2009年 10月 12日
越後・南魚沼へ
b0004675_22511362.jpg
b0004675_22512438.jpgb0004675_22513471.jpgb0004675_22514311.jpg
b0004675_225241.jpgb0004675_22521561.jpgb0004675_22522472.jpg
b0004675_22524371.jpgb0004675_22525289.jpgb0004675_225327.jpg
b0004675_22533793.jpgb0004675_2253479.jpgb0004675_22535719.jpg
b0004675_22541375.jpgb0004675_22542479.jpgb0004675_22543472.jpg
越後一の名刹・雲洞庵(新潟県南魚沼市)
バス兼続号ってあるんだ(笑)/愛・天地人博南魚沼(今年12月27日まで)/大人は入場でコシヒカリ1合のプレゼント
アイスだって「愛」/南魚沼市役所の上杉景勝・直江兼続のレリーフ/へぎそば(塩沢町・田畑屋(店内禁煙))
雲洞庵赤門/雲洞庵参道/雲洞庵本堂
本堂/雲洞庵より坂戸山/直江兼続公伝世館
伝世館内の鎧兜展示/上杉景勝・直江兼続生誕の地の碑/坂戸城跡

 オレん家でも、ついつい毎週見ちゃってるNHKの大河ドラマ「天地人」。連休2日目は、子供達のリクエストで、ETCで高速1000円也の恩恵もあり、主人公・直江兼続の生まれ故郷・新潟の南魚沼までちょっくら行ってみたで。

 南魚沼周辺の上田荘は、南北朝以前は越後新田氏の土地・・・と新田氏ヲタが炸裂しそうだけんど、今日はあくまで南魚沼の「天地人」関連巡り。

 いやぁ南魚沼(旧六日町)は、まぁずどこいっても町を上げて「愛」「天地人」「直江兼続」がいっぺぇだぃね。まぁ今年は絶好の観光の好機だからしょーがねぇか。(事実オレんちも行ってるぐれぇだし(笑))

b0004675_19162545.jpg 大河ドラマで、こども店長与六の「わしはこんなところ来とぅはなかった!」の名セリフの舞台となった、あの雲洞庵にも行ってみたで。・・・いやぁここは想像以上のすんばらしい名刹だぃなぁ。さすが「雲洞庵の土踏んだか」って言葉を生んだだけはあるんねぇ。(おみやげに名ゼリフを書いた手ぬぐい売ってたんで買っちまったぃね(笑))

 しかし今年で大河ドラマが終わっちまうと、この異常とも思える(笑)この町のエネルギーは一体どうなっちゃうんだんべか?事実、20年も経っちゃうと両毛地区で「太平記」で盛り上がったあの頃がウソのようだしね。・・・いつか大河ドラマで、「新田義貞」やってくんねぇかなぁ・・・

 愛・天地人博南魚沼
 雲洞庵 (公式)
 南魚沼市観光協会 愛天地人紀行
[PR]

by dr_suzuki | 2009-10-12 23:11 | 群馬を離れて | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mukidouan.exblog.jp/tb/12118276
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< J2 第45節 vs FC岐阜      コスモスまつり in いたくら... >>