2010年 04月 07日
鳥崇神社古墳 (太田市鳥山中町) 【桜】
b0004675_1863211.jpg
桜の古墳・鳥崇神社古墳 (太田市鳥山中町)

 6日、暖かさで一気に桜が満開。隠れた桜の名所、桜の花に覆われるってゆう太田市鳥山中町の県道78号太田大間々線沿いにある鳥崇(ちょうそう)神社古墳に仕事帰ぇりに寄ってみることにしたで。(とゆうか桜の季節になるんを待ってたんさ!)
 ここの古墳、前方部はすでに削平されちゃったけんど、周囲に周堀がめぐり、くびれ部付近に「中島」が残ってるってゆう、貴重なスタイルらしいやぃね。

 仕事がちっとんべ遅くなり、夕暮れの中太田市内を車で急いだけんど・・・群馬の県道は県道どうしが交差するところにも右折車線がなくって、どこも渋滞。最近栃木南部に行ぐ機会が多いけんど、栃木と比べっと群馬の県道交差点のトホホさにはまぁず閉口だぃなー。

 で、やっとこさ到着。・・・なんとか日暮れにまで間に合ったぃね。

 鳥居をくぐって、古墳を目指す。・・・おー、古墳が桜に覆われててなっから壮観だぃねぇ。

b0004675_188460.jpgb0004675_188154.jpgb0004675_1882567.jpg
b0004675_1885110.jpgb0004675_189165.jpgb0004675_1891633.jpg
鳥崇神社古墳鳥居/桜の参道/中島前の赤鳥居(中島は立ち入り禁止)
鳥居と桜/墳丘途中の祠と富士講?/後円部の鳥祟神社社殿


b0004675_1865998.jpg
貴重な周掘の「中島」
頂部に祠があるけんど・・・立入禁止だぃね

b0004675_1874432.jpg
後円部から東に走る県道太田大間々線を見下ろす
県道からもこの古墳の桜がキレイにめぇるで

b0004675_1871852.jpg
後円部の鳥祟神社
・・・「鳥崇」ってどういう意味なんだんべか??
由緒記がねぇかと思って探してみたがめっからず。
家に帰ってググってみたけんど、わからず。


鳥崇神社古墳 (太田市ホームページ)
【余録】↑上の太田市のサイトの鳥崇神社古墳のファイル名が「シマダタリ(simadatari.htm)」になってらぃね。・・・「鳥」も「島」を間違えるのはどうかと思うんだけんど。「崇」(あが)めると「祟」(たた)りは、字似てるからなぁ。オレも間違えたし。

 しっかし、桜ははぁ満開なんに・・・時間が時間なんだかオレの他には誰もいねぇ。
 電球がぶる下がってるから、地元の人はここに花見に来るんだんべな。

 その後、県道沿いに約1km県道を北上したところにある「亀山古墳(ここも桜がキレイ)」にも行ってみたけんど・・・右折の車いっぺぇの交差点渋滞で、辿り着いた時にはすっかり暗くなってたんさorz 群馬の県道交差点はまっと整備すべきだぃな。

b0004675_11311711.gif鳥崇神社古墳 (Yahoo!ロコ)
[PR]

by dr_suzuki | 2010-04-07 18:22 | 東毛(+両毛)漫遊 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://mukidouan.exblog.jp/tb/13115114
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ざすっぱ at 2010-04-09 09:31 x
桜を植えてある古墳が多いですね。古墳時代においては東国随一の勢力を誇った上毛野国ですから、多くの古墳があります。桜の咲く時期になると、どこが古墳か一目瞭然となります。恐れ多いので、桜を植えて供養したのでしょうか?
Commented by はにゃ at 2010-04-09 11:35 x
神社・仏閣の周辺は本当に桜が多いですね。
咲いて初めてその存在に気付くことも多いです。
こういう人がいない地味というか穴場的なところにひっそりと咲く姿もまた美しいですね。
足利だと袋川の桜が圧倒的というか見栄えが良いです。露店やら人通りやらで騒々しい(汗)ですが家族連れには良いかと。
Commented by dr_suzuki at 2010-04-09 19:51
▼ざすっぱ先生
東毛の古墳は神社や仏閣になって桜植えられてるるところが多ぃぃからねぇ。
神社とかが祀られなかった郊外の古墳はおーかさびしい限りだけんどね・・・
Commented by dr_suzuki at 2010-04-09 19:54
▼はにゃさん
この時期、日本人は桜(ソメイヨシノ)がほんとに好きだぃなぁと実感。
他にも東毛のメジャーどころでねぇスポットに行ってみて、いくつか紹介してみっかね。


<< 桜並木太平記街道 (太田市新田...      やっぱ「かき菜」だんべぇ!? >>