2009年 08月 18日
新田神社 (東京都大田区)
b0004675_1935732.jpg
新田神社 (東京都大田区)


b0004675_1943485.jpg 南武線から東急に乗り換え、武蔵新田(むさしにった)駅で下車。
 「しんでん」じゃなくて「にった」だで。
 どうしてだかわかるかい?ここ東京都大田区に新田神社があるんだぃね。今回の目的地はここだぃね。

 義貞公には、義顕、義興、義宗の3子があったんさね。(みな異母兄弟)
 嫡男・義顕は越前・金ケ崎城で討死(1337)、義宗は新田義貞公の実弟・脇屋義助の子・脇屋義治と上州・越後各地を転戦したけんど、1368年ごろ沼田近辺で討死にしたとされてる。(詳細は不明)。
 この神社に祀られてるんは、次男の新田義興だぃね。

b0004675_1951832.jpg 義興は、越前藤島の義貞の討死(1338)後より北畠顕家軍に加わり、南朝方に参戦。観応の擾乱に乗じて、弟義宗とともに上野で挙兵。鎌倉方足利基氏を追って一時鎌倉を占領。(→足利軍の大軍勢により16日後に放棄)その後も転戦し、足利方を大いに悩ませたんさ。関東管領畠山国清は、竹沢右京亮・江戸遠江守らに命じ、義興謀殺の奸計を巡らす。竹沢の仕掛けた卑怯な罠にかかり、新田党十三人で鎌倉を目指していた義興は、多摩川の矢口の渡で移り乗った渡し舟の上で、舟を浸水させられ、矢の雨を降らせられる。「安らかぬ者かな。日本一の不道人にたばかられつることよ。七生までも汝等がために、恨みを報ずべきものを」と憤怒の中、自害。従者もことごとく謀殺されちまった。(1358;太平記巻第三十三)

 その後、矢口の渡の周囲には夜な夜な怪しい光が現れ、雷もたびたび落ちるようになり、謀殺に関与した者は、次々と義興の怨霊に悩まされ悶死・狂死したそうだぃね。

 村人達は義興公の祟りを鎮めるために、墳墓の前にこの神社を造ったんだそうだぃね。(江戸時代、平賀源内により歌舞伎・浄瑠璃「神霊矢口渡」という芝居となって有名だったんだと。「破魔矢」の発祥の地でもあるんだそうだぃね。)

 武蔵新田駅から商店街を抜けて徒歩3分ほど。右手に木立に囲まれた新田神社がめぇる。境内へ。
b0004675_1974651.jpg
拝殿 狛犬も大中黒が

b0004675_19102433.jpg
拝殿 新田の大中黒旗あり

b0004675_197313.jpg
神木のケヤキ・まっさかでっけぇ 雷が落ちて2つに裂けても枯死しなかったんだと

b0004675_1983076.jpg
うなる「狛犬」

b0004675_1984645.jpg
御塚・義興公の墳墓 侵すと祟りがあるとされる

b0004675_1991747.jpg
勝兜の絵馬


 境内は都会とは思えぬ割れんばかりの蝉時雨。謹んで拝殿に参拝。

 今度は矢口の渡方面に歩ってみることにした。それにしても暑ちぃなー。 (まだつづく)

 下の新田神社の公式サイトが実に詳しいやぃね。・・・なんか地元より東京の方が新田氏が大切にされてる気がすらぃなぁ。群馬の新田系の神社・史跡もまっとがんばってくれや!

b0004675_0545276.gif 新田神社 (ちず丸リンク)


【参考文献&サイト】
新田神社 (公式サイト)
新大田区百景 「新田神社」 (大田区役所)
現地案内板 および 新田神社パンフレット
『太平記』 (巻第三十三)
峰岸純夫 人物叢書239 『新田義貞』 p132-134 吉川弘文館 2005
久保田順一 『新田一族の盛衰』 p168-180 あかぎ出版 2003
奥富敬之 『新田諸族と戦国争乱』 p278-280 新人物往来社 1991
[PR]

by dr_suzuki | 2009-08-18 19:16 | 群馬を離れて | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://mukidouan.exblog.jp/tb/11752547
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Almera_JN15 at 2009-08-18 21:23
本当にすずき先生の紀行は勉強にならぃねぇ。
江戸に住んでいながらこれを知らないとはちょっと恥ずかしい(笑)
(まぁ西の方は滅多にいかないんで)

今度西に旅したときは新田神社&新田義貞公を見に行きたいやねぇ。
Commented by 酔一@高崎支局長 at 2009-08-19 00:49 x
しばし、拝読中してるんさね。
がんばって、くんない、すずきさん。

武蔵の地に、新田氏の足跡がこんなにあるたぁ、知んなかったぃね。
Commented by dr_suzuki at 2009-08-19 09:51
▼行商人さん
以前からこの新田神社の存在は知ってたんだけんど、今回N先生のお導きでやっと行げたんさね。
それにしてもFLASHをふんだんに使った公式サイト、そして公式ブログもある神社ってゆうのが、さすが東京って感じだぃねぇ。
Commented by dr_suzuki at 2009-08-19 09:52
▼酔一さん
ご高覧多謝。
東京編はあとひとつ記事をおこす予定。
それにしても暑ちかった。


<< 十寄神社 (東京都大田区)      分倍河原・新田義貞公之像 (東... >>