にあるみてぇだぃね。
Commented by kan at 2016-01-18 21:25 x
初めまして。同様の遺構が、鹿児島県知覧に残っています。
三点着陸(主翼下の主輪と尾輪が同時に接地する着陸方法)を体得するための設備のようです。
Commented by dr_suzuki at 2016-01-18 21:47
▼kanさん
はじめまして。貴重な示唆ありがとうございます。謎が氷解しました。
「着陸訓練施設鎮碇」http://bunka.nii.ac.jp/heritages/detail/119637
とても貴重なものでしょうから、太田市が保存してくれるといいのですが。
Commented by kanizirushi at 2016-01-19 07:37
おおっ、すげえ!
航空科の出身じゃないからなんだか判らんけど、ソックリじゃないですか!
年に一回くらい見に行って「何だろうなあ?」とか、わたくしのよく行く榛名山麓某施設内にも似たようなモノがあってよく見たら土塁に埋め込まれた門の跡だったり、もう夜も眠れぬ状態でした(ウソ)。
しかし、今度は使い方について眠れぬ日々が続きそう。
ワカッテヨカッタ!というか要保存でしょ!
Commented by dr_suzuki at 2016-01-20 12:49
▼ねこさん
そうなんだぃね。どう使ってたのかイメージできなくって、違った意味で混乱してるんさ(笑)
Commented by coasis at 2016-01-30 19:19 x
しかと拝見させていただきました。
もうあれから5年も経ってるんですね…
と言うより5年越しで正体が判明したとかも
驚きなんですが。

側から見れば古ぼけたボロボロのコンクリ塊
なんでしょうが、何とか遺せない物でしょう
かね?あんな長閑な所に飛行場があったって
言う事を唯一証明する現物だと思うのですが…

まあ役割が地味過ぎて学術的とかそういう価値は
低いのでしょうし、難しいんでしょうが。
Commented by dr_suzuki at 2016-01-30 20:50
▼coasisさん
こんなの残ってるの、あの知覧と新田だけなら歴史的価値はあるんだろうし、太田市にはぜひこの戦争遺跡も文化財にしてほしいやぃね。それが軍需都市だった太田の責任でもあると思うんさね。


<< 高山彦九郎記念館 (太田市細谷町)      円福寺茶臼山古墳 (太田市別所町) >>